現在位置: > > > > > トヨタ プリウスαかスバルのXVハイブリッドか

『トヨタ プリウスαかスバルのXVハイブリッドか』:スバル XV

解決済みトヨタ プリウスαかスバルのXVハイブリッドか

トヨタ プリウスαかスバルのXVハイブリッドか車の買い替えで悩んでいます。このご時世、燃費のことを考え、そこそこの広さがあるトヨタ プリウスαか燃費はいまいちだが、走る楽しみのあるスバルのXVハイブリッドか検討中です。まったくタイプの違う車ですが、今度の車は10年はのりたいと思っています。

①価格 プリウスαのほうが値引きがいい
②走る楽しさはXV
③10年乗るならどちら

考えれば考えるほど悩んでいます。
車好きの皆さんのアドバイスがほしいです。
今乗っている車はトヨタのオーリスです。居住空間がせまく、ストレスが溜まっています。そこそこの大きさで燃費も程よい車でこの二車種に絞りました。よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

長く乗るなら、気に入った車のほうが良いと思います。
妥協して買ったクルマに10年も付き合うのは厳しいですよ。

回答一覧

10件中1~10件を表示

  • 10年乗りたいならどちらもダメでしょう。車の剛性が低いから6-7年でガタガタです。
    今買うならゴルフ7、ハイラインです。
    剛性、走り、エンジン全てで10歩位先に行ってます。一度検討してみたら?

  • 走る楽しさを気にしている時点で、プリウスαよりxvの方が良いのではないでしょうか?
    長く乗られるご予定ならxvの方が比較的新しい車種ですし、せっかくなら楽しい車の方が絶対いいと思います。
    トヨタ車の営業マンより

  • 私は今まで十数台車を乗り継いできましたが
    今回XVハイブリツドを注文しました。
    プリウスもXVも両方試乗もしました。

    使いたい主目的を考えて車に乗ればいいのだと思います。
    今まで乗ってきた車は
    MR2(2シータ)、クレスタ(ツアラーV)、スカイライン2.5ターボ、
    ムラーノ、33GTR、グロリア(3リツター)、33GTR(直近)
    でも、車は走行性能さえ良ければそれで良いというものでは有りません。
    燃費、走行性能、使い勝手、使用目的
    考えられる車に対しての要求をまんべんなくなるべくオールマイティにこなす車に乗れば良いのだと思います。
    私の場合雪の中を走る事が有る点。
    その際なるべく他車よりも安全に走れる事が前提。
    おまけに燃費が良い。
    こういう理由でXVハイブリッドにしました。
    プリウスで言えば燃費の点しか私にはあてはまっていません。

  • はじめまして。

    さて、楽しい悩みですね。

    質問者様は、そもそもオーリスの居住空間が狭い・・・となっているので
    ご家族またはどなたかを乗せるといった現状があると思い私なりの
    多少のアドバイスができればと思います。
    更に①~③の比較条件を以下の通り個人的主観一般論で回答します。

    >①価格 プリウスαのほうが値引きがいい
    ⇒言わずがなも。。。
    >②走る楽しさはXV
    ⇒走る・曲がる・止まるという走行性能3大要素において、
    私は『走る楽しさ』という部分で何が楽しいのか!?は個々人によって違うし、
    他人の主観では所詮その人の強い想いや偏見やあるべき姿が邪魔するので
    話し半分でお聞きになったほうが良いとだけは言えます。
    トヨタHVのどこがスバルHVに劣っているのか?を知る由もありません。
    それをあえて受け入れて頂いてなお私の個人的偏見で言わせて頂き、さらに
    自身トヨタとレクサスHVを所有している率直な感想を言わせて頂くのなら、
    燃費性能の満足度は以前の車(トヨタV6ガソリン・スバルFlat4ターボ)の
    加速性能を差し置いてもこれに勝ります。
    結論として先ほど言った、私は走りが好きだと思っていたのだけれど・・・という
    部分が否定された、、、ということです。

    言いかえれば、どう走っても10㎞/ℓを切ることなどあり得ません。
    これはある意味私の30年近い運転人生の常識を完全に塗り替えられて
    しまったといえます。

    曲がる、のハンドリングでは、ごめんなさい、日々運転している
    状況でなにが良いのか悪いのか、基準が自分の中にないので
    アドバイス出来ません。
    にわかに雑誌で読んだような知ったかぶりをする気もさらさらなく。

    >③10年乗るならどちら
    ⇒そのことだけを考えれば、今あなたが『イイ!!』と思う車が
    10年後もし万が一後悔したとしても、買うべきというか縁があった車です。
    10年後・・・とはそういうものだと思います。

    参考になるか分かりませんが、勝手なアドバイスさせて頂きました。

    走行性能・燃費性能いろいろありますが、既にご存知の通り安全運転が
    全てに勝りますのでお間違えのないようにお願いしますね。

    あなたにとって良いカーライフが良い人生になることを願います。

  • XVのHVに燃費を求めるのは間違いです。
    燃費を求めるなら、ショボい走りのプリウスをお選びください。

  • 最後は個人の趣味になるので第三者的に言えば、
    ③の10年後に売却or買い取り時はトヨタの方が値がつくと思います。

    ただオーリスで窮屈であればこの両車も気持ち広い程度ですぐに同じ状況になるのでは。

  • 先日、スバルにお邪魔してXVハイブリッドを試乗させて頂きました。

    やっぱりすごい加速力でしたよ。

    XVはリッター20km、プリウスαはリッター26kmです

    XVはEV走行(バッテリーのみの走行)は不可能です。

    一方プリウスαはEV走行も可能です。

    スバルの方によると「XVのハイブリットバッテリーは加速を強くするためのもの」とのこと。

    プリウスαは2~3か月で納車できますが、XVは5~6か月待ちだそうです。

    走る楽しみは忘れない方がいいですよ^^

  • どうせ長く乗るなら自分が気に入った車のほうが後で欠点を見つけても後悔が少ないんじゃないでしょうかね。

    絶対にそのどちらか、と言うなら最後は自分が好きだと思えるほう、両方乗ってみてはどうかとは思います。広さの物差しなんか特に人によってまったく違うので。私なんかだと過去モデルと比較してしまうので現行インプレッサシリーズはかなり広いと思いますし、人によってはミニバンと比較すればものすごく狭い。

    と言うわけでとりあえず見に行きましょう。
    楽しさとかを気にする方ならその結果はXVに軍配が上がるかなぁ、多分。

    ディーゼルに関しては他の方が既にご記載なので割愛、自分は選びませんが(単純に好みじゃない)。
    ハイブリッド、ディーゼル、多少なりとも両方に言えるのは何年乗るかより何キロ走るか。

    XVを引き合いに出すならガソリン車とHV車で30万の差。
    変動するもの(ガソリン代)が相手ですが今おおよそ150円のレギュラー、カタログ燃費を鵜呑みにする代わりにガソリン代も現状固定として計算すれば12万キロ走ってやっと元が取れる数字。
    質問者さんが予定してる10年でその12万キロ行くかどうかと言うのもありますし、先の方の挙げられたHVシステムの信頼性、単純に機械なんて部品が増えればそれだけ故障が起こりえる部分が増えますし。

    とか考え出すと投資と一緒ですね、必ず得するかどうかは買ってからじゃないと解らない買い物…

    なので自分だったらXVのHV無しかな。たぶん実燃費で10キロでしょうし、AWDだって事考えりゃ十分優秀かなと。

    もっと言うならXVにしたって箱は微妙なデザインの違いこそあれインプレッサスポーツその物ですし、そのインプなら2Lの2WDもある。
    プリウスαが候補だと言うくらいですからSUVが欲しい訳でもないだろうしAWDが欲しい訳でもないと想定、燃費も含めてコストを気にするなら2Lのインプにしますね。初期投資50万以上安くつきますから。
    (スバル乗るならAWDだろ!と言うのは別の話として)

    でもそんな事言い出したらつまらない。結局最後は『自分が気に入った車が一番』って事ですね。

  • 正直どっちも試乗しましたが、購入までの食指が動きませんでした。

    プリウスαはここにきて売れないため値引きの幅が大きくなってきていますが、売れない理由をトヨタは認めたくないんでしょうね。
    いくらバカな日本人でもカタログ上の燃費と実際の燃費のギャップが大きすぎることや、乗りにくさや使い勝手の悪さはどうしようもないですし、信頼度の低いHVに高いお金を出す事が納得できなくなってきているんだと思います。

    XVのHVはその点かなり良い水準で走れますが、元々のベースがインプレッサなので居住スペースが狭いですし、HVでトルクアップされてやっと普通の運動性能です。

    10年乗る事を前提に考えるならHVはまだ信頼度が低い上に高価なので手を出したくないですね。
    どちらかと言えばシンプルな構造で燃費の良いディーゼルの方が後々の維持費も安く済むと思います。
    したがってお勧めするのはマツダのCX-5スカイアクティブディーゼル車です。

  • >このご時世、燃費のことを考え

    る必要なんて実はないんですけどね。
    燃費が悪い車はそれなりに安い(スポーツカーやハイパフォーマンスカー除く)。
    燃費のいい車は高い。高いだけでなく、ハイブリッドにしてしまうと、結局製造時と廃棄時に環境に優しくない。

    それでも敢えて、ということなら、自分はXVですかね。
    単純にトヨタの乗り味が嫌いだからです。
    今のプリウス系は結構硬いらしいですが、典型的トヨタ車だとふにゃふにゃ足で、運転していてすら車酔いに陥るのでそもそも運転できないという方が正しいのですが。

    XVとプリウスではハイブリッドシステムそのものが根本的に違うので、一応考えておいた方がいいでしょう。
    ちなみに、プリウス系のTHSはドライバビリティでいうと最悪と言われていますね。
    プリウス、エクストレイルディーゼル、CX-5の燃費対決記事には、プリウスが最良の燃費だが運転に気を遣いすぎて疲れた、速度維持が難しすぎる・・・とハッキリ書かれています。

    率直に言えば、長期間乗り続けていくならディーゼルという選択肢もあるんですよ。
    ガソリンエンジン車より間違いなく頑丈ですし、若干ランニングコストで余計にかかる部分もありますが燃料代が安く上がります。
    一部、ガソリン車より手間がかかる部分もありますが(エンジンオイル管理、冬期の凍結対策など)、それは運用方法でカバー出来る場合も多いです。

    一応、検討する価値はあるでしょう。
    とはいえ、国産車だと実質CX-5かアテンザになりますが。
    エクストレイルは値段が高すぎる上に、性能で一歩劣る。パジェロはでかすぎ重すぎの上に、かなり旧態依然としたディーゼルエンジン。デリカは・・・必要な人にはいいですが、ミニバンゆえに人を乗せないならちょっと値段が高すぎます。

10件中1~10件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

マイカー登録はこちら

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

中古車スバル XVアクセスランキング
  1. 1位 1.6i-L アイサイト 4WD
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,198,000円(岐阜)
  2. 2位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,979,000円(神奈川)
  3. 3位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,198,000円(岐阜)
  4. 4位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,598,000円(岐阜)
  5. 5位
    1.6i アイサイト 4WD
    2,299,000円(大阪)

※2020年3月31日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)