現在位置: > > > > > スポーツカー(スポーティーカー)について質問し...

『スポーツカー(スポーティーカー)について質問し...』:スバル WRX

解決済みスポーツカー(スポーティーカー)について質問します。 いま現在新車で購入できる国産車のスポーツカーはほとんど有りませんよね? 現在の新車で購入できるスポーツカーはこんな感じですか?

スポーツカー(スポーティーカー)について質問します。
いま現在新車で購入できる国産車のスポーツカーはほとんど有りませんよね?
現在の新車で購入できるスポーツカーはこんな感じですか?レクサス→RC(つい最近まで限定生産されていたLFAは国産スポーツカー最高峰ですか?)
トヨタ→86
日産→GT-R、フェアレディZ、スカイラインクーペ
ホンダ→該当なし(そのうちNSXが発売されますかね?)
マツダ→ロードスター
三菱→ランサーエボリューション
スバル→WRX STI
ダイハツ→コペン
スズキ→該当なし、という感じですよね?
逆にスポーツカー全盛期の80~90年代はこのような様々なスポーツカーが有りますよね?
トヨタ→スープラ、スプリンタートレノ、カローラレビン、MR2、セリカ、ソアラ、セラ
日産→スカイラインGT-R、シルビア、180SX、フェアレディZ
ホンダ→インテグラ、NSX、ビート、シビックタイプR
マツダ→RX-7、AZ-1
三菱→ランサーエボリューション、GTO、FTO
スバル→インプレッサWRXSTI、ヴィヴィオRX-R
ダイハツ→ ミラTR-XX
スズキ→カプチーノ、アルトワークスという感じですか?
他にもあったら教えてください。
やはり今はガソリン価格も高く景気も悪く最近は燃費最優先でエコカー全盛期なのでもう二度とスポーツカー全盛期は訪れませんかね?
回答よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

新しい方に
スズキ→スイフト

古い方ですが…
トヨタ→スターレット
ホンダ→プレリュード
イスズ→ジェミニ
三菱→ギャラン、ミラージュ
スバル→レガシィ
も、足してくれたら嬉しいです(^^)笑っ



「時代は繰り返す」ですよ。

初心者がミニバン乗っちゃう時代がありましたから、スポーツは減ったんだと、私は思います。
(俗にいう「スポーツ離れ」ですね。)


私が免許取った頃は…田舎ってのもあるかもですが、ほとんどが走り屋になりましたので、スポーツに乗ってました。
今、トヨタで86を、スバルでBRZを出してくれたのは、とても嬉しく思います。
「スポーツ世代」に育った私にはですが。


燃料高騰は確かにあります。
石油資源が少ないのもあります。
でも、スポーツ時代はまた来る!
と、私は思います。

回答一覧

8件中1~8件を表示

  • LFAは値段は最高峰ですね。
    でも性能的にはやっぱりGT-Rだと思います。
    (新型NSXがどうなのかは未知数です)

    レクサスRC-Fも発売予定ですが、スペックだけ見るとGT-Rに見劣りしますね。値段もGT-Rより高いし、、、馬力も車重もGT-Rより劣る上に2WD、、、477馬力のFR、どうやってその馬力を受け止めるんだか、、、最短0.1秒の8速ミッションは気になりますが。

    他の方の回答にもありますが、スイフトスポーツはもっと評価されても良いと思います。スポーティカーではなくスポーツカーとして分類しても良いんじゃないかって思うくらいです。

    馬力や性能より、燃費が重視される世の中、日本ではスポーツカーの全盛が訪れることは無いでしょう。

  • おそらく価格的、NA、V10と考えるとLFAが最高峰でしょうね。ですが加速性能はGT-Rが優っています。
    先日ニュースでNSXのプロトタイプが全焼したとやっていました。開発は着実に進んでるようですが、遅れるかもです。
    今は軽が売れる時代ですし、300馬力!400馬力!ってCM流すより、リッター20キロ30キロってやった方が明らかに売れます。
    これから出てくるスポーツカーは中間層が買える値段では出ないでしょう。おそらく富裕層向けになってくるんじゃないですか?最低でも600万~くらいにはなるんでは?
    ガソリンはがっつり安くなることはないと思いますが、いま中国のバブルが弾けたのと、アメリカのシェールガス開発もあいまって原油価格は値下がってきています。

  • 昔のような時代は来ませんね。現代の若者は車に興味がありませんので売れません。金あるならスマホに使います。携帯電話の登場から、金を車から携帯にシフトしました。

  • 挙げていただいた年代はバブル期と言われ、メーカーが開発、製造コストを惜しみ無く出し、販売競争を行った背景があります。

    儲かりすぎるとガッツリ税金採られるので、それならどんどん経費とコストをかけてイイモノ造って売った方が得じゃん!今なら売れるし!
    みたいな。(語弊はあります)
    実際、ブランドイメージ拡大のため、直接の販売収支やリスクを度外視して開発されたクルマも少なくないでしょう。

    まぁそんな良き時代に造られたクルマが魅力的ではないハズがありません。

    今は「不便、非快適、非経済的」と三拍子揃ったスポーツカーをあえて買う人は、クルマを趣味として割りきった(今の世間的に言うとちょっと変わった)人か、セカンドカーとして所有できる余裕のある人のいずれかと言えるかもしれません。

    私は前者の人間ですが、今の中途半端な新車にお金をかけるくらいなら、同じ予算でも中古車を自分好みにレストアしていった方が余程楽しいと思ってしまいます。

    要は、クルマ好きな人間からすると、どうしても過去のクルマに魅力を感じてしまい、仮に新車で買うならば、それらより余程「光る何か」がないと惹かれないため、どうしてもハイスペックかつ高価になってしまい、結果、買える余裕のある人間も限られ台数も期待できないため、メーカーもあまり力を入れられない訳なんでしょうね。

    ただ、直近の利潤追及のみで、実用、低燃費車ばかりになっていると、若い人がクルマに関心を持たず、将来的にも市場が低迷することを問題視し、各メーカーがスポーツカー開発にも取り組んでいる様子はうかがえますが、実際全盛期程の余裕がないのが現状でしょう。

    まぁ、景気がよくなれば・・・?ってハナシですかね。

  • 昔はF1やWRCにグループA、ツーリングカー選手権などレースが全盛期でしたし、メーカー同士もスポーツカーで競い合っていて、買う方も選びたい放題でしたね。

    特に諸経費込みで200万以下で買えるスポーツカーも豊富で、新社会人が1年目でも頑張ってローンを組んでました。

    しかし現在では若い人たちの所得も人口も減って、趣味だけの車を買いづらい世の中になりました。

    またメーカーもスポーツカーを開発するには、専用のボディー、エンジン、サスペンションなどにコストがかかり、またその費用を回収できないということで本気で造ろうとしなくなりました。

    トヨタ86やロードスターですら諸経費込み300万近くするので、若い人や家族がいる世代には手が出しにくいですよね。

    ただ私が思うに、昔はシビックなど安くて速くて楽しい車もあったので、もう少し車好きな若い人たちのために、高性能でなくても馬力がなくても楽しい車がもっとあってもいいと思います。

    そういう意味では、あの価格であそこまで手を入れてるスズキスイフトスポーツはもう少し評価されてもいいと思います。

  • セラはスポーツカーではない。
    若い人が興味を持たないからスポーツカーが減ったわけではない。そもそも、スポーツカーを買う人が少なくなったことと、儲からないことが要因です。
    買う側もお金がないんですよ。いろんなことが連鎖していているのです。
    車種が多ければいいってもんでもない。書かれた車の多くは決して完成度の高い車ばかりではないですから。

  • 若い世代は 車に興味をもちません その証拠は 警察が取り締まり強化したから暴走族がいなくなったと言ってますが 若者がただ無気力と自動車に、興味が、なくなったからだとおもいます

  • レクサス各FスポーツとかCR-ZとかアクセラスポーツとかインプレッサスポーツとかBRZとかレガシィBスポーツとかスイフトスポーツとかコペンとか。

    他にもハードル下げればまだまだ増やせますね。

    そもそも『燃費優先』と『スポーツカーが増えない』は関係無いですし。
    昔だってレースで勝つために『燃費を良くする』という作戦を選ぶこともあったわけで、燃費優先のスポーツカーがあっても不思議じゃありませんから。

    ちなみに『スポーツカー全盛期初期』辺りのセリカやスカイラインやフェアレディZの0-400タイムって、現在のアクアやら軽ターボとどっこいかむしろ遅いくらいですからね。

    いわば現在は『隠れスポーツカー全盛期』とも言えるかも?

8件中1~8件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車スバル WRXアクセスランキング
  1. 1位 S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,678,000円(大阪)
  2. 2位
    STI 2.0 タイプ RA-R 4WD
    5,999,000円(愛知)
  3. 3位
    STI 2.0 S208 NBR チャレンジ パッケージ カーボンリアウイング 4WD
    8,570,000円(神奈川)
  4. 4位
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    1,850,000円(埼玉)
  5. 5位
    S4 2.0 STI スポーツ アイサイト 4WD
    4,180,000円(茨城)

※2020年4月2日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)