現在位置: > > > > > 今後のスバル(富士重工)

『今後のスバル(富士重工)』:スバル WRX

解決済み今後のスバル(富士重工)

今後のスバル(富士重工)トヨタがスバルの筆頭株主になり
スバルがBRZを生産しトヨタが86(ハチロク)の名で
販売しており、その逆でトヨタがラクティスを生産し
スバルがトレジアの名で販売しております。
又、スバルが独自のサンバーを生産終了し代わりに
ダイハツの軽トラをサンバー(バン・トラック)で販売
しておりますが、今後はこのようなことはあるのでしょうか?
例えばトヨタアルファードをスバル店でも販売するとか?
インプレッサWRXをトヨタでもスポーツ車として販売するとか?
スバルⅩⅤで初のハイブリッドが出るが、メカの中身はトヨタプリウス
なのでしょうか?
あとスバルのレガシィーは今後も生産されるでしょうか?
気づけばスバルの車は全てトヨタ車になってしまうとかは無いですよね!
スバルは元々中島飛行機であり航空機の翼については世界トップクラス
で、航空機の他にも宇宙開発やら鉄道関係やらで自動車部門は売れなくても
良いと考えているのでしょうか?
そのうち車作るのやーめたって自動車部門から撤退することはないでしょか?
最近はスバルの車に興味がありスバル車が好きになりましたので気になります。
スバルといえば水平対向エンジン+4WDとのイメージですが、クロカン4駆
(ランクル200・パジェロの様な)は作る気無いのでしょうか?
長文になりましたが、詳しい方の回答をお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

ありえると思います
エクシーガ、レガシィはフルモデルチェンジが有るようですし、フォレスターとインプレッサは済んでます
これらはTOYOTAのカテゴリーには無いSUBARU特有の車なんですが、TOYOTAが売るかは微妙な所ですね
逆にSUBARUとしてはプリウスやプリウスa、アクアが欲しいでしょう
将来的にこれらのハイブリッドカーをOEMでSUBARUで売る事は充分考えられます
ちなみにデックス、トレジア、ラクティス、ライトエース、パッソはダイハツの工場が製作しています

もう一つ、富士重工は過去にJR北海道キハ281やキハ283、JR四国2000、大型バスのスペースウィングを製作していましたが現在は止めております

回答一覧

7件中1~7件を表示

  • プリウスのシステム使って、あの燃費は無いでしょうね。

  • XVのハイブリッドは独自開発です。
    トヨタのハイブリッド方式を提供して貰った訳ではないです。

  • 【トップインタビュー】富士重工業・吉永泰之社長…スバルは異端で輝く

    ●トヨタになるな、とトヨタ

    --- トヨタとの提携は米国工場の受託生産から始まり、短期間で質・量とも成果が上がっています。その前の提携先とは格段に違います。なぜ、うまく行っているのでしょう。

    吉永 今の状態についてはトヨタさんにすごく感謝しています。私は06年から戦略本部長として提携の窓口でもあったのですが、豊田章一郎さん(当時名誉会長)には、当社を歴史と伝統のある会社と、非常にリスペクトしていただいた。大変有難いことです。ビジネスではまず米国工場で『カムリ』を短期間に立ち上げることができ、当社の仕事を信頼していただくことができた。

    水平対向エンジンを使って共同開発をしようというのも、今までの提携では全くなかったことです。スバルのエンジンが異端なのだから、これまでの提携先はオーソドックスなわれわれに合わせなさいという姿勢が当たり前でした。水平対向でスポーツカーを造れば面白いクルマになるということは分かっていても、私どもだけでやっても事業性はない。そこを一緒にやらせていただくことで、スバルとしてある程度事業性が確保できるし、トヨタさんにとっても楽しいクルマを送り出すことができる。

    トヨタの方は、「スバルは儲けるのは下手だ」などと率直です。同時に「だけどスバルさんは面白いクルマを造る」とも言われます。当時の渡辺捷昭社長からは、「当社の原価低減は参考にしてください。だけどトヨタにはならないでください」とも言われました。われわれの個性や独自性を生かしながら、トヨタさんのプラスにもなるなら、これほどいい関係はありません。


    吉永泰之(よしなが・やすゆき)
    1977年成蹊大経済学部卒、同年富士重工業入社。最初の配属は三鷹製作所で部品供給業務を担当した。販売会社でセールスに従事した後、国内営業部門に。99年国内営業本部営業企画部長などを経て2003年に戦略本部副本部長兼経営企画部長に就任。05年執行役員。06年からは執行役員戦略本部長としてトヨタとの提携案件を取りまとめた。07年常務執行役員スバル国内営業本部長、09年取締役専務執行役員同本部長。11年6月現職に就任。森会長の吉永評は「大局観のある戦略を打ち出し、結果重視の実行力を備える」。若いころの読書から見出した「莫妄想」(まくもうそう=妄想することなかれ)を「飾らず常に平常心でいること」と解釈し、「生き方の背骨」としている。東京都出身、57歳。


    http://response.jp/article/2011/08/27/161408.html

  • フォレスターがあるよ。

  • スバルはかつて悪路向けの乗用車「レオーネ」作ってました。
    新型フォレスターのムービー観ましたが、ある程度の悪路でもかなりいい走りしてるように見えますよ。

  • スバルはトヨタの子会社となったのですから、それぞれの得意な物だけに開発資源を集中させることになります。
    車両の共有は暫定的な対応ですから、今後はそれぞれに優秀な物を強化して、不採算な部分は切り捨てることになるでしょう。
    スバルブランドで一定の立ち位置があれば残りますが、そうでなければ撤退しトヨタに移管されるでしょう。
    トヨタと被る車種は淘汰されると思います。
    例えば、スバルはワゴン系に集中し、セダンはトヨタが担当するとか。
    丁度、ダイハツが軽自動車を担当する代わりに、トヨタは軽自動車を担当しないとか言った具合に。

    XVは、THSとは全く違った正統なハイブリッドシステムです。
    おそらくTHSの欠点を嫌ったために、独自開発したのでしょう。

    (marukoakiさんへ)

  • 質問多いですね

    >スバルⅩⅤで初のハイブリッドが出るが、メカの中身はトヨタプリウスなのでしょうか?
    まったく別物です!
    ぶっちゃけプリウスのが優秀ですが

7件中1~7件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車スバル WRXアクセスランキング
  1. 1位 S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,678,000円(大阪)
  2. 2位
    STI 2.0 タイプS 4WD
    6,780,000円(熊本)
  3. 3位
    STI 2.0 タイプS 4WD
    4,099,000円(愛知)
  4. 4位
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    2,349,000円(千葉)
  5. 5位
    STI 2.0 タイプS 4WD
    5,700,000円(福井)

※2020年3月30日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)