現在位置: > > > > > 国産車はSUVが増えてきて、セダン系好きに肩身が狭...

『国産車はSUVが増えてきて、セダン系好きに肩身が狭...』:スバル WRX

解決済み国産車はSUVが増えてきて、セダン系好きに肩身が狭いです。

国産車はSUVが増えてきて、セダン系好きに肩身が狭いです。現在アルテッツァジータに15年ほど乗っていて、そろそろ買い替えも検討中ですが、このサイズの国産セダンorショートワゴンを希望しております。
予算的には中古かなぁと。
候補として、スバルのインプレッサG4か予算にめどが付けばWRX S4が気になっているところです。
マークX

今までは直4や直6エンジンの車は所有したことがありますが、スバルの代名詞のボクサー(水平対向)エンジンは試乗すらしたことがありません。

①今までのエンジンと水平対向エンジンとは、全く違うフィーリングなのでしょうか?
②購入すると10年近くは最低乗りたいのですが、このエンジンの耐久性は?
③オイル交換などメンテナンスはオートバックスなどできますか?スバルのディーラーやスバル専門店だけなんでしょうか?
④スバルならAWD車をと思っていますが、アルテッツァなどFR後輪駆動からだとハンドリングには違和感は感じますでしょうか?車庫入れなどで小回りはどうでしょうか?

わかる範囲でご意見をお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

7年ほどスバル車乗り継いだ者です。

1. 水平対向や直列やV型やらが運転席から分かったのは、10年以上昔の車両の話です。排気の集合方法やEFI、遮音材などが進化したためです。クルマ全体の味付けには各社の個性がありますが、それを『水平対向だから』と短絡的に判断しちゃってるヒトは知恵袋なんかでも多く見掛けますね。

2. どんなエンジンも、メンテと運用方法次第です。前者はとにかくメーカー指定通りのオイル交換。後者はチョイ乗りしないとか、油温上がるまで加速を控えるとか。

3. 長く乗るならご自身でオイル交換しましょう。油漏れの早期発見に繋がります。銘柄はメーカー純正がベストです。

4. 駆動方式に関係なく、別の車種に乗り換えれば感触は違うものです。何でもかんでも『駆動方式がどうこうだから』は短絡的判断。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • そんな、フィーリングの話しなんて実際に試乗するしかないと思うんですが...

    普通にメンテナンスして、10年程度でダメになるエンジンなんか不良品だと思いますよ。
    そんは特殊なものでもないんだから、別にどこでもオイル交換ぐらい出来ます。

    質問の内容から車に対する理解が全く感じられませんが...
    少なくとも数字上は断然アルテッツァの方が小回りが利くらしいですよ。


    ただ車庫入れで困る事はないと思います。

  • 水平対向の4気筒は滑らかで、高回転に向けては4気筒とは思えない吹け上がりです。同じ排気量でなら直6程ではないにしてもV6並みの吹け上がりを示します。4気筒のため、アクセルひと踏みあたりのキック力はV6、直6を上回ります。
    また四駆特有のハンドリングの癖は少なく、FRから乗り換えても違和感は感じない点がスバル車のメリットとされます。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車スバル WRXアクセスランキング
  1. 1位 S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,678,000円(大阪)
  2. 2位
    ファイナルエディション フルパッケージ
    6,599,000円(愛知)
  3. 3位
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,417,000円(神奈川)
  4. 4位
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    1,850,000円(埼玉)
  5. 5位
    EJ20ファイナルエディションフルパッケージ
    6,180,000円(埼玉)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)