現在位置: > > > > > スバルのHPではWRXとインプレッサは別物として載っ...

『スバルのHPではWRXとインプレッサは別物として載っ...』:スバル WRX

解決済みスバルのHPではWRXとインプレッサは別物として載ってますが、現行のWRXのことをインプレッサと言う人が多いです。それはなぜですか? 昔はインプレッサとWRXは同じものだったからでしょうか?

スバルのHPではWRXとインプレッサは別物として載ってますが、現行のWRXのことをインプレッサと言う人が多いです。それはなぜですか?
昔はインプレッサとWRXは同じものだったからでしょうか?さらに、今は全くの別物で正しいのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

>現行のWRXのことをインプレッサと言う人が多いです。それはなぜですか?

昔はインプレッサとWRXは同じものだったからでしょうか?
まさにその通りだと思います

>今は全くの別物で正しいのでしょうか?

幅広い層向にインプレッサ
ターボ車希望で安全装備も欲しい人向けにWRXS4
ターボ車でMT希望やガチの人向けにWRXSTI

昔はNAもターボ車も全部ひっくるめてインプレッサでしたが
WRCの活躍などもありインプレッサ=ターボ車(WRX)の印象がついてしまい
NAインプレッサが非常に影の薄い存在でした
車名を分けてからしばらくたちますが現状はうまく棲み分け出来ていると思います

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • インプレッサとWRXの違いはすでに出ている回答のとおりなので、会話中でのことです。

    言葉で伝える場合にはWRX(ダブリューアールエックス)は言いにくいんですよね。それと略して言う場合これまでは大体「インプ」「インプSTI」と略して言ってましたし、インプレッサとWRXが分かれた事を知らない人もいるので、「WRX」と言っても、え?なに?と言われることがまだあります。

    そんなこともあり、WRXと言わすに未だにインプレッサと言うことはあります。

  • 正確には、違います(^-^)

    WRXシリーズは、インプレッサ登場の1992年に「インプレッサ WRX」として発売されたのが始まりです。

    WRXシリーズは、1992年、インプレッサのフラッグシップとして登場しました。それまでのレガシィRSに代わって、世界ラリー選手権(WRC)参戦車両として開発されたインプレッサWRXには、シリーズ中最高のスペックが与えられたことは言うまでもありません。

    レガシィRSの「EJ20型•DOHCターボ(240PS)」を搭載したWRXベースのラリーマシンは1993年にWRC初参戦。2年後の1995年から97年まで、3年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得することになるのです。

    ちなみに、ワゴンモデルにWRXが追加されるのは、デビュー翌年の93年。94年1月にはSTI社製コンプリートカー「WRX STI」が発売されました。

    WRXシリーズはアメリカでも大人気
    スバル WRX
    日本でも大変人気の高い車ですが、アメリカでも高い人気を誇っています。アメリカにおけるスバルファンは、「Subie」と呼ばれます。

    WRCでの活躍もあり、90年代半ば頃から徐々にアメリカでのファンが増えました。「小さくてもパンチのあるダイナマイトのような走り」「わかり易くて速く良い車」とWRXへの評価が非常に高いのです。

    インプレッサWRXとインプレッサWRXSTIは実際にどれくらい違う?

    2014年 フルモデルチェンジで"インプレッサ"から独立

    当然お気づきの方も多いと思いますが、現在WRXの名称は、スバルWRXとなっています。つまり、かつて存在していた「インプレッサ」の名前がないのです。

    実はこちら、2010年7月のマイナーチェンジを機に外れて、カタログやスバル公式HPでの掲載および店頭等において、表示車名は「スバル インプレッサ WRX STI」から「スバル WRX STI」に変更となりました。現行のWRXは、2014年8月にデビュー。先にデビューを果たしていたインプレッサ(G4およびスポーツ)系とは大きく異るエクステリアデザインで、車種の独自性を強めたものとなったのです。

    なぜ、「WRX」に変更したのでしょうか。その理由は、標準のインプレッサとスポーツモデルのWRXとの棲み分けにあります。「インプレッサ」と聞いてラリー車をイメージする人が多く、スポーツカーに興味のない人から敬遠されてしまう…といった事情があったためです。

    そこに、アメリカでの人気も後押ししてWRXシリーズを独立した車種として展開することによって、インプレッサはベーシックなクルマ、WRXはスポーティなセダンという棲み分けを目指したのでした。

    実際、独立車種となってからのWRXはますますスポーツカーとして磨きがかかり、日本でもアメリカでもたくさんのWRXファンを魅了する絶対的な存在となりました。

  • スカイラインGTRをGTRって名前にしたのと同じ事。

    ブランド力を強くするためでしょう

  • 別物ではないです。、

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車スバル WRXアクセスランキング
  1. 1位 S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,678,000円(大阪)
  2. 2位
    EJ20 ファイナルエディション
    6,780,000円(熊本)
  3. 3位
    STI 2.0 S208 NBR チャレンジ パッケージ カーボンリアウイング 4WD
    8,570,000円(神奈川)
  4. 4位
    STI 2.0 4WD
    3,379,000円(兵庫)
  5. 5位
    EJ20 ファイナルエディション
    5,999,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)