現在位置: > > > > > スバルの新型WRX STIについて なぜS4とデザインが...

『スバルの新型WRX STIについて なぜS4とデザインが...』:スバル WRX

解決済みスバルの新型WRX STIについて なぜS4とデザインがほぼ同じなんでしょう 外見だけならS4にスポイラーつけたらSTIだし逆もまたしかりですよね もうちょっとデザインなんとかならなかったんですかね

スバルの新型WRX STIについて なぜS4とデザインがほぼ同じなんでしょう 外見だけならS4にスポイラーつけたらSTIだし逆もまたしかりですよね もうちょっとデザインなんとかならなかったんですかね

ベストアンサーに選ばれた回答

デザインについては他の方が回答している通り、WRX という車種のSTIとS4ですから似ていて当然です。
あと、質問者様はCVTに対してネガティブなイメージをお持ちですが、その様な先入観を一度捨ててジックリ試乗してみる事をお勧めします。
先代A-lineと比較すれば、今回のCVTが如何に完成度が高いかわかるはずです。
私自身、質問者様と同じくCVTに対するネガティブなイメージしか無かったのですが、試乗してイメージが覆りました。

回答一覧

8件中1~8件を表示

  • なぜかこの点がすっぽり抜けているのですが、
    先代のWRX STI(MT)とWRX STI A-Line
    Sパッケージでは、OPのブレンボキャリパーを選択してしまうと、
    外観上の違いが皆無でした。

    今回はエンブレムが全く違うので、まだ分かりやすくなった方かと。

    しかも、オプションで装着できるリアスポイラーの形状が異なるようです。

  • スバルのMTとATから、満を持してのCVT。試乗してみたいですね。
    スタイルについては、頭に「インプレッサ」が消えた時点で、特別な車
    ではなくなったように思います。
    故障すること、修理することを前提としない、ある意味完成度の高い車
    だと思います。

  • どっちも WRXですから

    その中の

    SТI

    S4


    外観も 細かい所は 色々と違う

  • ボンネットの穴の形状(開口部の大きさ)が違いますよ。
    エンジンの違いから来るインタークーラーの大きさの違いにより、必然的にエアインテークも変わってきます。

    まぁ、外見似てる方がS4買ってSTIに偽装する人にとっては都合がいいですし、その方が売れるんでしょう。

  • デザインが同じな理由は、STIのイメージをS4にも与えたかったことと、コスト削減をしたかったことの二つでしょう。この両車、デザインを別にするなら、全く別のクルマとして開発することになったでしょうから、コストも莫大にかかるし、STIのイメージを借りてスポーツセダンとするほうが、売りやすかったのでしょうね。

    先代もそうでしたが、確かにもうちょっとエレガントにできたらいいのにとは思いましたが、何ともならないのがスバルなのですね。まあ、GDBの頃に比べたらやっとまともにはなってきたという感じはしますけどね。

  • まあ、今に始まった事ではないのでその辺りは勘弁してやって下さい。

  • 外観デザインの違いに限らず、性能面で差を付けています。
    パッとの見た目(スポイラー等の有無)は同じでも、車幅が違ったり専用デザインや部品を使用する物もあるかもしれません。
    ※私は資料にすら目を通していないためあくまで予測等

    性能面では同じエンジンでも仕様が異なったりしますし、足回りも違っているでしょう。


    細かい事を言い出したらキリがありませんが、似通っていても車の性格としても変えています。
    以前よりインプレッサの名前からWRXを外していますし、ターボのみWRXの称号を与えた上にプレミア性を持たせたWRX STiと言う形です。
    またワゴンボディでもハッチバックがインプレッサ スポーツ、レガシィがサイズ等が大きくなる事からツーリングワゴンになるとレヴォーグと変化。
    ちなみに整備要領書の関係では、WRX S4もWRX STiもレヴォーグも一部共通となっている様です。

  • わざわざ樹脂パーツを変更するために金型を起こす金がなかったんでしょう。

8件中1~8件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車スバル WRXアクセスランキング
  1. 1位 S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,678,000円(大阪)
  2. 2位
    EJ20 ファイナルエディション
    6,780,000円(熊本)
  3. 3位
    STI 2.0 4WD
    3,379,000円(兵庫)
  4. 4位
    EJ20 ファイナルエディション
    5,999,000円(愛知)
  5. 5位
    STI 2.0 S208 NBR チャレンジ パッケージ カーボンリアウイング 4WD
    8,570,000円(神奈川)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)