現在位置: > > > > > 軽自動車の最新テクノロジー

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『軽自動車の最新テクノロジー』の口コミ

  • 軽自動車の最新テクノロジー

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2015年10月18日

    投稿者:ひろぽよ@ さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:スバル プレオプラス
    グレード:E(CVT_0.66) (2013年式)

    総評
    ハイブリッド車を買うなら、こっちの方が初期投資と維持費は決定的に安いです。
    アクアの初期投資分で3台買えます。

    昔ながらの軽自動車の良い点と最新のテクノロジーを備え、最小限の装備であるからこそ生み出す低価格と低燃費の両立。
    まさに努力と技術の塊である一台です。
    満足している点
    燃費とコストを考えると、古い軽自動車に乗られている方はすぐにでも購入された方がお得かと思います。
    仮に10年前の軽自動車なら遠乗りで15km/Lが普通かと思いますが、私の乗り方では倍の30km/L走ります。
    年間1万km走られる場合リッター140円ですと、1年あたりの燃料代が10万円→5万円になり
    10年乗れば10万kmで50万円の燃料代の差が出ます。
    17年式、10年落ちで10万km走っている軽自動車を20万kmまで更に10年維持する場合、燃料代だけではなく消耗品の交換コストや今後の税金重課踏まえると50万円以上のコストがかかりますし、今後燃料単価が上がる場合はそれ以上になります。

    最強のコスパで最強のエコカーなのがこの一台ですね!
    不満な点
    これからの経済面や環境面を考えて私はこの車に変更したわけですが、CM等宣伝で発表されている低価格76万円のこのグレードを購入しないことには何もエコにならず、購入コストの方が高上がりになるマーケティングに不信感があります。

    安いグレードからEは76万円、Fは91万円、その上のLは102万円、Gは121万円まで上がります。
    正直、100万円以上のグレードを購入される場合、ワゴンRやムーヴにも十分手が届きますし、使い勝手も品質もこの車以上だと思います。
    最上級グレードにするならワゴンRやムーヴのカスタムグレードにも手が届きますし、スペーシアやタントも十分買えてしまいます。
    76万円のEか91万円のFでなければコスト面でこの車を買う意味が無くなっている価格設定、消費者に対するこの車種の位置付けが曖昧で不信感を抱いてしまいました。
    セールスマンにのせられて最上級グレードを契約させられる前に、この車の利点であるコスパとエコを良く考え検討されると良いかと思いました。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)