• 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    119
  • カタログ燃費
    12.4 14.4 km/L

スバル レガシィツーリングワゴンの概要

消費税の変更により価格を修正

2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)

ゆとりある居住空間を確保するためボディを拡大

国内において商用車のイメージを払拭し、ステーションワゴンブームを生み出した初代スバル レガシィツーリングワゴンの登場は1989年のこと。以来、ステーションワゴンの代名詞として日本国内で高い人気を誇ってきたレガシィツーリングワゴンは、スバルの特徴である水平対向BOXERエンジンとAWDの組み合わせを中心にラインアップ。悪路も余裕で走り抜ける高い走破性と、ステーションワゴンとしての機能性を両立させてきた。しかし、2014年の6代目へのモデルチェンジで、ワゴンモデルはクロスオーバーの「レガシィアウトバック」のみとなり、レガシィツーリングワゴンとしてのラインアップは途切れることとなった。(2016.3)

スバル レガシィツーリングワゴン 2014年4月一部改良 グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 2.5 i Bスポーツ 4WD(CVT) 2.5 i Bスポーツ アイサイト 4WD(CVT) 2.5 i Bスポーツ アイサイト Gパッケージ 4WD(CVT) 2.5 i アイサイト Sパッケージ 4WD(CVT) 2.0 GT DIT 4WD(CVT) 2.0 GT DIT アイサイト 4WD(CVT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 259.2万円 270.0万円 286.2万円 307.8万円 364.0万円 374.8万円
基本情報 発売年月 2014年4月 2014年4月 2014年4月 2014年4月 2014年4月 2014年4月
駆動方式 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動)
車両形式 DBA-BRM DBA-BRM DBA-BRM DBA-BRM DBA-BRG DBA-BRG
トランスミッション CVT CVT CVT CVT CVT CVT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4790×1780×1535mm 4790×1780×1535mm 4790×1780×1535mm 4790×1780×1535mm 4790×1780×1535mm 4790×1780×1535mm
車両重量 1510kg 1510kg 1530kg 1540kg 1600kg 1600kg
乗車定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名
タイヤ(前輪) 205/60R16 205/60R16 215/50R17 225/45R18 225/45R18 225/45R18
タイヤ(後輪) 205/60R16 205/60R16 215/50R17 225/45R18 225/45R18 225/45R18
エンジン 過給器 なし なし なし なし ターボ ターボ
総排気量 2498cc 2498cc 2498cc 2498cc 1998cc 1998cc
使用燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 65L 65L 65L 65L 65L 65L
性能 燃費(10.15モード) - - - - - -
燃費(JC08モード) 14.4km/L 14.4km/L 14.4km/L 12.4km/L 12.4km/L 12.4km/L
燃費(WLTCモード) - - - - - -
最高出力(ps(kw)/rpm) 173(127)/5600 173(127)/5600 173(127)/5600 173(127)/5600 300(221)/5600 300(221)/5600
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 24.0(235)/4100 24.0(235)/4100 24.0(235)/4100 24.0(235)/4100 40.8(400)/4800 40.8(400)/4800
最小回転半径 5.5m 5.5m 5.5m 5.5m 5.5m 5.5m
グレード 2.0 GT DIT スペックB アイサイト 4WD(CVT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 358.6万円
基本情報 発売年月 2014年4月
駆動方式 4WD(四輪駆動)
車両形式 DBA-BRG
トランスミッション CVT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4790×1780×1535mm
車両重量 1590kg
乗車定員 5名
タイヤ(前輪) 225/45R18
タイヤ(後輪) 225/45R18
エンジン 過給器 ターボ
総排気量 1998cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 65L
性能 燃費(10.15モード) -
燃費(JC08モード) 12.4km/L
燃費(WLTCモード) -
最高出力(ps(kw)/rpm) 300(221)/5600
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 40.8(400)/4800
最小回転半径 5.5m

スバル レガシィツーリングワゴン 口コミ

4.2
  • 長く乗りたいと思います。
    投稿日: 2020年2月13日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: スバル レガシィツーリングワゴン

    グレード: レガシィツーリングワゴン 2.0GT spec.B 乗車形式: マイカー

    形式・ボディカラー・走行距離(10万㎞以下)で東日本を範囲に探し、深夜バスで現車確認しに行き乗って帰ってきた車なんで、できるだけ長く乗りたいと思います。

    続きを見る
  • 長く乗り続けたい一台
    投稿日: 2020年1月28日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: スバル レガシィツーリングワゴン

    グレード: 2.0GT_アイサイト_AWD(AT_2.0) 2008年式 乗車形式: マイカー

    免許を取って約25年、スバルのツーリングワゴンを乗り続けて3台目(3代目レオーネTW → 2代目レガシィTW → 3代目) となりますが、最も新しいだけあって相当に良い車だと感じています。走行約5万km と程度の良い中古車をお迎えして4年が経過しましたが、今も手放すことはまったく考えていません。 アイサイトについては前述の通りですが、市街地から高速道路まで運転は快適そのものです。オンザレール感覚っていうでしょうか。 所有車では初めてのクルーズコントロール装備車ですが、前走車との間隔が維持されるだけで疲労軽減にこれほど効果があるものとは思いませんでした。単なる定速クルコン装備車は何度か運転していますが、それらとは全く別物です。今でこそ軽自動車でも装備され始めたACCですが、10年前の車とは思えない高精度な制御をしてくれます。 エクステリアが秀逸です。近所でオーナーが多く、密かに憧れていた車でもありました。もともとスバルはデザイン面に弱いと言われることが多いようですが、レガシィに関しては初代から健闘していると個人的には感じています。最近はクォーターウィンドウ小さめな車ばかりでやや野暮ったさはあるものの、その分視界も良好で、ブラックアウトされたピラーとサッシュレスドアは初代レガシィのDNAを受け継いでいることを強く感じさせます。また、鷹の目インプレッサと歴代レガシィを良いとこどりしたようなフロント周りは最新のスバル車と並べても違和感無く、これが古さを感じさせない理由ではないでしょうか。 燃費にさえ目をつぶれば、たいへん満足のいく選択をしたと思っています。もっとも、今の初代アイサイトですら十分に快適なので、最新のアイサイト搭載車に興味が湧いているのも否定できません。(資金に乏しいため、あえて試乗するのをためらっています。) これは余談ですが、購入後に判明した、まったく想定外の事態が2つあります。 ひとつは、道路運送車両法の改正「外装の技術基準」について。 当初、2009年1月1日以降に製造された車両については、2017年4月以降の車検より車体の外部形状を変更する改造が厳しくなることが告知されていました。現在は無改造ですが、外装をいじることになった場合、規制対象外となる2008年製はきっと有利になると踏んでいたのです。 ところが…購入した翌年の2016年になって規制強化は取りやめになり、わざわざこの年式を選ぶ必要はなくなってしまいました。 ただ、この規制撤回は大勢のオーナーが恩恵を受けたはずで、公平さという点では歓迎すべきですね。(少なくともこちらが被害を被ったわけでもありませんし) もうひとつが、自動ブレーキ搭載車の保険料緩和。 購入する時期、自動車保険業界で被害軽減ブレーキ装備車の保険料を下げる噂が流れてきていました。長期間保有するのであれば保険料が下がるに越したことはありませんから密かに期待していたのです。しかし、ふたを開けてみると、全車標準装備の型式のみがこの割引適用となることが判明しました。 つまり、他のBPと同じく割引適用外なのです…こちらは正直ショックでした。高年式で税率が上がる分を この割引でカバーできると踏んでいたので…

    続きを見る
  • 結構、良い車です
    投稿日: 2020年1月26日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: スバル レガシィツーリングワゴン

    グレード: 2.0GT(AT_2.0) 2006年式 乗車形式: マイカー

    この年代のレガシィは、中古車での相場も ずいぶん下がって来ています。 とにかくエンジンは丈夫ですので 良い走りを安価に求めたいという方には 特におすすめです。 ただ、低年式車にありがちの故障は よくあります(笑) ある程度はDIYでという覚悟は必要です(笑)

    続きを見る
  • スバル家系で俺も遂に!!
    投稿日: 2019年11月30日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: スバル レガシィツーリングワゴン

    グレード: GT_4WD(AT_2.0) 1989年式 乗車形式: マイカー

    当時では、最高級グレードなので、文句無し

    続きを見る

スバル レガシィツーリングワゴンの口コミ・評価をもっと見る(3506件)

スバル レガシィツーリングワゴン みんなの質問

スバル レガシィツーリングワゴンのみんなの質問をもっと見る(597件)

スバル レガシィツーリングワゴン 中古車価格表 価格と年式で比較

※枠内の数字は件数を表示しています。

スバル レガシィツーリングワゴン 中古車価格表 価格と走行距離で比較

※枠内の数字は件数を表示しています。

スバル レガシィツーリングワゴン 中古車相場推移表

スバル レガシィツーリングワゴン
平均価格 93.5万円
平均走行距離 75,000km

平均値を表示しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー