現在位置: carview! > カタログ > スバル > レガシィセダン > 口コミ・評価一覧 > スバルを大きく変えた車

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『スバルを大きく変えた車』の口コミ

  • スバルを大きく変えた車

    総合評価: 5.0

    投稿日:2018年11月23日

    投稿者:rereoji さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:スバル レガシィセダン
    グレード:2.0GT4wd (1989年式)

    総評
    今のスバルの歴史はここから始まったといってもよい車ですね。
    ここからインプレッサが派生し、気持ち良いハンドリングが受け継がれてますし、よくできた車だったと思います。
    一年点検でブレーキパッド交換ってどんな走りをしていたんだか。(苦笑)
    満足している点
    それまで乗っていたレオーネからすべてが変わった、ハイパワー4WDターボ。
    思ったようにステアリングを切った方向にすっと鼻が入り向きを変える。
    レオーネがフルタイム4WDになっても、とにかく曲がらなかったし。
    基本的にセダンのRSとツーリングワゴンは構成が同じなので、RSのパーツの多くが流用可能で、いろいろ弄り倒してました。
    不満な点
    ステアリングが軽すぎた事、シートが長距離には向かず、腰が痛くなったことが今は遠い思い出。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする