『なんで、スバル&STIは、GD型インプレッサの頃、4ド...』 スバル インプレッサハッチバックSTI のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > スバル > インプレッサハッチバックSTI > みんなの質問 > なんで、スバル&STIは、GD型インプレッサ...

『なんで、スバル&STIは、GD型インプレッサ...』:スバル インプレッサハッチバックSTI

解決済みなんで、スバル&STIは、GD型インプレッサの頃、4ドアでラリーに参戦してたのですか?

なんで、スバル&STIは、GD型インプレッサの頃、4ドアでラリーに参戦してたのですか?スポーツバックの方がリアオーバーハングが短いですよね、
次モデルでは、オーバーハングの問題で、ハッチバックモデルなんでしょう。

ベストアンサーに選ばれた回答

GDB以前のGC8の頃から4ドアセダンでラリーに参加しています。
インプレッサより前はレガシイでしたが、その頃も4ドアセダンです。もっと前になればレオーネでしたが、4ドアセダンが主力でした。
WRCや全日本ラリー選手権にメーカーとして参加する目標の一つは、メーカーのイメージを良くして、販売台数を増やすことです。そのためには、その時々の規則に合致した勝てる車を送り出さなければいけません。
当時のスバルでそれに合っていたのはレガシイであり、インプレッサだったんです。
レガシイのボディ形状はセダンかワゴンしかありませんでしたので、運動性を考えればセダンになりました。
インプレッサも当初はセダンとスポーツワゴンしかありませんでしたので、これもセダンでの参加になりました。ちなみにインプレッサははっきりとWRCでシリーズチャンピオンを獲得するために作られていましたので、市販車状態でも高性能でした。(ランサーエボリューションも同じですが)
このセダンのボディ形状で何回も勝ったんですから、問題なかったんですよ。理論上はハッチバックの方が後部重量が軽く、運動性能が良いことになるんでしょうけど三菱とスバルは、他メーカーのハッチバックに勝ってたわけですし。
スバル末期のGRBインプレッサがハッチバック形状だったのも市販車がハッチバック先行だったことと、悪いんですがスバルから任されてWRCに実際に参加していたプロドライブがトンチンカンなことばっかりやっていたので、何とかするために少しでも運動性能をあげたいかったのでハッチバックにしたというところでしょう。結局成果は出ませんでしたが。
シトロエンが連勝していたのは、ローブと言うドライバーと、クサラ-C4という優秀なラリーカーの組み合わせによるもので、ハッチバック形状は決定的な勝因にはなっていないと思います。
また、いろいろな車が走る時代が来て欲しいですね。WRCは好きなんですけど、今のWRCは正直言って同じ形ばかりで寂しいです。
と言うことでボディ形状は競技規則と参加メーカーの思惑で決まると思います。
スバルはWRCのイメージが強いのでこれからも4ドアセダンにWRXを出して来るでしょう。
ここからは雑学。
そのスバルは最後のレオーネで全日本ラリー選手権のチャンピオンを獲りましたが、その時のボディ形状は一応3ドアハッチバックでした。
WRCで2回目のドライバーズチャンピオンを獲ったときは、珍しい3ドアセダンのインプレッサのWRカーでした。
どちらも全長や形状はセダンとあまり変わりませんでしたけどね。

回答一覧

2件中 1~2件
  • こんにちは。

    4ドアのクルマは見た目と違って、意外とバランスが良いのですよ。ハッチバックの車も当時売り出されていますが人気はいまいちでした。中古車価格が安いのでレースにも一部で使われていましたが、あまりぱっとしなかった記憶があります。

    過去にはレビン/トレノ、ギャランVR-4、ランサーターボ、ランエボ、サニーなども4ドアでラリー車でした。

  • セダンのがボディ剛性高いし

    ハッチバックになってのリアのダブルウィッシュボーンサスは
    不評ですよ WRCじゃなくてJに移行したあたり、販促の
    貯めの費用と開発・スペックの為の飛揚の兼ね合いとかで
    ハッチにせざるを得なかったんじゃ

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。