現在位置: > > > > > 車を持つ幸せを教えてくれる初めての愛...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『車を持つ幸せを教えてくれる初めての愛車です』の口コミ

  • 車を持つ幸せを教えてくれる初めての愛車です

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年10月1日

    投稿者:Take0705 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:スバル アルシオーネSVX
    グレード:Version_L_4WD(AT_3.3) (1991年式)

    総評
    年式的なものもあり故障が多く、部品供給も行く末は暗そうでウンザリする時もありますが、ワインディングロードを走った時のSVXとの対話ができる時間を味わっていると「まだ走れる」という声が聞こえそうで、このやりとりが続く限りはなんとかお互い頑張ろう(金銭的にも?)なぁ。という気持ちになります。鉄の塊であるはずなのに、なぜか人間的な温かみのある、そんな車だと思います。
    満足している点
    車高が低くいかにも視界が悪そうな車ですが、さすがグラスキャノピー、前後左右しっかりと視界が確保されていて運転がしやすく、見た目も大きく見えるがコンパクトなボディで、細い道やワインディングロードなどでも比較的楽に運転できます。クーペの割に後席も広く作りもしっかりしており、中距離程度なら大人二人後席でも案外快適に乗れます。屋根が低いので高身長の方は髪の毛が屋根と触れ合うかも。3.3Lの大排気量エンジンですが、とてもジェントルなエンジンで、スポーツカーのように敏感で気が張るような挙動もなく、以前も免許取り立ての友人に運転していただいたが、とても自然で運転しやすいと好評をいただきました。やはり古い車ですから、あちこちガタが来ていますが、修理ができる限りは乗り続けたいと思います。「遠くへ、美しく-500miles a day-」のキャッチーコピーがこの車の全てを表しているのではないでしょうか。
    不満な点
    ATの故障が多いそうで、私のSVXはまだしばらく大丈夫そうですがとても怖くてフルスロットルなんて高負荷をかけることは精神衛生的にできません。あとエアコンパネルの故障。操作もしていないのに、急にピピピッと音が鳴り出したかと思えば、温度調整が踊り出します。この頃のコンデンサーは不良電解コンデンサ問題の全盛期で、エアコンパネル以外にも4WS-ECU、キーレスECUなどのエレクトリカルパーツの故障が目立ちます。インパネの木目調パネル、プラスチック感が見え見えで、これはどうにかならなかったのでしょうかと思います。パネルの安っぽさがインテリアのバランスを大きく崩していますねぇ。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)