現在位置: > > > > > 1発死んでも、走る車

『1発死んでも、走る車』:ローバー 600シリーズ

解決済み1発死んでも、走る車

1発死んでも、走る車どういうことですか?問題ない?

94年頃。「俺のローバーは1発死んでるけど問題なく走るよ。スピードもでるよ」
といわれました。(600か800シリーズでホンダエンジンのセダン)
2008年頃。「このタホは1発死んでる(プラグが発火しないのだけどプラグ自体が固着して抜けないのでそのまま)状態で1万マイル走ってるけどね。気にしない」(OHVエンジン)
といわれました。

アメリカ在住の時に聞きました。両方ともアメリカ人でメンテは自分でしてました。



実際に問題なく走るのですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

アメリカ整備ですからね、アメリカはディラーやよほどちゃんと整備工場でもなければベンツのエンジンにトヨタのピストンを入れるような国です。
日本のような厳しい車検制度も無いのでいい加減な整備で走っている車もあります。
1発死んだぐらいでは走りますよ、私の経験では550㏄時代の軽トラ2気筒のうち1気筒死んでも走りましたよ、遅かったですが電気トラブルのため2分程度で直ったので助かりました。

回答一覧

7件中1~7件を表示

  • パワーロスとか燃費にかなりの影響出るので、問題なくはないと思いますが、アクセル蒸せば走ることに支障はないです。
    国産車でもイグニッションコイルやプラグが死ねば、一発停止くらい良くあることですので。
    私は会社のADバンのイグニッションコイルが一発死んで、二ヶ月アイドル不安定でずっと過ごしてました。
    停車時は挙動すごいですが、支障はそれくらいです。

  • そりゃ気筒数にもよりますが4気筒でも1発死んでも走ることはできますよ。
    アイドリング ガタガタするし加速なども正常時とは違いギクシャクしますが・・・
    12気筒なら半分(6気筒)死んでも走ることはできます。

    ただ最近の車は触媒マフラーあるので死んだ気筒から生ガスが排出されると高額な触媒壊してしまったりしますので 放置して走るのはあとで高い修理代になるの覚悟ですよ。

  • >問題なく走るのですか?

    問題なくではないですが、走ります。
    走らないなら、気筒休止エンジン↓は動かないですから、・・・

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E7%AD%92%E4%BC%91%E6%AD%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

    気筒休止エンジンでは6気筒の内の半分停めても走るのですから・・・・。

  • 昔のアメリカンV8とかは馬力があまってましたから
    調子悪いながらも走れてましたね
    でも、触媒は加熱しますし
    点火はしてなくても燃料の供給はしてますからシリンダーの油膜を混合気で洗い流してます
    シリンダーやピストンリングに傷が入りますから、失火を直しても圧縮不良になったりします
    どうでもいいなら逝くとこまでいけばいいですが、大事に長く乗りたいならちゃんと直して乗るのが正解です

  • 昔のイタ車の12気筒は
    1、2個ちゃんと動いてないんのがデフォだったかと

  • 1気筒が燃焼しないとかなりのパワーロスになります
    パワーは落ちますが、走れない事はないですが、元の6割か7割くらいにしかならないです

    あと、今の国産車であれば、触媒が付いていますので、一つでも燃焼してないと未燃焼のガソリンが触媒に流れ、そこで燃焼し、触媒が過熱します
    真っ赤に焼けて異常に温度が上がります
    古い車に排気温度警告灯がついてたのはその為です
    触媒付きの車だと問題ありです

  • 知り合いは旧規格の丸目のエブリィバン(3気筒)で一発死んでも(2気筒)坂道を4人乗って上ってましたww

    負荷はかかるでしょうけど走れなくはないのでしょうね

7件中1~7件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。