現在位置: > > > 400シリーズツアラー

ローバー 400シリーズツアラーグレード・価格・口コミ情報

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

pitte

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    1600
  • カタログ燃費
    - km/L

ローバー 400シリーズツアラーの概要

贅沢なつくりのミドルクラスワゴン

元は400シリーズのワゴンモデル、416トゥアラーと呼ばれたモデル。1996(H8)年に400シリーズのセダンがフルモデルチェンジしたが、その後も旧型のまま生産されたため、それと区別するために単にトゥアラーと名乗ったのだ。400シリーズはホンダとの技術提携によって生まれたミドルクラスセグメントのモデルで、基本コンポーネンツをコンチェルトと共有する。豊富なボディラインナップをもつ200シリーズに対して、3BOXセダン仕様が400シリーズと呼ばれ、そのステーションワゴンがトゥアラーというわけだ。ホンダ製1.6Lエンジンを搭載。セダン同様にウォールナットウッドパネルや本革シートを贅沢に使った室内の雰囲気は上級モデルに匹敵するものだった。(1997.2)

贅沢な作りのスポーティワゴン

200&400シリーズはホンダとの技術提携によって生まれたミドルクラスセグメントのモデルで、コンポーネンツはコンチェルトのもの。3ドアハッチバック、5ドア、クーペ、カブリオレという豊富なボディラインナップをもつ200シリーズに対して、3BOXセダン仕様が400シリーズと呼ばれた。そのステーションワゴンがトゥアラーである。1996(H8)年からはフルモデルチェンジしたセダンと区別するために単にトゥアラーとのみ呼ばれた。ホンダ製1.6Lエンジンを搭載。セダン同様にウォールナットウッドパネルや本革シートを贅沢に使った室内の雰囲気は上級モデルに匹敵するといっていい。(1995.1)

ローバー 400シリーズツアラー 1997年2月一部改良 グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 1.6(CVT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 259.0万円(税抜)
基本情報 発売年月 1997年2月
駆動方式 FF(前輪駆動)
車両形式 E-XW16W
トランスミッション CVT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4370×1680×1390mm
車両重量 1160kg
乗車定員 5名
タイヤ(前輪) 185//55VR15
タイヤ(後輪) 185//55VR15
エンジン 過給器 なし
総排気量 1588cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 55L
性能 燃費(10.15モード) -
燃費(JC08モード) -
燃費(WLTCモード) -
最高出力(ps(kw)/rpm) 111(-)/6000
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 14.8(−)/3000
最小回転半径 -

ローバー 400シリーズツアラー 歴代モデル一覧

ローバー 400シリーズツアラー 口コミ

3.2
  • ローバー416トゥアラーSLi レビュー
    投稿日: 2015年9月12日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ローバー 400シリーズ ワゴン

    グレード: 416トゥアラー_RHD(AT_1.6) 1995年式 乗車形式: マイカー

    「足るを知る」、それを教えてくれる車です。ボディは5人家族にはちょっと小さい、積載性は5人家族でギリギリ何とかなる範囲、もうちょっと馬力があると良いかなというエンジン、本革だけどちょっとインパネが寂しいかなと思う内装、あともう一歩と思えるところがたくさんあります。それは、この庶民的な「車格」からすると当然なのかもしれませんが、よくよく考えてみると、別にそれに困ることはありません。いや、むしろ「限られたコストでよく頑張った」と思える仕上がりです。狭く思える車内は家族の一体感を増やし、旅行に出る際には荷物を工夫する楽しみがあり、トップエンドまでよく回るエンジンを使い切ってガンガン走る。「クルマってこう言うものだよなぁ。」、そう思える不思議な魅力があります。もっと大きければ、もっと荷物が積めれば、もっとパワフルであれば、上を見ればキリがありません。これで、「十分!」なのです。

    続きを見る
  • 走りはこれと言った記憶がないんですが、街中ではなかなか見ない車を乗っている優越感はありました。
    投稿日: 2013年2月23日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: ローバー 400シリーズ ワゴン

    グレード: 不明 1990年式 乗車形式: マイカー

    走りはこれと言った記憶がないんですが、街中ではなかなか見ない車を乗っている優越感はありました。

    続きを見る
  • 現在の愛車です。 スタイルに憧れ続け、1年前に98年モデル(ボディーカラータヒチブルー)を衝動買いをしました。「問題児」と酷評高い後期型。エンジン、C
    投稿日: 2010年1月21日 総合評価: 2.0

    メーカー・モデル: ローバー 400シリーズ ワゴン

    グレード: 1.6(CVT) 1997年式 乗車形式: マイカー

    現在の愛車です。 スタイルに憧れ続け、1年前に98年モデル(ボディーカラータヒチブルー)を衝動買いをしました。「問題児」と酷評高い後期型。エンジン、CVT、電気系・・・とにかく機関に気を使うモデルです。私は購入直後、車両価格以上の修理費を払う事になりました。この1年の内でも突然の故障やトラブルは幾たびも・・・でも、後期型にしかないボディーカラーしかり、スタイルしかり、シートの座り心地や内装の質感、直進安定性はさすがローバーと感心する部分です。10年以上経った今でもその感触は伝わってきます。安い外車だからとか、スタイルが良いからとか、安易に買うと間違いなく後期型は後悔すると思います。ただ、少しずつでも手直ししながら「味わう」感覚で乗られるフリークの方には良い車だと思います。今となってはメーカ自体破綻して存在しない・・・維持、メンテナンスには辛い車ではありますが・・・ でもファーストカーとして毎日の通勤、週末には家族を乗せて買い物、レジャーに頑張ってくれています。

    続きを見る
  • ローバー200とは全く違うモノ 4年前まで約2年間乗っていました。この車の前には同社の216iカブリオレに乗っており、たまたまみかけたツアラーに一目惚
    投稿日: 2010年1月3日 総合評価: 2.0

    メーカー・モデル: ローバー 400シリーズ ワゴン

    グレード: 1.6(AT) 1997年式 乗車形式: その他

    ローバー200とは全く違うモノ 4年前まで約2年間乗っていました。この車の前には同社の216iカブリオレに乗っており、たまたまみかけたツアラーに一目惚れし、ほぼ即決して乗り換えました。購入動機は外観とレア感。乗っていた当時は同じ車を1台も見かけたことがありませんでした。 216カブリオレと内装はほぼ同じで、なおかつ同じ1600ccだったこともあり、走りに関しても同じだという先入観を持って試乗せずに購入したのが失敗でした。以前乗っていた216カブリオレはホンダエンジンを搭載していましたが、このツアラーはホンダエンジンではなく(年式によりホンダエンジンもある)全く別の走りに愕然としました。この車に走りを求めてはダメで、単なる移動手段として割り切ることができ、走り以外に魅力を感じられる人なら購入しても後悔しないと思います。

    続きを見る

ローバー 400シリーズツアラーの口コミ・評価をもっと見る(5件)

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー