現在位置: carview! > カタログ > ローバー > 200シリーズクーペ > 口コミ・評価一覧 > お買い得なスポーツクーペ FF車世界初のトル...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『お買い得なスポーツクーペ FF車世界初のトルセンLSDを搭載した5速マニュアル2.0Lターボのローバー220クーペ。1200kg台の車重に200PSの』の口コミ

  • お買い得なスポーツクーペ FF車世界初のトルセンLSDを搭載した5速マニュアル2.0Lターボのローバー220クーペ。1200kg台の車重に200PSの

    総合評価: 5.0

    投稿日:2008年3月21日

    投稿者:- さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ローバー 200シリーズクーペ
    グレード:220 (1994年式)

    総評
    お買い得なスポーツクーペ
    FF車世界初のトルセンLSDを搭載した5速マニュアル2.0Lターボのローバー220クーペ。1200kg台の車重に200PSのエンジンを積んでいるため、その速さはだいぶエキサイティングです。ローバー社が倒産し時間が経ちますので、程度の良い個体はだいぶ減ってきました。故障も多く、おきまりのエンジンオイル漏れ、オーバーヒート、クラッチワイヤー切れ他、あらゆるトラブル満載です。しかしながら車体が安いので、購入時に+αの金額を用意し、きちんと手を入れれば何の問題もありません。私自身、220クーペに10年以上乗り続け、走行距離も17万キロに達しています。内装は、純正革張りレカロシート、ウォールナットの木目パネル等、いかにも英国車というインテリアです。センターコンソールとコックピットにホンダの面影を残すのが残念ですが、後期型VVCクーペの内装を移植すれば、その問題も解決できます。
    満足している点
    暴力的な加速のターボエンジン。
    FF車丸出しの乗り味。
    豪華な内装、タルガルーフ。
    希少性、他の人が乗っていない。
    ホンダのパーツが結構流用できる。
    不満な点
    すぐに壊れる。
    BMWのM3と間違われる。
    内装にホンダの面影が残る。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする