ルノー トゥインゴ 「いつもの道が楽しくなる!」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

山田 弘樹
山田 弘樹
自動車ジャーナリスト
評価

3

デザイン
3
走行性能
3
乗り心地
3
積載性
2
燃費
2
価格
2

いつもの道が楽しくなる!

2021.9.27

年式
2016年9月〜モデル
総評
実用一辺倒になりがちな小型車の中にあって、走りが抜群に楽しく、見た目も可愛らしいトゥインゴ。日本車では絶対に出せない個性がある。
満足している点
4.3mの回転半径はどこまでも機敏で、道を間違えてもへっちゃら! という気持ちにさせてくれる。
不満な点
アイドリングストップからのリスタートは苦手。信号が変わったら、ちょっと意識して早めのアクセルオンがおすすめ。
デザイン

3

キュートだが媚びてないデザインだから大人も乗れる。リアのデザインはルノーの伝説的ラリーカーであるサンクターボをモチーフとしている。
走行性能

3

マイナーチェンジ後の6速AT 0.9L直列3気筒ターボモデルではさらに走りが洗練された印象。タイヤハウスへとつながる新型フロントバンパーのエアインテークは、タイヤがかき乱す空気を整流する効果があるとのことだが、そんなモータースポーツ仕込みの技術が盛り込まれているのもいかにもルノーらしい。可愛いうなり声とともに伸びやかに加速していく3気筒ターボエンジンは好きな人にはたまらないだろう。リアエンジン・リアドライブがもたらす走りはどこまでも機敏だ。
乗り心地

3

初期型はよく言えばダイレクト、悪く言えば板のような乗り味だったが、2019年のマイナーチェンジでこれが大きく改善され、しっとりとした乗り心地になった。
積載性

2

リアエンジンゆえ荷室のフロアはやや高め。しかし日常レベルでの使用なら必要十分だろう。
燃費

2

小排気量ターボだけに、走り方でずいぶん燃費が変わるようだ。またエアコンをガンガン使うような季節は不利だろう。
価格

2

Aセグコンパクトに220万円というプライスは軽自動車の上級仕様と同じくらいの価格。税金面では確かに不利かもしれないが、それを押してでも乗る価値はある。フランス流シティコミューターの良さを知れば、クルマに対する価値観が少し変わるだろう。
山田 弘樹
山田 弘樹
自動車ジャーナリスト
自動車雑誌「Tipo」の副編集長を経てフリーランスに。編集部在籍時代に参戦した「VW GTi CUP」からレース活動も始め、ワンメイクレースやスーパー耐久に参戦。この経験を活かし現在執筆活動中。愛車は86年式のAE86と95年式の911カレラ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。
ルノー トゥインゴ 新型・現行モデル