現在位置: > > > > > パナメーラ史上、文句無しに最高に楽し...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『パナメーラ史上、文句無しに最高に楽しい1台!』の口コミ

  • パナメーラ史上、文句無しに最高に楽しい1台!

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年11月9日

    投稿者:ごろん♪ さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ポルシェ パナメーラ
    グレード:パナメーラ GTS_RHD_4WD(PDK_4.0) (2018年式)

    総評



    971型パナメーラは、ターボ、ターボSと乗り継いで来ましたが、イヤーモデルを重ねるごとに様々な進化を感じます。

    オプションも増えた前期モデルとしては集大成となるのが、このGTSなのは間違いありません。

    スポーツカーメーカーであるポルシェ。
    このポルシェが出す4ドアセダンがパナメーラ。
    パナメーラは単なるセダンではなく、そこにはスポーツカーの魂が随所に入ったスポーツセダンなのです。

    ターボはラグジュアリーで、GTSが一番スポーツカーらしい車とも言われますが、間違いありません。

    2年間で、ターボ、ターボSと立て続けに乗りましたが、どれが一番楽しいかと言えば圧倒的にGTSです。

    パナメーラ史上最高に楽しい車がGTSでした。
    パナメーラを買うなら絶対GTSがオススメですよ!
    満足している点


    GTS特有の派手なスポーツエグゾーストを標準とするV8の重厚なサウンドといい、軽快かつ安定したハンドリングといい、992型911を4ドアにしたような楽しい車がパナメーラGTSです。

    レッドステッチにアルカンターラが多用されたGTS専用のインテリアパッケージは、ドアを開けた瞬間から視覚で”やる気”にさせてくれます。

    サウンド、インテリア、ハンドリング。
    大人が4人ちゃんと乗れて、車好きを楽しませてくれる車は、さすがポルシェパナメーラ(^_^)
    不満な点


    GTSとはいえオプションはそこそこ必要です。
    総額は2000万円を余裕で超えます。
    単純にパワーだけで費用対効果を考えると高額です。
    しかしそこには、この車でしかない感動と楽しさを味わえます。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)