『サルーンではない この車サルーンとして購入するとがっかりするかも知れません。買って2ヶ月目の感想です。理由としては、PDKの2速発進にあります。PDK』 ポルシェ パナメーラ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ポルシェ > パナメーラ > 口コミ・評価一覧 > サルーンではない この車サルーンとして購入す...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『サルーンではない この車サルーンとして購入するとがっかりするかも知れません。買って2ヶ月目の感想です。理由としては、PDKの2速発進にあります。PDK』の口コミ

  • サルーンではない この車サルーンとして購入するとがっかりするかも知れません。買って2ヶ月目の感想です。理由としては、PDKの2速発進にあります。PDK

    総合評価: 4.0

    投稿日:2011年2月9日

    投稿者:- さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ポルシェ パナメーラ
    グレード:ターボ PDK 4WD(AT) (2011年式)

    総評
    サルーンではない
    この車サルーンとして購入するとがっかりするかも知れません。買って2ヶ月目の感想です。理由としては、PDKの2速発進にあります。PDKの特徴として引きずる感覚はぬぐいきれないため、Lサイズのマシンをゆっくり発進する街中の加速では、現代の良くできたATに比べるとウルトラスムースとは行きません。また、極低速時、例えば狭い路地をハンドルいっぱいに切りながらゆっくり曲がるときなどは、ハンドルの切れ込みに違和感を覚えます。ベンツのSクラスもパナメーラ同様にタイヤが傾いて曲がるため最小半径を稼いでいますが、この辺の剛性感や極低速時の切れ込まない感覚は一日の長を感じます。また、ベンツではSクラスとEクラスとでは内装(皮の質感、クッションの柔軟さ等)を明確に分けており、Sクラスのオーナーへの配慮は欠かせません。ポルシェもオプションで多少は選択できますが限界があります。また、乗り降りも前席、後席共に着座位置とシートレールの高さの関係から結構大変です。そういう意味では、サルーンではありません。
    満足している点
    総評が全体的に否定的のようですが、サルーンとして乗らなければ、素晴らしい車です。ベンツはもちろん、AMGでもとうてい及ばないコーナリング性能があります。パワーはAMGのツインターボの方が街中での加速のスムーズさは上ですが、アクセルオンのときのサスの沈み具合や回頭性はさすがポルシェです。この重さと加速性能の割に燃費がよいのも今の時代素敵ですね。まあ、ツインターボですので、がんがん加速すると最低表示の4㎞/lを割りますが、普通に走っていると平均では5.5㎞/lぐらいは走ります。これは高速が3割ぐらい入っているときの燃費です。ノンターボの4Sも乗りましたが、こちらは3割ぐらい燃費がよい感じでした。また、先ほどの切れ込みや発進の癖は、ゆっくりのときの癖ですので、踏み込んでいるときは全く感じません。つまりこの車は、踏み込んで走れと言うことなのですね。アクセルオンでハンドルを切ってワインディングを走っているときは、まさしくスポーツカーのそれに近いですが、豪華な内装にだまされてラグジュアリーなサルーンを想定して買うと、ちょっとがっかりしてしまうかも知れません。
    装備に関してはポルシェとしては標準で結構がんばったとなあ、という印象です。
    不満な点
    短所は上記でも述べてきましたが、箇条書きにすると以下の通り。
    低速が苦手
    路地が苦手
    オートストップからの急な発進やバックなどは、まだまだ違和感がある
    車幅は結構気を遣う
    座る位置が低いので、運転席はよいとしても後席もよっこいしょとなる
    堅い足回りの割に、ホイールベースが長いため結構ピッチングがある
    がんがん走るにはスポーツプラスモード+ハード側2段目のサスが必要

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする