『初フランス車』 プジョー 508SW の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『初フランス車』の口コミ

  • 初フランス車

    総合評価: 3.0

    投稿日:2020年3月8日

    投稿者:alfanori さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:プジョー 508SW
    グレード:グリフ_RHD(AT_1.6) (2015年式)

    総評
    2.7万㎞走行の中古車購入。すれ違うことの無いある意味希少車であること。インテリアの質感はドイツ車ほどではないが、ちょっと地味な感じ?圧倒的加速力はないものの、1.6Lとは思えない低速からのトルクが強い印象で必要十分に思う。高速走行での再加速感はまだ未経験。シート重視で選んだがかなり満足のいくレベル。ボルボの肉厚シートが理想的だったが、アウディA4より質も快適さも良い。車内の遮音性も良い。オーディオスピーカーは、低音は良いが高音が苦手なのかな?長距離運転が楽になりそう。後部座席がかなり広く、ガラスルーフの解放感が最高で家族に好印象であった。外観は威圧感が無くジェントルな印象であり、性能的にも特筆するほどのことはない筈なのだが、なぜかこの車には日本車にはないワクワク感があり、運転が楽しく遠出したくなる。
    満足している点
    エンジンスタートボタンがハンドル右に有るので、乗り込まなくてもエンジンスタートできるのが良い。ナッパレザーのシートは、しっとりした手触りでドイツ車よりイタリア車っぽく柔らかめで、長時間座っていても疲れない。またSWに標準装備されている大型のガラスルーフの解放感は最高ですね。雨の日独特なワイパーの動きでふき取り範囲が広く、助手席側までしっかり拭き取ってくれるので視界良好です。1.6Lでパワー不足を心配していたが、低速からのトルクがあり予想以上に俊敏でストップゴーのもたつき感は皆無。アルミ装飾のシフトレバーがマニュアル車っぽく握りやすい。プジョー508とは、すれ違たことが無い。派手すぎず、地味すぎない所も良い。マイナーチェンジ後のモデルは日本に何台登録されているのだろうか?
    不満な点
    装備がいたって普通。クルコンは速度一定のみ、肘おきが低く高さ調整が出来ない為、小振りのクッションを置いている。台数が少ないだけに、オーナーによる車両情報がほとんど無い。社外品パーツや小物もほとんど無い。ドリンクホルダーを使うとナビ画面に干渉する。収納なさ過ぎ、実用的なのはドアポケットのみ。いまどき日本語表示が無い。オーディオ・ナビ等のタッチパネル操作に慣れない。アウディのMMIでの操作は便利だった。ホント小回りが利かないが、一月も乗ると慣れてきた。シフトレバーの操作がまだ慣れないRに入れ辛い。冬場にガラスルーフのシートを開けると頭に冷気が降りてくる。夏は暑くなるのかなぁ。あとDVDが再生出来ない‼️ナビ音声が割り込むと、音楽が遮断されるのは如何なものか。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする