現在位置: > > > > > これぞプジョーのスポーツカーの歴史が...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『これぞプジョーのスポーツカーの歴史が詰まったコンパクトホットハッチ!!』の口コミ

  • これぞプジョーのスポーツカーの歴史が詰まったコンパクトホットハッチ!!

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年10月6日

    投稿者:AceHunting さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:プジョー 208
    グレード:GTi by プジョースポール_LHD(MT_1.6) (2015年式)

    総評
    208GTi by Peugeot Sportには、「プジョーのスポーツカーの歴史」が詰まっている!というのを再認識させられます!
    「現代のプジョーのスポーツカー」を体現しているのが艶消し塗装のアイスシルバーという姿なのです!!
    小径ステアリングから見る独特のi-cockpitは慣れるまでは少し大変だけれども、慣れると視認性の良さも素晴らしく、通勤時の燃費走行のチェックをしながら安全運転出来るのは非常に素晴らしいです!
    その歴史の長さはVW GOLFの「GTIの系譜」とはまた違った歴史なのだと......
    今まで数多くの車を運転してきたけれど、私にとってプジョーは青春の一つでもあります。
    ターボ車の所有は初めてなのですが、この車を運転したときに思ったことは「あれ?ターボなのにNAみたいに滑らかな走りをしている」というのだから本当にただただ、驚いています!
    Peugeot Sportが手掛けた208GTiですが、RCZ-Rとはまた違った意味で進化しており購入して良かった!
    満足している点
    106Rallye16Vを手放してから13年ぶりにプジョーに完全復帰しました!
    相棒を見に行って試乗して「これだ!」と結論に至り購入しました!

    満足しているところ
    ・「205GTi」から受け継がれし「赤のインテリア」
    ・「306S16」から受け継がれし「6速MTのシフトストローク」
    ・「206S16」から受け継がれし「アルミべダル」
    ・「206RC」と「207GTi(本国名207RC)」から受け継がれし「バケットシート」
    ・「RCZ-R」から受け継がれた「シフトノブ」
    ・「206CC 2.0 LHD MT」から受け継がれた「左ハンドルの自然なポジションで運転できるところ(フレンチポジションが自然に取れる)
    ・「106Rallye16V」から受け継がれた「走る楽しさ」「自然な感覚の操作性」
    ・「207GTi」「207GT」から進化しつづけて「RCZ-R」や「308GTi by Peugeot Sport」とは違う進化を遂げた「THP208ユニット」
    ・進化した「THP208ユニット」は「ターボ」とは思えないほど低速から滑らかな加速で「NA」に近い
    ・艶消し塗装「アイスシルバー」の個性
    ・Lithiumホイールとフロントから除く、ブレンボ4本ポッドキャリパー
    から
    不満な点
    あえて不満点を挙げるとすると
    ・クラッチペダルの調整が出来ない(踏み込み量を306や106みたいに調整出来ない)
    ・ラゲッジスペースはそんなに広くない所
    ・艶消し塗装のアイスシルバーは、カッコいいけれど手入れが大変で一度シミが付くと落ちない時も・・・・・
    ・エンジンチェックランプ点灯がちょくちょくあること(今のところ、走行に支障は無いです)
    ・106みたいな軽さは無いので、ヒラヒラとコーナーを攻めるというよりはしっかりグリップして攻める!という感じなので慣れないうちは怖いw

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)