現在位置: > > > > > グローバル化の影響を受け、味が薄まった

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『グローバル化の影響を受け、味が薄まった』の口コミ

  • グローバル化の影響を受け、味が薄まった

    総合評価:10点満点中6点

    投稿日:2018年6月6日

    投稿者:mabots さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:プジョー 207
    グレード:207_RHD(AT_1.6) (2007年式)

    総評
    一般的な観点では改善している。しかし、味は薄まった。良い意味でも悪い意味でもグローバル化のトレンドをフォローしたワン・ノブ・プジョーの車種と化している。206 で光った個性や美しいデザイン性は失われた。次の 208 では 206 の外観のの再評価とオマージュが行われているため、207 の世代ではモデルごとの差別化についてプジョー本社の迷いが感じられる。
    満足している点
    一般的な観点からすると、先代モデルから大幅に改善されている。とくに内装の品質は先代より大幅に向上し、安全装備も改善。ボディ剛性の向上も体感できる。ドイツ車やプレミアム輸入車風の乗り味がリーマン・ショック時期ということもあるが、リーズナブルな価格で入手できたことは大きいのではないだろうか。
    不満な点
    ややアンダーステア傾向・ロール抑止方向にまとめられ、ぐんぐんコーナーに巻き込むフロントやストロークする脚に特徴づけられたプジョーの味は薄れた。フロントフェイスも 308 や他の車種との共通性を優先したものとなり、206の文脈は少なくなり没個性化したといえる。安全性の大幅な向上と引き換えに車重が増え、車重の増加に対してパワートレインはややアンダーパワー傾向が目立つ。この世代のプジョーでは 308 に設定された小排気量ターボがキビキビ感という点で使い勝手が良いと思われる。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)