現在位置: > > > > > スカイライン400R試乗~これは、史...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『スカイライン400R試乗~これは、史上最強のスカイラインかも~』の口コミ

  • スカイライン400R試乗~これは、史上最強のスカイラインかも~

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年10月13日

    投稿者:凌志 さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:日産 スカイライン
    グレード:400R(AT_3.0_V6ターボ) (2019年式)

    総評
    インフィニティエンブレムを捨て、敢えて日産フェイスで再生を図ったスカイライン。
    私も遅すぎるマイナーチェンジだとか、ブレているとかあれこれ考えたものだけど、冷静に一つの製品としてみた場合、やはりこれはスカイラインとしか言いようがない車であった。
    「日本には、スカイラインという美しい道がある」とか、「日本の車にときめきが帰ってくる」とか、「あ、この瞬間が日産車だね」とか、とうに旬を過ぎた旧い旧いフレーズが脳内で溢れて止まらないのは、嬉しい誤算であった。
    400R。これはまがう事なき真のスカイラインである。
    満足している点
    シートポジションを合わせ、スタートボタンを押す。
    粛々とエンジンが始動する。AMGなどのように、ブワンッといった音はしない。
    ディーラーを出る。ハンドルの切り始めはいかにもFRらしい自然なフィール。
    混雑の中では至って紳士的なサルーンらしい滑らかな走り。黒子に徹した7速AT。
    道路が空いたのを見計らって一鞭くれると、エキサイティングな加速が味わえる。トロトロ走っていたムーヴだかタントだかが瞬く間に米粒ほどの物体に変わる。
    乗り心地、走行安定性、ハンドリングが高いレベルでバランスされており、往年のスカイラインのキャッチコピーが脳内であれこれ再生される。「とんでもないが、とんでもいい」とか、「史上最強のスカイライン」とか、「クールに乗れ」とか。それが叶っただけで私の名車の殿堂入りである。
    なぜ日産エンブレムなのか、なぜこの期に及んで40年以上前にピークを迎えたスカイラインの名称なのか、といった疑問は、短期間の中でスーッと消えていった。
    濃紺の車体色(オーロラブルーフレアパール)の発色の良さ。
    本体価格とガソリン代の帳尻が合えば、欲しいとさえ思った。
    不満な点
    今どきの高級車にしては、パーキングブレーキがフットリリースである点。
    ATモードでは、今何速に入っている等の表示がない点。
    これなども、圧倒的な加速感、トルク感の前では些事に思えてくる。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)