現在位置: carview! > カタログ > 日産 > シルビア > レビュー・評価一覧 > 機械とは違った何かを感じるクルマ

日産 シルビア 「機械とは違った何かを感じるクルマ」のレビュー

migratoria migratoriaさん

日産 シルビア

グレード:spec-S_Vパッケージ(AT_2.0) 2000年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
3
乗り心地
4
燃費
3
デザイン
5
積載性
3
価格
4

機械とは違った何かを感じるクルマ

2021.2.9

総評
とにかく見た目がカッコいいと思います。自分のクルマを見ると「こんなにカッコいいクルマに乗っているんだ」という喜びを感じることができます。
また、現代のクルマほどではありませんが、快適装備が充実しており、スペックやボディサイズも教習車に近いため、使いやすいクルマだと思います。
運転する楽しさは感じませんが、それは快適性の裏返しのような気もするので、割り切ることができています。
むしろ、見た目がカッコよくてありがたい快適装備も揃っており、さらに静かで快適に走れるため、自分にとっての好条件を持ち合わせています。

単なる機械のはずなのですが、安心感を与えてくれるなど、機械とはまた違った何かを感じるクルマです。
満足している点

まず、快適装備がそこそこ良いという点です。
オートエアコン、リモートコントロールエントリーシステム、電動格納ドアミラーが装備されています。前に乗っていたクルマにはこれらが無かったため、大変便利だと感じました。
また、それだけでなく、結露で役立つリアワイパー、ATモードの切り替えスイッチもあり、心強いです。
他にも、キー抜き忘れアラームやワイパーの間けつ速度調整など、ここには書ききれないほどのありがたい装備が揃っていて、そういった点にはとても満足しています。
また、リモコンで開錠するとルームランプが点灯し、こちらを出迎えてくれているような演出もあり嬉しいと思いました。

次に、気分的なものとして、運転者を優しくしてしまうという点です。
おそらく思い込みだと思いますが、このクルマに乗ってからは、不思議なくらいに運転中にイラッとすることが無くなりました。
当然、どんな状況でも運転中に怒りを行動に表すことは無いのですが、このクルマに乗っている間はそもそも「怒り」とか「イライラ」といった感情が消し去られているような感覚になります。
不満な点
運転が退屈な点です。
もっとも、運転を楽しむために買ったクルマではないので、重大な欠点とは認識してないんですけれどもね。
デザイン

5

デザインだけで見れば私の中では一番のクルマで、見た目のカッコよさでは右に出る者はいないと思っています。
横から見た時のシルエットや低めのボンネット、ヘッドライトの形が特に気に入っています。


内装も好きで、個人的にはインパネの中央にある3つの丸形ベンチレーターグリルが気に入っているポイントです。センターコンソールにはカップホルダーが2つ備えてあるのもありがたいと思いました。
走行性能

3

2,000ccのNAということもあり、パワフルとは言えません。ただ、日常生活に使う分だったらまあいいかなといった感じのパワー感です。
乗り心地

4

乗り心地が悪いと感じたことはあまり無いですが、今時のクルマと比べるとどうしても突き上げがやや強いような気はします。

静粛性はなかなか優秀だと思います。
巡行時なら50km/hでも60km/hでも回転数を1,500rpmあたりかそれ以下を保ってくれて、エンジン音があまり聞こえないので快適に走れます。
積載性

3

クーペにしては積載性は良い方だと思います。
特にトランクスルーは長い物を運ぶのに適していると思います。
後部座席の天井には、運転席側にフックがあります。
燃費

3

街乗りにしか使っておらず、その場合の燃費は大体9.5km/L~10.0km/Lほどでした。
価格

4

S15は高騰してきていると聞きますが、車両本体は意外と安かったです。
故障経験
ビックリするほど壊れません。
メカオンチなので不具合に気付いてないだけかもしれませんが、私が所有する個体の場合、安心して通勤を任せることができます。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

日産 シルビア レビュー・評価一覧

マイカー登録
日産 シルビア 新型・現行モデル