現在位置: > > > > > 世界に誇れる日本の宝

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『世界に誇れる日本の宝』の口コミ

  • 世界に誇れる日本の宝

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年5月14日

    投稿者:昭和40年代のダメ親父 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:日産 GT-R
    グレード:プレミアムエディション_4WD(DCT_3.8) (2017年式)

    総評
    時速300キロで走りながら会話を楽しめるクルマ、
    ということらしいが全くもって頷ける。
    クルマが安定し過ぎて、緊張感が薄い。
    他車がなければ、恐怖感もない。
    コンビニからアウトバーンまで気軽に乗れる、
    いや乗せてもらえる、末恐ろしいクルマである。

    コインパーキングも平面なら問題ない。
    エアコンも驚くほどよく効く。
    燃費も過去に乗っていたR34のターボと変わらない
    気がする。

    本当に凄いクルマだと思う。
    正直内装なんて、どうでもよい。

    次に買うクルマが見つからない。
    倍のお金を出して、ポルシェの最上級グレードを
    買うか、さらに倍のお金を出して、マクラーレンや
    ランボルギーニあたりを狙うか。
    いや、狙えない(笑)
    満足している点
    世界に誇れる日本の宝である。
    絶対的な価格は高額ではあるが、相対的にみれば
    バーゲンプライスであることは間違いない。
    海外で大人気なのが頷ける。
    同価格帯のポルシェも所有しているが、性能は
    比べ物にならない。やはり、2倍の費用は必要である。
    関税のかからない日本で買えることは日本人として
    幸せを感じる。
    イギリスで買うと2倍くらいの値段になるそうで、
    クルマ好きのイギリス人は日本人が羨ましいそうな。
    不満な点
    性能に最大限のコストを注ぎ込んでいるGTR にこんな
    ことを言うのは愚評ではあるが、内装がチープである。
    レザーパッケージにもかかわらず、だ。
    シフトノブまわりがカーボンらしいが、どうみても
    カーボンには見えない。カーボン調なのだ。
    黒のプラスチックにカーボンシールを貼ってるだけ
    にしか見えないのたが。あの不自然な繋ぎ目は何?

    あと、後部座席が便座にしか見えないデザイン。
    乗り込む度にトイレを思い出す。

    それから、リモコンキー。
    コスト削減のため仕方ないとは言え、他の日産車と
    共通の安っぽいプラスチックキー。
    特別感は全くない。

    最後にエンジンスタートボタンとハザードボタンが
    上下に並んでついており、同じ赤色なので間違い
    そうになる。
    一度走行中にハザードを出して止まるつもりが
    エンジンスタートボタンを押してしまったことが
    あるが、もちろん反応しなかった。

    以上、愚評であることは再度付け加えておく。

    同価格帯のポルシェのほうが、圧倒的にデザインが
    洗練されており、高級感がある内装である。
    過去に所有していたBMW しかりだ。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)