『納車後3ヶ月 2000km R35 レビュー』 日産 GT-R の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > 日産 > GT-R > 口コミ・評価一覧 > 納車後3ヶ月 2000km R35 レビュー

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『納車後3ヶ月 2000km R35 レビュー』の口コミ

  • 納車後3ヶ月 2000km R35 レビュー

    総合評価: 5.0

    投稿日:2018年10月11日

    投稿者:2R確変 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:日産 GT-R
    グレード:プレミアムエディション_4WD(DCT_3.8) (2017年式)

    総評
    VR、3.8 V6 ツインターボエンジンは570psよりも65kgmを先に感じトルクフルが際立つ。もちろん回せば吹き上がりは鋭く官能的。

    デュアルクラッチトランスミッションは1-2速のギクシャク感を感じてしまうが、それ以外は速いと言う事に尽き、レスポンスの良さは素晴らしい。

    足回りはとてもしなやかで、田村氏の言う「いなす」という表現が理解できる。バネレートはそのままにアブソーバーとスタビで調整したという事だが、とにかく走りやすい。ランフラットのネガティブな動きや轍まで吸収してしまう質の高さ。
    高速域でのカーブも荷重の変化をうまく凌いでいる。
    コンフォートに振れた分、スポーツ走行主体の走り方がメインであればマッチングしていないのは明確だが、自分のように街乗りメインならロールも感じず田村モデルは◎

    ボディの剛性の高さは素晴らしく、BNR34からの進化が最も実感出来る。安心感があるというか、包まれている感覚。

    パドルシフトはステアリング固定が少々使いずらい。タイトな操作が多い交差点などでは手が届かなくなる。これは可動範囲が少なくて済むサーキットユーズ向けと割り切るしかない。
    また、シフトアップダウン共に応答がワンテンポ遅れる感がある。

    ブレーキは1.8tの重い車体重量を充分制動できる安心感がある。ブレーキダストは半端ないがコレは仕方ないか。

    内装は、本革ナッパレザーを贅沢に使用したインテリア、水平基調にうまく配置されたスイッチパネルもカーボン柄をはじめとした高級感があり、欧州のスポーツカーレベルにまで到達。操作性も素晴らしい。インパネの高さが低く前方視界は良好。後方視界もBNR34と比べると格段にアップ。
    シートのホールド性はプレミアムエディションという事で当然のように落ちるが、その分ソフトな座り心地でロングツアラー向き。
    ホールドを求めるならブラック、トラエ、ニスモとなる。

    音という点では不満が残り、RBサウンドに勝る物は無いと思うし、チタンマフラーも少しこもった感じの音色で、もう少し甲高い音を期待していたのでそこは残念。
    メカニカルサウンドも抑えられており、そこは好みの分かれる所。
    ラグジュアリーにのりたいなら○だが、スポーツカーを感じたいのであれば物足りないのかも。

    あ、外観?カブトムシのメスみたいで嫌いです。でもMY17から直線をうまく使っているので前期中期よりは好みだが。


    総じて、楽に安心して乗れるスポーツカー。ただ、その分操る楽しさはBNR34に比べると落ちるので、純粋にピュアなスポーツカーを楽しみたいなら第二世代という事になるが、16年の進化は随所に表れている。スポーツに特化する部分を重視するなら水野モデルかNISMOとなる。そこはユーザーの求める部分で選択すればいい。
    満足している点
    走行性能全般
    不満な点

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする