現在位置: > > > > > 市販車のトヨタ スープラやホンダ NSXよりも日...

『市販車のトヨタ スープラやホンダ NSXよりも日...』:日産 GT-R

解決済み市販車のトヨタ スープラやホンダ NSXよりも日産GTーR NISMOの方が速いですけど、スーパーGTだとここ何年もトヨタ、ホンダの1位2位争いで日産は完全に3位、ビリですよね。

市販車のトヨタ スープラやホンダ NSXよりも日産GTーR NISMOの方が速いですけど、スーパーGTだとここ何年もトヨタ、ホンダの1位2位争いで日産は完全に3位、ビリですよね。もし市販車でトヨタやホンダが日産GTーR NISMOもより速い車を本気で作ろうと思えば作れると思いますか?それをトヨタ スープラやホンダ NSXで実現させる事はできると思いますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

市販のGT-Rは確かに速くて素晴らしい存在だと思うが、如何せん基本設計が古く、あの速さを支えているのは弛まない改良による熟成に他ならない。

方やNSXの方は、最新テクノロジーを満載した次世代スポーツカーのあり方を示した訳だが、この新しい技術をまだコントロールしきれず、ピーキーな挙動を露呈し、サーキットではGT-Rの後塵に甘んじている・・。

要は、この二台は同じスポーツカーでも、対極の位置にあり、速さを支える基本構想から違う。もっと分かりやすく言えば・・老齢で古典的なGT-Rに対して、じゃじゃ馬だが伸びシロ豊かなNSX。。

日産は電動化と自動化に社運を掛けこれを猛アピールしている。
本来、フラッグシップスポーツカーの役目は、メーカーの技術力と方向性を示す重要な看板となる筈だが、日産はGT-Rにそれを出来ずにいる。。

GT-Rチーフプロダクトの田村宏志氏は昨年、「新型モデルの開発をどのように進めていくのか熟考中」と言っている・・つまりネットに飛び交う次期R36の話しは全てデマで、実は方向性さえ決まっていないのが真相だという事。

こういうメーカーは、技術の頂点を競うシビアなレースで結果を出すのはかなり厳しく、内情的にも日産はそれどころじゃないと言うのが現実だと思う。。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • トヨタもホンダもGT-Rと同等かそれ以上の車は作れるだろうけどコストが高すぎるから作らないと思います

  • 商売度外視なら可能でも度外視出来ないから無理ですね。ホンダは言わずもがなですが、スープラとヤリスの経緯を考えれば明白ですがらトヨタとてそんな体力はないと思います。
    今はですけど…
    まあレーシングカーは名前だけで市販車とは関係ありませんけど。

  • 速い車を作ることは出来ますが、商売にならないので、市販はしない。
    トヨタはもうすぐハイパーカーを販売します。

    スーパーGTは市販車の部品は全く使われていない別物。

  • 開発会議や将来の会社のプランを決めていく中でそういう意見が出て、そういう方針で開発していこうというプロジェクトが立ち上がれば、あとはその開発にどういった意義があるのかどうかや、有能な人材や開発に許されるだけの開発費などに関する稟議が社長や統括部長クラスから承認されれば、晴れてプロジェクトに着手することができます。

    仕事に夢を持ってやる気のあるような若手社員からは、そういうことをやりたいという提案は幾らかはあるだろうけど、責任者クラスの会議の場になってくると、市場調査や経営状態など総合的に考えると、なかなかそうもいかないだろうという判断になって、なるべく少ない投資額で大きな効果の出せるような開発テーマに取り組むというのが今の現状なんだと思います。
    もちろん責任者も内心では周りをアッと言わせるような凄い車だって作りたいですよ。

    つまり今の日本の大手自動車メーカーはそれだけ成熟しすぎていて基本姿勢が保守的です。

    でも各企業ともそれぞれで目標をもって頑張っています。ホンダなんかもF1には力を入れてますよね。
    まあ当たり前ですが。

  • 速いの定義が不明確ですが、私は作れないと思います。
    どうしてもとなるとナンバー付きレーシングカー、ハイパーカーを作るしかないんでしょうど・・・そこまでする価値があるかどうかはメーカー次第。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車日産 GT-Rアクセスランキング
  1. 1位 3.8 大阪なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル 4WD
    3.8 大阪なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル 4WD
    12,980,000円(神奈川)
  2. 2位
    3.8 ピュアエディション 4WD
    9,280,000円(群馬)
  3. 3位
    3.8 NISMO 4WD
    21,498,000円(奈良)
  4. 4位
    3.8 ブラックエディション 4WD
    10,999,000円(東京)
  5. 5位
    3.8 ブラックエディション 4WD
    3,999,000円(埼玉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)