『The Last of Laurel』 日産 ローレル の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『The Last of Laurel』の口コミ

  • The Last of Laurel

    総合評価: 5.0

    投稿日:2017年5月23日

    投稿者:ENRおじさん さん

    乗車形式:過去所有

    メーカー・モデル:日産 ローレル
    グレード:25クラブS(AT_2.5) (1997年式)

    総評
    上記の通り、非常に汎用性の高い車輛です。
    日産マニアのぼくを唸らせるお勧めの一台!
    所有期間は短かったですが、とても楽しい車輛でした。さらばローレル、また逢う日まで。
    満足している点

    ・全米が泣いた!ぼくも泣いた!最後のローレル!
    その後はセフィーロと融合し、ティアナに転生しました。
    さすがのミドルセダン。乗り心地抜群で、程良い高級感とスポーティ感のバランスが上手く調和している車輛でした。ぼくの中では90年代後期を代表する名車です。
    当車輛はクラブSなので、メダリストに比べてややスポーツ風味なデザインですね。
    中身はR33スカイライン、外側は優雅で美しいアッパーミドルセダン!あぁ...(*´-`*)
    R33スカイラインと同じシャーシを採用しており、エンジンもあらゆる車輛に採用されていることから、流用の幅が広いのも魅力です。
    個人的に当時の車輛によくあるサラサラフカフカのシートもお気に入りです。廃車になった今でもリアシートだけは自宅で活用しています。最近の車のシートは苦手なんですよね。垢すりできるようなザラザラのメッシュ生地は特に。

    ・使い方は自由!
    ドリフトベースにするもよし!RB26に積み替えて直線番長になるもよし!高級志向を貫くもよし!フルノーマルなジェントルスタイルでイカしたスーツを身に纏ってワイングラスを片手にパーリィ会場に向かうもよし!サタデーナイトの繁華街でパツキン美女をナンパするもよし!自宅のリビングに飾ってオーケストラをBGMにデザインの美しさを嗜むもよし!車内で老後を過ごすのもよし!死後にMy棺桶にするのもよし!ホットドッグの移動販売をするもよし!ブローニングM2重機関銃を搭載して紛争地帯を駆け巡るもよし!宇宙船に改造して新たな惑星やハビタブルゾーンを探すのもよし!
    あらゆる用途で活躍できる素晴らしきマシンです!攻めるねぇ!日産!
    不満な点
    当車輛は4WDモデルなので、サードパーティパーツが非常に少ない(特に足回り)のが欠点です。サスペンションに至ってはマルチリンク式の為、流用できる兄弟車やドナーもあまりなく・・・。
    不満点は個人的にはそれくらいですかね。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする