現在位置: carview! > カタログ > 日産 > グロリアセダン > 口コミ・評価一覧 > 特別な思い入れで手に入れた車なので、現代...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『特別な思い入れで手に入れた車なので、現代...』の口コミ

  • 特別な思い入れで手に入れた車なので、現代...

    総合評価: 3.5

    投稿日:2006年8月3日

    投稿者:丸さん さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:日産 グロリアセダン
    グレード:ターボブロアム(3AT) 4ドア(4ドア_3AT) (1982年式)

    総評
    特別な思い入れで手に入れた車なので、現代の車と対比するのは適当ではないです。エンジン性能、燃費、静粛性、快適装備品などを比べるわけにはいきません。ただ、長い間の憧れと、現行の量産車にはない、「あの頃」のスピリット、技術者魂の誇りがあるように思います。月あたりの走行も少ないので燃費は意識するほどのものはありません。
    満足している点
    購入直後に別スレに投稿したのですが、グロリアセダンのカテゴリーがあったので、こちらに再投稿します。
     とにかくこの角ばった430が好きで、一度は乗りたいと思っていたところ、2月頃に発見し、3月納車になったものです。外見は古いですが、内装や機能的な面も年式の割には良好で、シートの背面には新車時のビニールが残っています。最新のナビとETCを装備し、タイヤを交換して約500km乗りましたがすこぶる快適で特に不満はないですね。
     FR車もターボ車も初めてで、フェンダーミラーや手で引くサイドブレーキも教習車以来で感覚が戻るまで戸惑いましたが、慣れれば問題ないですね。
    不満な点
    特に不満ではないですが、気づく点として、日産名機のL20型、それも国産乗用車初のターボエンジンですが、アイドル時の音は、今のVQエンジンなどと比べるとかなり大きいですね。オートマチックの変速ショックも強いように思います。
     ただ、エアコンの修理は難渋し、購入後、2回延べ2ヶ月ほど入院となり、焼き付きコンプレッサーの交換、何度も残り少ないR12を入れることになりました。とりあえず漏れる箇所がリヤエアコンにあることが、わかりましたので、とりあえずリヤへの配管を塞ぎフロントのみで稼働させています。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする