現在位置: carview! > 新車カタログ > 日産(NISSAN) > オーラ e-POWER > 2021年6月〜モデル

日産 オーラ e-POWER 2021年6月モデルの新車情報・カタログ

日産 オーラ e-POWER 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 93
  • 総合評価 4.5
  • ユーザーレビュー (詳細) 172
  • みんなの質問 (詳細) 4
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,045×1,735×1,505mm〜
4,125×1,735×1,525mm
燃料消費率 27.0〜33.0km/L(JC08モード走行)
22.7〜27.2km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 5名 排気量 1,198cc

carview!公式カタログ動画

チャプター

概要

■2021年6月
日産は、3ナンバーサイズのコンパクトカー「ノート オーラ」を2021年6月15日に発表、同年8月17日に販売を開始した。

車名の「オーラ」は、見る人を惹きつけ、所有する人に悦びを提供する唯一無二の存在になるという想いに由来する。内外装の細部に至るまで“上質”にこだわった造りを特徴とする、シリーズハイブリッド専用モデル。ボディサイズは全長4045㎜×全幅1735㎜×全高1525㎜、ホイールベース2580㎜。ベースとなった「ノート」に対して、40㎜ワイド化された全幅が目立つところ。

エクステリアは薄型化されたLEDヘッドランプ、シグネチャーLEDポジションランプ、新デザインのフロントグリルを装着。リヤは横一文字に点灯するLEDリヤコンビランプを採用した。ボディカラーは「ガーネットレッド/スーパーブラック」、「ミッドナイトブラック/サンライズカッパー」を含む2トーン5色、モノトーン9色の全14色を用意している。

インテリアの基本デザインはノートと共通になるが、インストロアとシフトまわりには高級感のある木目調フィニッシャーを採用。ドアトリムやフロントセンターアームレスト、インストルメントパネルにはツイード調織物を採用した。シートはクッション材を多用し、キルティングラインの向きで体の滑りを防ぐことにも配慮した本革シートと、ツイード調織物と合皮のコンビシートを用意している。

さらにルーフやドア、フロントドアのガラスなどに遮音対策を施すことで高い静粛性を確保。オーディオも運転席と助手席のヘッドレストにスピーカーを配したBOSEと共同開発の「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」をオプション設定とした。

発電用エンジンはノートと共通の最高出力60kW(82ps)/6000rpm、最大トルク103Nm/4800rpmを発生するHR12DE型。前輪を駆動するモーターは最高出力100kW(136ps)、最大トルク300Nmを発生し、ノートに対して出力アップが図られている。4WD向けの後輪モーターはノートと同じ最高出力50kW(68ps)、最大トルク100Nmを発生する。

先進安全装備はノートではオプションのインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援)、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)が標準装備。運転支援技術「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」はワイヤレス充電器とBOSEパーソナルプラスサウンドシステムなどとセットでオプションとなる。

■2021年8月
日産は「ノートオーラ」をベースとしたスポーティモデル「ノートオーラNISMO」を2021年8月17日に発表、同年秋の発売を予定している。

「ノートオーラ」をベースに、フォーミュラEからインスパイアされた「俊足の電動シティレーサー」をコンセプトに、NISMOの魂とこだわりを注ぎ込んだのが「ノートオーラNISMO」だ。

エクステリアはレースで培われた空力技術をベースに、NISMO専用に最適化されたエアロデザインを採用する。フロント下部にはNISMOのアイコンでもあるレッドアクセントの「レイヤード・ダブルウイング」のエアダム、リヤには専用形状化したルーフスポイラーを装着。さらに空力に配慮したサイドエアスプリッターを前後に装着。いずれもCd値を悪化させずにダウンフォースを稼ぐ、NISMOのロードカーに共通するデザイン手法である。

“NISMO”エンブレムは前後とも中央に配置したほか、フロントには新開発の超広角配光を実現した専用フォグランプを、リヤにはフォーミュラEをイメージしたLED7灯のリヤフォグランプを装着。さらにワイドリム化した17インチアルミホイール、2トーンのフードデカールを装備する。ボディサイズは全長4125㎜×全幅1735㎜×全高1505㎜、ホイールベース2580㎜。オーラに対して80㎜長く、20㎜低い設定となっている。ボディカラーは4色の2トーンを含む、全5色を用意する。

インテリアはダークトーン&レッドアクセントの色調を特徴とし、専用ファブリックと合皮のコンビネーションを採用したシートにはNISMOロゴの刺繍やレッド&グレーのコンビネーションステッチにより、スポーティな室内空間を演出。オプションでレカロ製スポーツシートの選択も可能。ステアリングはNISMO専用の本革・アルカンターラ巻きとなり、レッドセンターマークとレッドステッチにより、上質な感触とスポーティさを兼ね備えるものとした。12.3インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイにもレッドのパワーメーターなど、NISMO専用デザインが採用されている。

発電用のエンジンはオーラと共通のHR12DE型を搭載し、前輪を駆動するモーターは最高出力100kW(136ps)、最大トルク300Nmを発生する。スペックはオーラと変わらないが、NISMOらしく力強く伸びのある加速が味わえる「NISMO」モードを新たに設定。「ECO」、「ノーマル」モードについてもNISMO専用チューニングが施されている。

ボディは補剛パーツを追加することでボディ剛性を最適化。また、モノチューブ式リヤショックアブソーバーを新たに採用し、前後のサスペンションとショックアブソーバーを専用チューニングすることで操縦安定性と乗り心地の向上が図られた。タイヤはミシュラン パイロットスポーツ4を採用し、ベース車に対して質量はそのままにワイドリム化(6.5J→7J)したアルミホイールを装着した。

先進安全装備は充実しており、BSI(後側方衝突防止支援)、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)が標準装備。運転支援技術「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」はナビゲーションシステム、ステアリングスイッチ、ワイヤレス充電器などとセットで、メーカーオプションとして設定されている。


おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る オーラ e-POWER 2021年6月デビュー

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 オーラ e-POWER 2021年6月デビュー

ユーザーレビュー オーラ e-POWER

平均総合評価 4.5点(172件)
走行性能
4.5
乗り心地
4.1
燃費
3.7
デザイン
4.5
積載性
3.1
価格
3.3

ピックアップレビュー

  • 強力なトルクを活かすクルマ

    2022.8.7

    「こまてつ」 「こまてつ」さん

    グレード:ニスモ(1.2) 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    燃費
    4
    デザイン
    5
    積載性
    3
    価格
    4
    満足している点
    取り回しやすいコンパクトカーを強力なトルクで加速していく気持ちよさ。 そして外観がレーシングマシンのようでカッコいい!
    不満な点
    コンパクトゆえ、積載スペースが限られている。
    乗り心地
    強化されたサスペンションはショックを一発で収束させるのでグリップの抜けがほとんどありません。 人によってはゴツゴツするという感覚になると思いますが、これはそういうクルマです。

    続きを見る

  • しっかりした足まわりと内装の満足感

    2022.7.15

    37ちゃん 37ちゃんさん

    グレード:G FOUR レザーエディション_4WD(1.2) 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    燃費
    3
    デザイン
    5
    積載性
    3
    価格
    3
    満足している点
    ワンペダルの楽しさは体験しないとわからないかもしれません。 下り坂の不安感が全然違います。 関西の人ならわかるかもしれませんが、名阪国道の天理方面への下り坂で実感しました。
    不満な点
    悪路での乗り心地はなかなかです。
    乗り心地
    一般道の悪路では、ヒョコヒョコするかな。

    続きを見る

新着順レビュー

  • 早く来い!

    2022.8.8

    HIろっし HIろっしさん

    グレード:- 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    3

    走行性能
    1
    乗り心地
    1
    燃費
    1
    デザイン
    5
    積載性
    1
    価格
    3
    満足している点
    まだ納車されてない
    不満な点
    まだ納車されてない
    乗り心地
    -

    続きを見る

  • 上質で先進的なコンパクトカー

    2022.8.7

    たっぱ たっぱさん

    グレード:G(1.2) 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    燃費
    4
    デザイン
    5
    積載性
    4
    価格
    5
    満足している点
    運転しやすいし静粛性も高い。パワーも充分以上で先進機能も充実。
    不満な点
    HUDと後席のアームレスト(レザーパッケージ以外)がない。(年次改良ではレザーパッケージ以外でも内装グレーと後席アームレストが付くみたいですね)
    乗り心地
    -

    続きを見る

  • 強力なトルクを活かすクルマ

    2022.8.7

    「こまてつ」 「こまてつ」さん

    グレード:ニスモ(1.2) 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    燃費
    4
    デザイン
    5
    積載性
    3
    価格
    4
    満足している点
    取り回しやすいコンパクトカーを強力なトルクで加速していく気持ちよさ。 そして外観がレーシングマシンのようでカッコいい!
    不満な点
    コンパクトゆえ、積載スペースが限られている。
    乗り心地
    強化されたサスペンションはショックを一発で収束させるのでグリップの抜けがほとんどありません。 人によってはゴツゴツするという感覚になると思いますが、これはそういうクルマです。

    続きを見る

ユーザーレビュー一覧を見る

専門家レビュー オーラ e-POWER ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 世界でも十分通用する「小さくても質の高いモデル」

    2022.2.12

    山本 シンヤ
    山本 シンヤ
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    4
    年式
    2021年6月〜モデル
    満足している点
    日本では成功しなかった「小さな高級車」を実現した事。これまでのそれと根本的に違うのは“見せかけ”だけでなく“本質的”な部分まで上級化されていると言う所だ。「高品質な内外装」、「高機能な装備」、「ワンランク上の静粛性と走り」を備えられた、日本初の“真”のプレミアムコンパクトと言ってもいい。
    不満な点
    1つはノートにラインアップされているカスタマイズモデル「AUTECH」とコンセプトが若干被ってしまっている事。もう一つはインパネ周りのハードプラスチックの質感や電動シートが未設定、走りと快適性のバランスなど更なる「欲」が出てしまう事。この辺りはノートとの兼ね合いもあるが、より独自性を出してほしい。
    デザイン
    基本的なフォルムはノートと共通だが、日産の新ブラッグシップEVのアリアと共通イメージを強めた前後の専用デザイン、専用のワイドボディ、17インチの樹脂加飾付アルミホイールなどの採用で、先進感とプレステージ性をバランス良くプラス。個人的には「ノートオーラの方がオリジナルデザインか!?」と思ってしまうくらい整っている。

    続きを見る

  • 最も静かなBセグコンパクト

    2022.1.25

    栗原 祥光
    栗原 祥光
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    5
    走行性能
    4
    乗り心地
    2
    積載性
    2
    燃費
    3
    価格
    4
    年式
    2021年6月〜モデル
    満足している点
    コンパクトカー随一の静粛性。またBセグメントのコンパクトカーとしては後席が広いので、成人男性4名が乗っても窮屈さは感じづらい。
    不満な点
    ダッシュボードの映り込みが他のコンパクトカーと比べて多い。また太陽光の加減によっては、メーターパネルの液晶画面が見づらい時がある。
    デザイン
    新世代に移行する日産デザインのキーワードである「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を具現化した、近未来の印象を強く抱かせる先進的なエクステリア。ノートと比べてワイド化されたことで、よりその印象を強めている。コクピットも飛梁(とびばり)型のセンターコンソールに先進的なシフトレバーをレイアウトしたほか、大型ディスプレイを配置するなど、新世代のクルマという印象を強く抱かせる。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

みんなの質問 4 Yahoo!知恵袋で質問してみる オーラ e-POWER ※「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

みんなの質問の一覧を見る

所有者データ オーラ e-POWER

  • 人気のカラー

    1. 33.1%
    2. 16.8%
    3. グレー
      10.2%
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    24.6%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      36.4%
    2. 近畿地方
      15.3%
    3. 東海地方
      10.6%
  • 男女比

    男性
    94.0%
    女性
    4.9%
    その他
    0.9%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング オーラ e-POWER

中古車相場 オーラ e-POWER

日産 オーラ e-POWER
平均価格 325.4万円
平均走行距離 3,151km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 オーラ e-POWER

オーラ e-POWERを見た人はこんな車と比較しています

日産を見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/
グレード:
ニスモ(1.2)
/