現在位置: > > > > > スーパースタイリングカーというべきで...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『スーパースタイリングカーというべきです。 光岡は実は地元のメーカーです。私個人は自動車製造メーカーと呼ぶのはまだまだその域ではないと思っています。せい』の口コミ

  • スーパースタイリングカーというべきです。 光岡は実は地元のメーカーです。私個人は自動車製造メーカーと呼ぶのはまだまだその域ではないと思っています。せい

    総合評価:10点満点中4点

    投稿日:2010年6月8日

    投稿者:-

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:光岡自動車 オロチ
    グレード:3.3(AT) (2006年式)

    総評
    スーパースタイリングカーというべきです。
    光岡は実は地元のメーカーです。私個人は自動車製造メーカーと呼ぶのはまだまだその域ではないと思っています。せいぜい、カスタムカーメーカーという呼び名がふさわしいかと。
    地元なこともあり、販売前に市街地でのテスト走行をしてるいるところを偶然見ました。まさにオーラだけでいえば、他を圧倒しています。フェラーリに勝るとも劣らないと言えます。ポルシェが普通の車扱いされるくらいにオーラだけはすごい。
    この車に走りを求めるのは間違ってるとは言いませんが、ダメですね。本当ならNSXのC32Bが搭載予定でしたが、排ガス規制のためNSXが生産中止となるためメーカーより断られたようです。C32Bが乗っていればまた違う評価だったことでしょう。それにしてもなぜに頼によってハリアーの3.3Lにしたのか謎です。想定していた排気量のエンジンがこれしかなかったのかもしれないですが・・・。値下げするくらいなら、クラウンなどに積んでいる3.5Lを搭載すれば良いと思う。ただ、光岡も赤字覚悟で販売したので、減価償却まで出来るとは思っていなかったのかもしれません。
    オロチはまさに寄せ集めカー。ほとんどのパーツが他車流用です。その分、信頼性は高いのでしょうが・・・。ブレーキもレジェンドです。外観もFRPでなければこの価格でこのデザインを弱小メーカーが作る事は出来なかったはず。それに金属ではこの造形はきびしいでしょう。ただ、他の方が書いてましたが、あのボンネットのエアダクトが飾りとは知りませんでした。ボディも鉄パイプフレームですが、一応衝突安全試験はパスしているので、それなりの信頼性はあると見ていいと思います。地元の空き地に衝突安全テストのなれの果てのオロチが廃棄されてます。
    走りを求めず、目立ちたいという方にはフェラーリより安い値段で手に入りますので良いのでは?
    部品等も国産車の物を使用しているので修理やメンテもフェラーリよりかなり安くすみます。
    満足している点
    ・まさにこのスタイリングだけが長所
    ・光岡が自社で開発した部品がほとんどないので、個々の部品の信頼性はある。また、その恩恵で修理やメンテ代は外車よりリーズナブル
    不満な点
    ・見た目負けしすぎのエンジン。NSXのC32Bが搭載されていれば満足できたことでしょう。ただ、その場合、4速ATor6MTだったことでしょう。今なら、クラウンの3.5Lに変更してATも6速を流用すれば、多少は満足できるレベルになると思う。
    ・ドアウィンドウが開かない。
    ・スタイリングカーならばもっとホイールも頑張ってほしい。地元にBBS(ワシマイヤー)があるのだから、専用サイズの19インチでも作ってもらえばいいのに。
    ○最後に
    自動車製造メーカーとは言えない光岡が頑張って作った車です。儲けるためではなく、自社の意気込みを示したものです。その点は評価しても良いと思う。そのため、普段使用するには非常に短所だらけで、お世辞も使い勝手が良いとは言えませんが、人の注目を浴びるがのが好きな人には、それなりのペースでドライブを楽しめるベストな車とも言えないでしょうか?ただ、スペック至上主義な車好きからは馬鹿にされてしまいますが、私のように光岡を見ていればあの見た目だけで十分とは言いませんが、まぁまぁ満足できます。やはり、エンジンはクラウンアスリートの3.5Lへの変更をしてもらいたいものです。
    今後、光岡もちゃんとしたシャーシを設計して、このような車を作れるようになれば立派なメーカーとなれると思っています。地元だけに応援したいです。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする