現在位置: > > > > 1998年9月〜モデル

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

プレミアムコンパクトかくあるべし。新型Audi A1 Sportbackの全方位進化に驚いた

マイカー登録はこちら

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

pitte

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    1324
  • カタログ燃費
    - km/L

三菱 ストラーダの概要

外観をリフレッシュ

ヘッドライトとフロントグリルのデザインを変更。ボディカラーは2トーンの2タイプに集約。室内はステアリングとシート地を変更。助手席エアバッグ追加やエンジン吸気音低減なども行った。(1998.9)

タイからの輸入モデルとなった

三菱自動車のタイ現地法人MSCが製造するピックアップトラック。エクステリアは全体的に角が取れ、より丸みを帯びた滑らかなスタイルに変化。初代同様ダブルキャブのみのボディにはインタークーラー化した2.5Lのディーゼルターボエンジンを搭載。サスペンションは従来どおりだが、4WDシステムは走行中でも2WDと4WDを切り替えられるイージーセレクト式に変更し、さらに機動力をアップさせた。ミッションは5MT/4AT。1グレード設定でフルオートエアコン、集中ドアロック、ABS、運転席エアバッグ、ハイブリッドLSDなどが標準装備される。(1997.6)

三菱 ストラーダ 1998年9月マイナーチェンジ グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 2.5 ディーゼルターボ 4WD(MT) 2.5 ディーゼルターボ 4WD(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 241.3万円(税抜) 254.8万円(税抜)
基本情報 発売年月 1998年9月 1998年9月
駆動方式 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動)
車両形式 KC-K74T KC-K74T
トランスミッション 5MT 4AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4920×1775×1800mm 4920×1775×1800mm
車両重量 1770kg 1780kg
乗車定員 5名 5名
タイヤ(前輪) 3X10.5R15 3X10.5R15
タイヤ(後輪) 3X10.5R15 3X10.5R15
エンジン 過給器 ターボ ターボ
総排気量 2476cc 2476cc
使用燃料 軽油 軽油
燃料タンク容量 75L 75L
性能 燃費(10.15モード) - -
燃費(JC08モード) - -
燃費(WLTCモード) - -
最高出力(ps(kw)/rpm) 105(-)/4200 105(-)/4200
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 24.5(−)/2000 24.5(−)/2000
最小回転半径 6.4m 6.4m

三菱 ストラーダ 口コミ

2.5
  • ワイルドルック、乗り心地もワイルドすぎる
    投稿日: 2018年1月21日 総合評価: 1.0

    メーカー・モデル: 三菱 ストラーダ

    グレード: L200 2.5ディーゼルターボ 2004年式 乗車形式: マイカー

    スタイルが良く、4枚ドア(ダブルキャブ)、、これだけで購入しました。どこでも走れる、すれ違いなどは対向車がきっちり避けてくれるなどは気に入っていたのですが、乗り心地が悪く、うるさい。仕事でトラックが必要だけど乗用車とトラック2台の所有は無理。そんな際の最終選択かなと思います。音楽関係の友人からPVに使いたいから貸してくれないかとも連絡もありました。そのくらいワイルドな感じが伝わってくる車です。

    続きを見る
  • 最大積載量夢いっぱい 乗用車であり、たまにトラックという自分の使い方がベストマッチだった。 年式や走行距離によるガタつきがやはり気になるところだがエン
    投稿日: 2010年1月12日 総合評価: 2.0

    メーカー・モデル: 三菱 ストラーダ

    グレード: 2.5 R ディーゼルターボ 4WD(MT) 1993年式 乗車形式: マイカー

    最大積載量夢いっぱい 乗用車であり、たまにトラックという自分の使い方がベストマッチだった。 年式や走行距離によるガタつきがやはり気になるところだがエンジンの調子は全く問題なく18万キロまできた。 家族が5人以上に増えたりしない限り全く手放す気は無いです。

    続きを見る
  • 珍車 4人乗れて、山岳地の雪道でも支障がなく、薪などの大きな荷物がのせれる車として、国産ダブルキャブの中では貨物部分が一番大きいコレを95年に新車で購
    投稿日: 2009年11月7日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: 三菱 ストラーダ

    グレード: 2.5 R ディーゼルターボ 4WD(MT) 1993年式 乗車形式: マイカー

    珍車 4人乗れて、山岳地の雪道でも支障がなく、薪などの大きな荷物がのせれる車として、国産ダブルキャブの中では貨物部分が一番大きいコレを95年に新車で購入。 昔のアメリカントラックの様なカクカクゴツゴツした今の日本車にはないデザインが個人的には好き。また三菱がパリ・ダカに参戦していた事や、知名度が低く周りでは誰も乗っていない珍車である事も購入理由。 アジア・ヨーロッパ等の海外では「L200」と言う車名でロングセラーらしく、バリエーションも豊富で、イタリア旅行の際、田舎町でコレに遭遇したのには正直ビックリw 短所ばかりだがタフな事は確かであり、購入後1年車検のみで09年現在18万キロ。目指すは20万キロですw

    続きを見る
  • スタイルで買いました 平成9年に平成5年式を135万円で購入、走行距離33000km。現在210000km走破。買った当初は燃費は約10kmであったが
    投稿日: 2007年7月9日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: 三菱 ストラーダ

    グレード: 2.5 R ディーゼルターボ 4WD(MT) 1993年式 乗車形式: マイカー

    スタイルで買いました 平成9年に平成5年式を135万円で購入、走行距離33000km。現在210000km走破。買った当初は燃費は約10kmであったが、最近おとなしくなった走りと高いオイルを入れているため燃費は12kmと良好。軽トラを日常の足に使っていたのだが、いかんせん2シーターというのは不便だったので荷物が積めて人が5人乗れてスタイルも結構格好いいWキャブのピックアップということで探したのがこのクルマ。選択肢では一番が嫌いなのでトヨタはNO、プロシードはディーゼルがなかったのでNO、ダットかストラーダか、でスタイルに品がないゴテゴテ趣味のストラーダにした。この品のない存在感に逆に魅力を感じた訳だ。ヨーロッパでも結構売れたらしく、あの自動車評論家の光本氏も一時所有していたようだ。初めて試乗したときはなんと乗りにくい車なんだと思ったものだったが、少しは慣れたとはいえそれは今も変わらない。徐々に同じクルマを見る事が少なくなり希少性という点では群を抜くかもしれない。時には人も乗れて、時には農作業にも使えて、時には引越しにも、川で泳いだ犬を乗っけることだって、漬物の樽の水がこぼれたって水で洗えばへっちゃら。こんなオールマイティーなピックアップを日本の人はなんでもっと乗らないんだろう。タイでは日本製のピックアップがたくさんラインナップされてるようです。もっとピックアップに乗りましょう。

    続きを見る

三菱 ストラーダの口コミ・評価をもっと見る(5件)

三菱 ストラーダ みんなの質問

三菱 ストラーダのみんなの質問をもっと見る(16件)

三菱 ストラーダ 1998年9月マイナーチェンジ 中古車アクセスランキング

三菱 ストラーダ 中古車相場推移表

三菱 ストラーダ
平均価格 128万円
平均走行距離 173,000km

平均値を表示しています

ストラーダを見た人はこんな車と比較しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー