『今こそ、パジェロ!』 三菱 パジェロ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > 三菱 > パジェロ > 口コミ・評価一覧 > 今こそ、パジェロ!

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『今こそ、パジェロ!』の口コミ

  • 今こそ、パジェロ!

    総合評価: 5.0

    投稿日:2017年3月25日

    投稿者:たーさー さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:三菱 パジェロ
    グレード:ロングSUPER EXCEED_4WD(AT_3.8) (2006年式)

    総評
    これまでのパジェロを集大成したモデル。


    よく、ランドクルーザー・プラドと比較されてしまうが、唯のクロカン四駆ではなく「どんな天候でも、どこにでも、スピーディ・スムーズ・安全で、家族で安心して行って帰ってこれる丈夫なステーションワゴン」として考えれば、とても希少な国産車。


    誰が見てもパジェロらしく、今もクリーンディーゼルの搭載など真面目に進化し好感度は高い。


    バブル時代に栄華をきわめたモデルだけに、メーカーのイメージと重ね、ロング・ライフモデルもあってつい衰退のイメージを思ってしまうが、今の状況が本来のパジェロのあるべき姿である。
    三菱自動車の厳しい状況を差し置いても無用なモデルチェンジをしないことも良い。


    家族持ちには、便利なミニバンも結構だと思うが、大人の嗜みとして、家族の運転手だけでは無いオヤジの威厳として、家族を守る道具として、タフな相棒“パジェロ”という選択肢、有りだと思う。
    満足している点
    現行4代目の最初期モデル。

    3代目からのキャリーオーバーパーツなどもあり、ビックマイナーとも取れるフルモデルチェンジながら、スポット溶接増加による高いボディ剛性、6G75MIVECのエンジンのトップエンドまでのリニアな回転とスムーズなパワー、前後33:67の不等トルク配分他が自分で切替可能なスーパーセレクト4WDII、フロント対向4ポッドのブレーキシステム等によって、フワフワ感が無く直進性も良好で、高い安心感でしっとり穏やかに気持ち良く走れるところ。

    駆動力と走破性は高いと思われる。

    寒冷地での使用を考慮した対策装備のほか、ワイパーヒーター、シートヒーター、リアフォグなどが充実しているところ。

    インテリアに関しては、ブラックもあるが、マイカーはベージュ本革なので車内がとても明るく、シートレイアウトに関してはSUVには珍しくセカンドシートがフルフラットになるところ。

    セカンドシートは必要にして充分なスペース。

    サードシートは実用性が乏しいが、常時定員で乗ることはないので、充分。むしろ場面に応じて、格納と脱着できることが空間の有効活用になる。

    エクステリアは、キャッツアイデザインのヘッドライトや、今時ながら背面タイヤを含めたアングルがお気に入り。
    不満な点
    インテリアの質感は、全体的にプラスチック類の質感や、ドアグリップなど手に触る箇所の質感も今ひとつで、車格不相応。

    また、グローブボックスがかなり迫り出しているぶん、助手席の膝周りが意外と窮屈。

    ロックフォードに関しては音源によるが、音場設定がビシッと決めづらい。

    販売台数が伸びないのはわかるが、年式が新しいごとに、ボディ色やインナーパネル色の減少などの細かい箇所のコストダウンも気になるところ。

    紺ボディにイタリアクラフトのタンレザーなどを誂えた仕様、アルカンターラシート仕様、かつてのZXのようなウレタンバンパーにビニールシートのシンプル低価格仕様など季節特別仕様車があっても良い。

    安全性に関してもデュアルカメラ自動ブレーキ、リアビークルモニタリングミラー等三菱らしい電子装備を早々に装着してほしい。

    燃費に関しては、決して誉められたものではないが、このサイズのSUVレベルとして考えれば妥当。高速道路では、カタログ値を軽く超える。

    クリーンディーゼルがとても羨ましい。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする