『静粛性があり4輪駆動と経済性を両立した唯一の車』 三菱 アウトランダーPHEV の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > 三菱 > アウトランダーPHEV > 口コミ・評価一覧 > 静粛性があり4輪駆動と経済性を両立した唯一の車

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『静粛性があり4輪駆動と経済性を両立した唯一の車』の口コミ

  • 静粛性があり4輪駆動と経済性を両立した唯一の車

    総合評価: 5.0

    投稿日:2020年5月17日

    投稿者:北のGG さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:三菱 アウトランダーPHEV
    グレード:G_4WD(2.4) (2019年式)

    総評
    新型コロナの外出自粛のため時間があるのでコメントさせていただきました。6年14万キロ乗ってもエンジン振動やビビリ音など劣化を感じさせないことに感心させれますし、あらためて購入して良かったと感じています。重厚な乗りごごちを長年楽しめる、4輪駆動で安心して運転できる、燃費の良さ、一見矛盾するこれらのことを両立させる唯一無二の車と思います。三菱さんには購入金額を高くすることなく作り続けてほしいですね。
    満足している点
    34万キロ乗った愛車(トヨタのセダン)がエンジントラブルで廃車となり、高静粛性、4輪駆動、燃費優秀を最低条件とし各社のデイラーで試乗しまくりたどり着いたのが全く念頭になかったPHEV。2014年型から2019年型と乗り継ぎ6年乗っていますが選択は間違いでなっかたと確信しました。荷台がフラットで車中泊が楽に出来、AC100Vも使用可能で趣味(釣り、星景写真等)の範囲が広がった点も満足しています。
    不満な点
    メーカーの改良の参考になれば思いいくつか細かい点を挙げると①運転席から見て左折時左側前方が見にくい②操作ボタンの配置を視認しやすいように配置を考慮する③アームレストが低い④グローブボックス、フューエルリッドの開閉が安っぽい⑤ダッシュボードがプラスチッキーでかつ掃除しにくい素材(傷がつきやすい)⑥車体側付属の後席シードベルト未使用時のホルダーがすぐ外れる。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする