現在位置: > > > > > 精悍 な ダイナミックシールドフェイス ...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『精悍 な ダイナミックシールドフェイス で カッコよくなったものの ・・・・』の口コミ

  • 精悍 な ダイナミックシールドフェイス で カッコよくなったものの ・・・・

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年12月28日

    投稿者:アクア ASX Ralliart さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:三菱 RVR
    グレード:G_4WD(CVT_1.8) (2019年式)

    総評
    登場 以来 10年 が 経過 し フルモデルチェンジ に 近いような フェイスリフト で

    精悍 な ダイナミックシールドフェイス で より 一層 カッコよくなりました。


    しかしながら 街中 では 全く 遭遇 しない 事 から

    日本市場 では 相変わらず 不人気モデル の ようです。


    海外市場 では フェイスリフト後 これまで 以上 に

    評価 も 高まって 根強い 人気 を 誇る 三菱自動車 の グローバルモデル です。


    4WD 悪路走破性能 に 関しては モデル 自体 古くなっても

    ライバルモデル には 負けない 実力 を 持つ クルマ です。


    登場以来 10年 を 経過 し ますます 熟成 され

    信頼性 と 安心感 を 持って 乗る 事 が 出来る と 思います。


    軽快 な フットワーク の 乗り味 ・ しっかり と した ボディー剛性 など 好印象 ですが

    欲 を 言えば 内装 を 意匠変更 し

    パワーユニット を 換装 していれば 日本市場 でも 評価 され

    もっと 魅力 の ある マイナーチェンジ に なったのではないか と 思われます。


    満足している点
    最新 の ダイナミックシールドフェイス に フェイスリフト され

    一層 三菱車 らしい 精悍 な 顔つき に なった エクステリア。


    高め の 最低地上高 と 電子制御 4WD 搭載 で 過酷 な 雪道 でも 難なく 走る

    抜群 の 悪路走破性能。


    しっかり と した ボディー剛性 。


    取り回し の 良さ。


    コンパクト SUV ながら 広く 取られた ラゲッジスペース。


    コーナリング でも ロール しない しっかり と した 適度 に 固められた 足回り で

    軽快な フットワーク。


    不満な点
    パワーユニット が キャリーオーバー で 加速 が イマイチ 伸びませんが

    普通 に 走る分 には 特に 不満 は ありません。


    エクリプス クロス に 搭載 される ターボエンジン が 搭載 されたら

    魅力 が UP する と 思うのですが ・・・・


    相変わらず リクライニング しない リアシート。


    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)