『今、スポーツカー好きも減ったと思いますが、(結婚等で高...』 三菱 ランサーエボリューション のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > 三菱 > ランサーエボリューション > みんなの質問 > 今、スポーツカー好きも減ったと思いますが、(...

『今、スポーツカー好きも減ったと思いますが、(...』:三菱 ランサーエボリューション

解決済み今、スポーツカー好きも減ったと思いますが、(結婚等で高級ワゴンを買う羽目に・・・真実は分かりませんが・・・)(それか、経済性を考えてエコカーにする羽目に・・・真実は分かりませんが・・・)

今、スポーツカー好きも減ったと思いますが、(結婚等で高級ワゴンを買う羽目に・・・真実は分かりませんが・・・)(それか、経済性を考えてエコカーにする羽目に・・・真実は分かりませんが・・・)10年以上前に、BEST MOTOingというビデオで、国産激速軍団(といっても280psですが、)当時の車の車種を下記に挙げると

(サーキット・コース)富士スピードウェイ 90’s

・トヨタ(スープラ RZ(JZA80))不参加
・マツダ(RX-7 RZ(FD3S))参加
・ホンダ(NSX TypeS Zero(NA1))参加
・三菱 (ランサー・エボリューションⅥ トミー・マキネン仕様?(CP9A))参加
・日産(スカイラインGT-R スペックV(R34))参加

前置きが長くなりましたが、

※今現在、Yahoo!で「カーセンサーラボnet」で、中古車検索すると分かりますが、(発売時期検索なので、分からない方はwiki等で調べてください。)

・ホンダ(NSX(NA1))は、国内初のアルミボディーなので、(しかも、今でもリフレッシュ・プラン半年待ち)なので、今でも値段が高いと言うのは分かりますが、日産のスカイラインGT-R(R34)が今でも値段が高い意味が分かりません。

※ただ
BEST MOTOing別冊のDVD「Hot Version」で、R34の値段が今でも高い理由としてGT-Rチューナーの方が言ってましたが、「R35は、乗らされている感があると言ってました。」それはあるかもしれません。しかし、リフレッシュ・プランはないし、部品在庫の関係もあるのに、いまだに高いという意味が分かりません。社外品または、ニスモの部品生産はつづいているのでしょうか。その理由をどなたか教えてくれませんでしょうか。よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

中古車は全て需要と供給という市場の法則で
値段が決定します。

欲しいという人が多くて数が少なければ値上がりし,
欲しいという人が少なくて数が多ければ値下がりします。

R34は,最後のスカイラインGT-Rでした。
R35は,スカイラインで無いGT-Rです。
R35は,自分でチューンすることを拒否している車です。
いじる楽しみがありません。
そもそも1千万クラスの車を買える人は限られています。

R34は年代物の中古車としてみれば高いですが,
R35よりは遥かに安く手に入れることが出来,
しかも,いじる楽しみが残っています。

R34は,最新のスカイラインGT-Rなのです。
しかも,当時は,まだまだR32ばかりが流行っていて,
R34は思ったほど数が出ませんでした。
そのことが,球数の少なさにもつながっています。

数が少なく,年式が新しく,いじる楽しみが残ったGT-R。
欲しいと思う人がいるほど,市場原理が働いて,
依然として値段が高いのも仕方ありません。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。