現在位置: carview! > カタログ > 三菱 > ランサーセディアワゴン > みんなの質問 > 燃料添加剤GA-01について

『燃料添加剤GA-01について』:三菱 ランサーセディアワゴン

解決済み燃料添加剤GA-01について

燃料添加剤GA-01について愛車のランサーセディアワゴン(走行距離11万5千キロ)に最近ノッキングの症状がでるようになりました。ディーラーにみてもらったところ最初は三菱のマークが書いてある添加剤(三菱純正?)を頂いたのですが効果がなく再度連絡したところGA-01という添加剤を進められました。そこで早速入れようと思ったのですが添加剤のHPには『ガソリン用添加剤』と書いてあります。しかし、私の車はハイオク車です。ハイオクも一応ガソリンなので大丈夫かと思いましたが心配なので質問させていただきました。ご回答よろしくお願いいたします。また、ガソリン専用なのであれば入れるなら、今ある燃料を使い切りその後ガソリン給油後に入れればいいのでしょうか?ご回答よろしくお願いいたします。

補足
上記質問には関係ありませんがノッキングについては3カ所のディーラーから『燃焼室付近にたまっている炭素が原因』という同じような回答がありました。そこで今まで入れたことはなかったのですが、今回添加剤を入れようと思っております。

ベストアンサーに選ばれた回答

ビールの種類に、ラガーとかピルスナーとかってあるでしょ? ガソリンって、粗製ガソリン(ナフサ)、ホワイトガソリン(無添加)、レギュラーガソリン、ハイオクガソリンってあるんですよ。

んでGA-01はPEA系の添加剤。ガソリンと一緒に燃えると付近のカーボンも一緒に燃やしてくれる優れものです。燃焼室には基本的にエンジンオイルが存在していませんから、こういった添加剤が効果的です。添加方法は、燃料計が半分以下になったら、添加剤を入れてすぐにハイオクを満タンにして走ります。

出来れば薄い状態の方が効果が出やすく、GDIの場合はECOランプとかの希薄燃焼中を出来るだけ保つように走ってください。なので可能であれば、ついでに遠くの花見に高速道路でお出かけるとかが良いですよ。

これでも効果が無い場合は、エンジンコンディショナーを使います。これは点火プラグを外して直接そこにアルカリのムースを吹き込んでカーボンを溶かします。またGDIとか直噴系のエンジンだと、吸気バルブの清掃が出来ませんので、インマニへの注入もオススメします(これは作業的にはハードルが高いかも?)。

それとノッキングが起こる原因は他にもありますが、まずはこの辺り。それと安物のハイオクでは無く、エネオスヴィーゴ(これもPEA系添加剤が入ってると噂されてる)、あるいはシェルピューラ(これは洗浄効果の高いトルエンがたっぷり入ってます)の給油も検討ください。

回答一覧

3件中 1~3件
  • 車は大きく分けてガソリン車、ディーゼル(軽油)車、プロパン車などがあります。
    ハイオクもガソリンなんです。変な誤解しないように。

  • まあ燃焼室周りに付着したカーボンにはPEA配合のガソリン添加剤が有用なのは確かです。
    ただ、11.5万くらいでノッキングが発生するってエンジン側の問題でしょうね。そういうメカニカルトラブルを添加剤で解決させようとするディーラーも滑稽ですwww

  • ハイオクだろうがレギュラーだろうがガソリン用はガソリン用です、問題無いです。
    それよりも10万キロ超でノッキングが出てしまうって事が問題かと。
    GDIエンジンは失敗作なのかな?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。