現在位置: > > > > > D:5はやっぱりD:5。他に代わるものなし。

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『D:5はやっぱりD:5。他に代わるものなし。』の口コミ

  • D:5はやっぱりD:5。他に代わるものなし。

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年7月7日

    投稿者:はーちゃん@みんカラ さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:三菱 デリカD:5
    グレード:P_8人乗り(ディーゼル)_4WD(AT_2.3) (2018年式)

    総評
    前のD:5 パワーパッケージが2回目の車検を迎える直前で乗り換えました。前のD:5も相当気に入っていて、今回の大規模MCが無ければ車検を通して最低10万キロは乗るつもりでしたが、試乗して考えが変わりました。
    エンジンの改良と8AT化、これだけで買い替える理由になったのと、あとは各種安全装備がようやく実装されたことが決定的でした。背中を押したのは前車D:5の下取査定が想像以上に良かったのと、この先のカーライフを考えた場合新車でこの価格帯のクルマを購入するのは最後になるかもしれなかったから。
    私の場合ミニバンとしてよりも写真撮影遠征の道具として車が必要なので、そのような目的であればハイエースとかもっと他の選択肢もあるのですが、ある程度クルマ好きの趣味趣向を満足させ、普段使いでももて余さないサイズで、機材(フル装備だと総重量は100kgを超える荷物)を満載した状態で快適な車中泊も可能、悪天候や悪路でも安心できる車種となると、やはりデリカしかありませんでした。前の車を車検を通して乗り続けてもよかったのですが、パワートレインが一新され、待望のACCが実装されただけでも買い替えの大きな動機になりました。正直、見た目はどっちでも、なんでも良かった感じです。世間ではいろいろ言われているようですが、カタチ、デザインはどうでも良かった。デリカD:5の中身が刷新されただけで充分満足です。
    しかし、「不満な点」にあげたように、「前照灯が白色LEDのみであること、吹雪で視界を失いそうなデザインのヘッドランプ」は大いに不満で、フォグをユニットごと交換できないか、もしくは後付けでイエローバルブのフォグを装着するか迷っています。アウトドア性能に拘るとメーカー自身もカタログで謳っていますが、このへんがどうもチグハグで見た目優先になったようで少し残念。いっぽう、車内の赤いアンビエントランプは良く解っているなぁと思わず膝を打ちました。
    悪路走破性はメーカーが言うように従来同等以上の性能は確保されていると思います。悪路走破性も結構ですが、それより「悪天候でも安心してドライブでき、確実に帰ってこられる」性能が重要と思います。
    乗ると最初はあまりの変わりように驚きますが、基本的な骨格、プラットフォームはデリカD:5そのものであり、私の場合今のところ3か月で3500km程度(ペース遅い)ですが、これはやっぱりデリカD:5なのだと納得してしまいます。基本的に2007年にデビューしたときから大きく変わっておらず、今の不満点を解消するにはFMCを待つしかないかもしれません。

    このD:5に足りないモノ
    ・同一車線保持補助装置
    ・吹雪でも視界を確保できる白くない前照灯
    ・各種安全装備、もっと洗練を
    この3つがあれば星5つです。
    満足している点
    ・改良されたエンジンと8AT。パドルシフトの使用頻度減少(よく効くエンブレ)。
    ・改良された静粛性。ルーフからの熱や雨音もMC前より改善されている。
    ・乗り心地、ハンドリング。MC前デリカでは峠のクネクネした道でストレスを抱えていましたが、今度のはストレスなし。
    ・カタログ値以上の実燃費。
    ・ようやく実装された安全装備(それでも不満有)。
    ・モダナイズされたインパネ。
    ・車内の赤いアンビエントライト(良く解ってる感)。
    ・改良されたワイパーブレードの形状。
    ・MC前同様、絶妙なサイズ感。
    ・乗り慣れてくると、やはりデリカ。他に代わりがない唯一無二の存在。
    不満な点
    ・アウトドア性能に拘るといいながら、前照灯が全部白色LEDなこと。悪天候時の視界確保よりも見た目のウケを狙ったのか。せめてフォグランプはハロゲンを選択できるようにしてほしかった。
    ・冬、吹雪の中走行するとあっという間に雪に埋もれてしまいそうなヘッドライドのデザイン。ヘッドライトウォッシャーとか、レンズも樹脂じゃなくガラス化して熱線とか要るんじゃ?雪が降る夜道のテストはしたのか?そもそもこのLEDヘッドライト、あまり明るいとは感じない。
    ・インパネのエアコン吹き出し口の角度調整の幅の狭さ。特にナビの両サイド。
    ・前方の遮音性は高まっているが、サイド(ドア側)からの音はそれほど良くなっていない点。
    ・アイドリングストップからの再始動時、一瞬前方にガックンと押し出されるショックがあること。
    ・オートホールドから発進する際、アクセル操作を緩やかにしてもクンっと飛び出す感覚。
    ・ディーラーOPの10.1インチナビが期待値未満。画面は大きく見やすく、レスポンスも悪くないが画面分割は2画面表示もできるようにしてほしい、もっといえば画面分割を任意の位置で固定できるようにしてほしかった。オートリルートのタイミングや渋滞回避予測は以前使っていた5年前のサイバーナビに劣る。交差点での進路表示がナビ誘導中しか表示されない。社外品の大画面ナビにも柔軟に対応できる設計はできなかったのか。
    ・レーンキープアシストが警告のみで、車線保持機能が無いこと。次の改良で実装されるか?
    ・FCMの効果を実感出来ない(機能しているのか、していないのか不明。普段から警告が出ない安全運転をしているから?)。
    ・ACCは便利で燃費にも貢献、高速道路でイライラせず走行車線をのんびり走るのが苦痛でなくなったが、前走車がいなくなってからの加速はもう少しマイルドにできないか。
    ・相変わらず中途半端な位置にある後席マニュアルクーラーのコントロールスイッチ。
    ・相変わらずの旧態依然なセンターコンソール。車内収納スペースの少なさ。
    ・シートの掛け心地。悪くないのだが、「ヘリノックス」のチェアのような「張り」を感じ、突っ張った掛け心地でリラックスできない。長時間運転していると太もも裏側の筋肉が疲れる。短い座面のため膝が疲労する(当方、身長184cm)。
    ・純正スピーカーの音質、クラクションがプア。
    ・斜め前方はAピラーの死角が相変わらず大きい。
    ・ステアリングホイールにテレスコが装備されない。
    ・アクセルペダルの左右の間隔が狭い。
    ・純正サブバッテリーが廃止されたこと(社外品の装着を悩み中)。
    ・車内の樹脂パネルの質感、爪が触れただけですぐキズが付くヤワさ(相変わらず)。

    ・一部パーツがMOBIS製なこと。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)