現在位置: > > > > > 「男がピカピカの気障でいられた」とい...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『「男がピカピカの気障でいられた」という沢...』の口コミ

  • 「男がピカピカの気障でいられた」という沢...

    総合評価:10点満点中7点

    投稿日:2007年3月7日

    投稿者:ワンハンド・バックブリーカー さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:メルセデス・ベンツ ミディアムクラスワゴン/Tシリーズ
    グレード:300TE_4MATIC_LHD_4WD(AT_3.0) (1992年式)

    総評
    「男がピカピカの気障でいられた」という沢田研二の曲の歌詞があるが、W124ベンツは「ベンツがピカピカのベンツでいられた」時代の良さを思い出させてくれる。ただし、維持費の高さ・思わぬ故障の生じる頻度などが、国産車と同じであるわけはない。外国車を所有するということはそういうことであろう。
    満足している点
    今のメルセデスと違って、変に日本車のデザインなどに媚びた感じがなく、ベンツの王道を歩むような堂々としたデザインに好感が持てる。ブランド名が一切書かれていない標準装備のシートは実はRECARO製で、これが素晴らしい「無印良品」である。乗り心地も良い。全幅も1740mmに留められているため、路地を走る上でも使いやすい。カーゴスペースも広い。バブル華やかなりし頃、銀座に各種・各色のW124ベンツが停まっていたが、その光景はとてもリッチな感じがして、「絵になるもの」であった。
    不満な点
    エアコン・電動シート・ストップランプなどは1回ずつ壊れた。はじめは乗り心地が素晴らしかったが、タイヤを標準装備のミシュランMXVからユニロイヤルの安物に変えたら乗り心地がかなり悪くなった。要するに、300TEの快適性の大部分はミシュランタイヤに依存していることがわかった。購入してから7年程度過ぎると車検代が非常に高くなる。前回の車検では68万円もかかった。カーゴスペースに積んだ荷物を隠すためのブラインドの装着方式があまりにも前近代的かつ幼稚である。燃費もはじめは7km/L台であったが10年経過すると5km/L台まで悪化した。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)