メルセデス・ベンツ GLSクラス 2016年4月モデルの新車情報・カタログ

メルセデス・ベンツ GLSクラス 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

538.0 万円 848.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

1113.0 万円 1561.0 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 697
  • 総合評価 4.8
  • ユーザーレビュー (詳細) 8
  • みんなの質問 (詳細) 5
車体寸法
(全長×全幅×全高)
5,130×1,935×1,850mm〜
5,140×1,980×1,850mm
燃料消費率 8.2〜11.3km/L(JC08モード走行)
乗車定員 7名 排気量 2,987〜4,663cc

概要

■2016年4月
メルセデス・ベンツは最上級SUVの「GL」を「GLS」に刷新し、2016年4月27日に発売開始した。

最新のメルセデスデザインを盛り込んだ、最上級SUVに相応しいエクステリア。2本のルーバーと大口化したエアインテークなど、特徴的なAMGデザインを採用したフロントグリル、随所にクロームルックのエクステリアパーツを採用するなど、スポーティかつダイナミックな仕上がりを見せる。

標準仕様のインテリアはフラッグシップモデルのSクラスと同等レベルの上質なまとまり。3列シート7人乗りの全席がゆったりくつろげる広さを持ち、セカンド&サードシートをアレンジすることで680リッターから2300リッターの荷室容量が得られる。3列目シートは電動可倒式を採用するので、簡単にシートアレンジを行うことが可能だ。3列目シートへのアクセスも2列目バックレスト上部にあるスイッチを押すだけで自動で折り畳む電動イージーエントリー機構が備わる。

AMGのインテリアは触感にすぐれるAMGエクスクルーシブナッパレザーをシートに採用する。内装はブラックがベースとなるが、エスプレッソブラウンとポーセレンのオプションも設定される。Sクラス並みの贅沢な仕立てはフラッグシップモデルにふさわしいもの。3列シート7人乗りのキャビンはどの席に座ってもゆったりくつろげる広さがある。ラゲッジルームは680リッターから2300リッターの荷室容量を確保する。

標準仕様のエンジンは2タイプを設定する。190kW(258ps)、620Nmを発揮する3.0リッターV6ディーゼルターボをGLS350dに、335kW(455ps)、700Nmのパフォーマンスを持つ4.7リッターV8ツインターボをGLS550に搭載する。トランスミッションは両モデルとも電子制御9速AT。フルタイム輪駆動の4マチックと組み合わされ、あらゆるシーンで最適なトラクション性能を発揮する。未舗装路、砂浜などの走行に適したオフロードモード、急勾配の下り坂でも一定の車速で走行できるDSR(ダウンヒルスピードレギュレーション)などの悪路走行向きの装備も充実。GLS550にはさらに高度なオフロード性能を発揮するオン&オフロードパッケージも標準だ。

AMG GLS63には430kW(585ps)、760Nmを発揮する5.5リッターV8ツインターボを搭載。メルセデスAMG社による開発であり、エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出せる専用チューニングが施されている。4マチックもAMG専用チューンとなり、強大なトルクを路面に確実に伝えるセッティングが施されている。トランスミッションは伝達効率とレスポンスを一段と向上させた電子制御7速AT。センターコンソールのAMGダイナミックセレクトコントローラーで選択したモードに応じてエンジンレスポンス、シフトプログラム、ESPプログラム、ステアリングのパワーアシスト、サスペンション制御を変化させて快適なクルーズからスポーツ走行までのあらゆるシーンに対応したセッティングが行える。

安全&快適装備についても「レーダーセーフティパッケージ」を全モデルに装備。8インチワイドディスプレイを備えた最新のインフォテイメント、周囲の状況が確認できる360度カメラシステム、自動操舵・ブレーキ機能で縦列駐車と車庫入れをアシストするアクティブパーキングアシストなどを標準装備する。

2018年1月1日には価格改定を実施した。

2019年1月1日には価格改定を実施した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る GLSクラス 2016年4月デビュー

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 GLSクラス 2016年4月デビュー

専門家レビュー GLSクラス ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    2
    価格
    2

    Gクラスとは双璧をなす最強のSUV

    2022.1.17

    年式
    2020年3月〜モデル
    満足している点
    見た目と裏腹に運転操作はとてもしやすい。ボディサイズが大きく物理的に狭い場所は苦手だが、スクエアなボディ構成とひらけた視界、少ない死角などによって車幅感覚をしっかりつかめば狭い場所での離合も難なくこなせる。中古車市場でも引き合いが強いとあって、下取り価格も期待が持てる。このあたりは、同門のGクラスと共通する部分だ。
    不満な点
    運転操作そのものは慣れの問題があるが、都市部ではやはり大きさを持て余すことが多い。なんのことない渋滞路や駐車スペースでの運転も少しずつストレスがたまってくるかもしれない。3列目シートは、サイズもたっぷりで乗り心地もすばらしいが、後部ドアからのアクセスは悪い。大きく屈まないと3列目へと滑り込めないからだ。
    デザイン
    堂々たるボディサイズと、縦横斜めと切り立ったデザインを採用することから数値以上に大きさを感じる。さらに2mを超える全幅であることからそとから見ているだけでは運転がし辛そうだし、乗り込んでも車内は前後左右方向に伸びるデザインなので一層、そういった思いを抱かせる。いずれにしろGクラスとは別次元の存在感がある。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

リセール価値 GLSクラス

走行距離別リセール価値の推移

グレード
GLS350d 4マチック スポーツ_RHD_4WD(AT_3.0)
新車価格
1238.0万円
年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2023年
1年後
2025年
3年後
2027年
5年後
2029年
7年後
5千km 579万円 521万円 463万円
新車価格の
37%
405万円
新車価格の
32%
1万km 566万円 483万円 401万円 318万円
2万km 541万円 409万円 277万円 145万円

※リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

所有者データ GLSクラス

  • 人気の排気量

    4,700cc
    13.1%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      51.4%
    2. 近畿地方
      17.1%
    3. 九州・沖縄地方
      8.5%
  • 男女比

    男性
    97.3%
    女性
    2.6%
    その他
    0.0%
  • 年代

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング GLSクラス

中古車相場 GLSクラス

メルセデス・ベンツ GLSクラス
平均価格 664.2万円
平均走行距離 52,391km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 GLSクラス

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/