現在位置: carview! > カタログ > メルセデス・ベンツ > Gクラス (ハッチバック) > レビュー・評価一覧 > 一度手にすると得体の知れぬ魅惑に取り憑かれて...

メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 「一度手にすると得体の知れぬ魅惑に取り憑かれてしまうクルマ Gクラス」のレビュー

Papa of Beth Papa of Bethさん

メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)

グレード:G320_LHD_4WD(AT_3.2) 2001年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
3
乗り心地
4
燃費
3
デザイン
5
積載性
5
価格
3

一度手にすると得体の知れぬ魅惑に取り憑かれてしまうクルマ Gクラス

2021.9.9

総評
20年落ちの古いクルマゆえ、あちこち言うとこだらけと思いきや然程でもない。
これで3度目のGクラス(以前も相応の年数が経過した古い中古車)になるが、直前まで新車から乗ってきたクルマ(国産)を乗り換えてでも再び手にしたいと思わせる、魔物のように誘惑し続けたクルマ。
満足している点
昔のクルマらしい雰囲気を残す外観。
ドアの開閉だけでも感ずる質実剛健なボディの造り。
あえて飛ばそうという気にさせない不思議な雰囲気。
運転席の見晴らしの良さは気持ちいい。
見た目の大きさ(高さが影響か?)に比べ意外にコンパクトで取り回しがいい。
不満な点
特に大きな不満はない。
燃費の悪さ、車重に対し若干不足気味のパワー感(特に山道等の登り坂で)は分かっていたことゆえ不満と言うほどでも無い。
デザイン

5

ありきたりの表現だがスクエアな外観。
ボンネット、フェンダー、真っ平らなフロントウィンドウ、外に出たドアヒンジなどなどが醸し出すクラシカルな雰囲気。
これら無骨とも言えるデザインがクルマ本来の姿を感じさせてくれ大いに気に入っています。
走行性能

3

3.2リッターV6エンジンは、単体で見れば充分なパワーを持っているのだろう、平坦路は例えばキャンプ用具満載でも過不足ない走りです。
が、120km/hでの高速走行は走りたくなくなる。
また、上り坂が続く山道等ではもうちょっとパワーが欲しいと感じざるを得ない。
重いから仕方ないですね。
乗り心地

4

ラダーフレームゆえ?の揺れはあります。
普段の走行で乗用車的乗り心地は求めても無理かな。
でも普通に走っている分には静かです。
ガッシリしたものに包まれている感じが伝わってきてとても安心感がありますね。
それがこのクルマの味わいなんでしょう。
まだ、道なき道を行くというような悪路走行は経験がないので残念ながら過去の2台含めこのフレームの持つ利点を感じたことはないです。
積載性

5

直前まで乗っていたSUV(フォレスターSJ型)は、積載に限れば後席を倒してもキャンプ用具(4〜5泊分程度)を満載すると毎回容量不足を感じていたのは事実。
当然ですがこれは解消し、充分な余裕が出来ました。
更にYouTube を参考に集成材でラゲッジボードを自作し積載性が一段とアップ。
燃費

3

今のところ一般道主体の長距離で7km/l程度か。
高速道路走行が増えれば更に改善すると思います。
以前乗っていたG500よりはいいかなという感じ。
劇的に良くなるということは無さそうですが。
価格

3

20年落ち、95,000km走行の中古車をクルマ屋さんにオークションで競り落としてもらった故こんなものかと納得済み。(落札額は内緒)
しかし、同じドイツの他車に比べると値落ちしませんね。
故障経験
まだ手にしたばかりなので。
恐らくこれから出てくるでしょう。
前の2台もそれなりに発生してましたから。
このクルマは20万km以上は乗るつもり。
遊びの相棒として大事にメンテしながら使っていきます。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)レビュー・評価一覧

マイカー登録
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 新型・現行モデル