メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 2018年6月〜モデル グレード・価格・口コミ情報

メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

1029.9 万円 2500.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

1192.0 万円 1623.0 万円

新車見積もりスタート

車体寸法
(全長×全幅×全高)
4658×1930×1975mm〜
4660×1985×1975mm
燃料消費率 7.9km/L(JC08モード走行)
9.9km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 5名 排気量 2924〜3982cc

概要

■2018年6月
メルセデス・ベンツ日本は、新型「メルセデス・ベンツGクラス」を2018年6月6日にフルモデルチェンジ、同年8月下旬以降の納車を予定している。

1979年のデビュー以来、およそ40年ぶりとなるフルモデルチェンジとなる最高級クロスカントリービークル。新型はスクエアデザインの伝統的なスタイリング、堅牢なボディはそのままに、メルセデスの最新技術でアップデート。オンロードおよびオフロードにおいて最適のパフォーマンスを発揮するオフローダーとしての進化を見せている。

ボディサイズは全長4817mm×全幅1931mm×全高1969mm、ホイールベース2890mmと、先代に対してわずかに拡大。Gクラス独自のデザインはそのまま受け継がれているものの、特徴的だったフロント、サイド、リヤのフラットなウインドウ張りやウインドウを除いてすべて微細な曲面を描いており、エアロダイナミクスを向上させている。

先代の特徴でもあったラダーフレームは新型にも継承されており、新設計となったラダーフレームは最大3.4mm厚のスチール鋼板を「口」の字型にした鋼材から製作されている。MAG溶接技術で組み立てることで、悪路走行時に求められる強度、剛性、安全性を向上。また、フェンダー、ボンネット、ドアをアルミ製とし、高張力/超高張力スチールを多用することで約170kgの軽量化を実現。同時にフレーム、ボディシェル、ボディマウントのねじり剛性は約55%向上したという。

サスペンションはGクラス開発チームとメルセデスAMG社が協業し、フロントのダブルウィッシュボーン独立懸架とリヤのリジッドアクスルを組み合わせて開発。ロードクリアランスは270mmを確保し、アプローチアングル30°、デパーチャーアングル31°ランプブレークオーバーアングル31°は先代を上まわるレベルにある。

パワーユニットは4.0リッターV8直噴ツインターボをベースに開発。「G550」には最高出力310kW(422ps)/5250~5500rpm、最大トルク610Nm/2000~4750rpmを発揮するM176型を、「G63」には最高出力430kW(585ps)/6000rpm、最大トルク850Nm/2500~3500rpmのM177型のいずれもガソリンエンジンを搭載する。組み合わされるトランスミッションは両モデルとも9Gトロニック(9速AT)。

インテリアについてはGクラスの伝統と最新のメルセデスのデザインを融合させた仕上がりで、助手席前方のグラブハンドルや3つのディファレンシャルロックを操作するクローム仕上げのスイッチなどは新型にもそのまま生かされている。また、前席レッグルーム(+38mm)、後席レッグルーム(+150mm)など、前後席の居住空間も拡大されている。

「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備し、渋滞追従機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、ドアミラーの死角をモニターする「ブラインドスポットアシスト」、歩行者検知機能を備えた「アクティブブレーキアシスト」などが両モデルに備わる。また、夜間走行をサポートする「マルチビームLEDヘッドライト」、車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」、安心安全のドライブをサポートするテレマティクスサービス「Mercedes me connect」も標準装備となる。

2019年1月1日には価格改定を実施した。

■2019年4月
メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」に6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」を2019年4月4日に発表、同年7月頃の納車を予定している。

Gクラスに追加されたのは、Sクラスの「S400d」などに搭載されている最新のクリーンディーゼルエンジン。最高出力210kW(286ps)を発揮し、最大トルクは1200~3200rpmの範囲内で600Nmを発生する。9速ATとの組み合わせにより0-100㎞/h加速は7.4秒を実現し、低振動で高い静粛性を確保しながらスムーズな加速性能を手に入れた。長距離走行もより快適になったという。

また、冷却された高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」により燃焼の最適化を図り、排気側にのみ可変バルブリフトシステム(CAMTRONIC)の採用により、冷間時の吸気工程中に排気の一部を燃焼室に戻すことが可能となり、排出ガスのクリーン化に貢献。最終的にSCR触媒を用いることで、欧州において導入されているRDE(Real Driving Emission、実路走行試験)規制に適合するなど、すぐれた環境性能も併せ持つ。

同年4月15日には、特別仕様車「メルセデスAMG G63 エディションマットブラック」を設定して、同年5月12日までの期間限定で発売した。

「メルセデスAMG G63 エディションマットブラック」は「メルセデスAMG G63」をベースに、エクステリアに通常は設定していない限定のデジーノマグノナイトブラックと22インチマットブラックホイールを採用。またAMGナイトパッケージをあしらって、通常モデルではクロームが用いられる前後バンパーのアクセント、スペアタイヤカバー、アンダーボディプロテクションなどがブラックとなり、ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リアコンビネーションランプがダークティンテッド仕上げとなっている。

インテリアは、随所にカーボンインテリアパネルを採用することで、ブラックで統一されたシックで落ち着いた中にもAMGらしいスポーティな印象に仕上げている。

■2020年7月
メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」に特別仕様車「G350d マヌファクトゥーアエディション」と「メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディション」を設定して、2020年7月27日に発売した。

「G350d マヌファクトゥーアエディション」は「G350d」をベースに、ボディカラーはカタログモデルに設定が無いダイヤモンドホワイト(メタリックペイント)とジュピターレッド(ソリッドペイント:有償)を設定。エクステリアはサイドミラーやフロント/リアスカート、ホイールアーチ、フロントグリル、ルーフトップ、前後スリーポインテッドスター、スペアタイヤリングなど、随所にブラックのアクセントあしらった。またヘッドライトやフロントウインカー、リアコンビネーションランプにブラックスモークを施した。さらにブラックペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイールを合わせることで、随所にボディカラーとブラックのコントラストが生まれ、エクステリアの印象を引き締めている。

インテリアは、上質で滑らかな肌触りのナッパレザーに、シートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター[前席]、リラクゼーション機能[前席]など快適装備を採用。またインテリアトリムにおいて、カタログモデルには設定のないブラックアッシュウッドインテリアトリムを採用した。

さらにダンパーを電子制御することで連続可変制御が可能なアダプティブダンピングシステムを採用して、路面を問わず快適な乗り心地を実現したという。

「メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディション」は「メルセデスAMG G63」をベースに、ボディカラーはカタログモデルに設定が無いマグノダークオリーブグリーン(マットペイント)を設定した。エクステリアは、マットブラックペイント22インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)を特別装備。またサイドミラーやサイドストリップ、フロント/リアスカート、スペアタイヤリングなどにブラックのアクセントをあしらった。さらにヘッドライトやフロントウインカー、リアコンビネーションランプにブラックスモークを施したAMGナイトパッケージを特別装備した。

インテリアは、チタニウムグレーとブラックのツートーンカラーをあしらった極めて滑らかな肌触りのAMGエクスクルーシブナッパレザーシートをはじめ、室内のいたるところにナッパレザーを施し、ラグジュアリーな空間を演出した。またインテリアトリムやステアリングにおいて、カタログモデルには設定のない特別仕様として、ブラックアッシュウッドインテリアトリム、AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DINAMICA)を採用した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る Gクラス (ハッチバック) 2018年6月フルモデルチェンジ

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 Gクラス (ハッチバック) 2018年6月フルモデルチェンジ

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 Gクラス (ハッチバック)

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/