現在位置: > > > > > 『最善か無か』を体現している車

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『『最善か無か』を体現している車』の口コミ

  • 『最善か無か』を体現している車

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年9月20日

    投稿者:Bird-man さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:メルセデス・ベンツ Eクラス
    グレード:E250 アバンギャルド_RHD(AT_2.0) (2014年式)

    総評
    W212型はすでに新型のW213型も存在する為旧モデルという扱いとなってしまいますが、動的質感に関してはまだまだ世界でも1級品で、むしろ最新車種でもここまで優れた乗り心地の車はなかなかめぐりあえません。
    好みという要素も当然あると思いますが、現行W213型の軽い味付けで、コツコツとした突き上げを常に感じるドライな乗り心地よりも、本車両のしっとりしたウェットな乗り心地の方がはるかに質の高い高級感のある乗り心地だと私は思います。
    また、W205型のCクラス、GLCクラスを所有したことがありますが、このW212型Eクラスとの乗り心地に関しての質感には大きな隔たりがあると感じます。
    この車両からはメルセデスベンツが標榜する「最善か無か」を感じることができるのです。
    余談かもしれませんが、私は内装の異音にかなり敏感なのですが、本車両は内装からの異音がほとんど発生しません。
    最新のベンツの内装を外す機会がありますが、異音処理が甘い部分が見受けられますが、恐らくW212型はしっかり異音対策がされているのだと思います。
    内装の建付け剛性も高い印象です。
    こういった部分にも「最善か無か」を感じることができます。
    W212型でも最新のシステムにひけをとらない高度な安全運転支援装置であるインテリジェントドライブまで付いていています。
    唯一内装は少し古さを感じますが、その点が気にならなければ、この車は本当に良い車だと思います。
    満足している点
    ・極めて高いボディー剛性感による素晴らしい動的質感
    ・アクセル操作、ハンドル操作・・・全ての動作に対して高級感を感じることができる
    ・乗り心地とスポーティーさを絶妙なバランスで共存させた乗り味
    ・高速道路での優れた燃費
    ・十分な室内空間と非常に広いラゲッジルーム
    ・完成度が高く、違和感の少ない安全運転支援装置であるインテリジェントドライブ
    ・内装からの異音が全く発生しない
    不満な点
    ・ボタンが多く、少し古く感じるインパネ廻り
    ・現行車から比べると小さく感じるナビ画面

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)