メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク 「痒いところに手が届く、一見高級な実用車」のユーザーレビュー

五臓六腑(イタこう) 五臓六腑(イタこう)さん

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク

グレード:CLA180 シューティングブレーク スポーツ_RHD(DCT_1.6) 2015年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

痒いところに手が届く、一見高級な実用車

2017.9.7

総評
渋滞や長距離がびっくりするほど楽になりました。
ブレーキホールド機能って何で普及してないんだろうと思うほど楽。
燃費もいいし、不満点はシートの操作とフロントバンパー下を擦ることくらい。
満足している点
燃費、走り、安定感、操作性、見切りの良さ、この辺り文句なしです。
199km/hまで設定できるクルコン、死角に何かあると警告が出るドアミラー、
パーキングアシスト、コーナーセンサーなど安全装置盛りだくさん。
エクステリアの色気が凄く気に入ってます。
ブレーキを踏みこむと作動する、ブレーキホールド機能。
あと、煽り・割り込みが格段に減り、安全かつ楽に移動先まで運んでくれます。
不満な点
Cクラスと比べると劣るインテリア。
欧州車全てですが、レバーで倒れないシート。
リクライニングしない後部座席。
塗装が弱いかな。
車格のわりに足回りがゴツゴツしている。
車が動いている時は操作不可能になるナビ、スクロールも飛びまくる。
フロントオーバーハングが大きく、しょっちゅうバンパー下を擦る。
デザイン

-

走行性能

-

ディーラーの人も言っていた事だが、メルセデスは車主導、
操ると言う感覚ではありません。
でも、思ったようにトレースしてくれるし、ハンドルの重さなどもいいです。
コーディングしてあるせいもあり、テンロクターボとは思えない走りです。
ターボラグはあります。
乗り心地

-

路面のゴツゴツを結構拾う引き締まりすぎた足。
その分高速道路では楽なのかな?
ゼブラゾーン通過は意外と静かです。
路面状況の掴みやすさ、タイヤのグリップ感などのステータスの解りやすさは流石ドイツ車です。
積載性

-

見たまんまの積載性
リアガラスが斜めなので、ステーションワゴンほどは乗ら無い物の、
クーペや小型ハッチバックよりは全然乗ります
燃費

-

渋滞だらけだと8㎞、高速でそこそこ飛ばすと14㎞くらいは行く。
大体9~11㎞/L位の間を行ったり来たりしてます。
価格

-

故障経験
タイヤの空気圧エラーが出ました、タイヤに異常はありませんでした
ナビの登録地が度々リセットされる

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク 新型・現行モデル