現在位置: carview! > 新車カタログ > マツダ(MAZDA) > トリビュート > ユーザーレビュー・評価一覧 > 14年11万キロ乗ったが、もっと乗ろうかな

マツダ トリビュート 「14年11万キロ乗ったが、もっと乗ろうかな」のユーザーレビュー

EBA EBAさん

マツダ トリビュート

グレード:LX_4WD(AT_2.3) 2003年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

14年11万キロ乗ったが、もっと乗ろうかな

2019.11.9

総評
・今は、あまり距離を乗らない(年5000キロぐらい)。
・10万キロ前後で故障が増えてきた。
・同クラスの車を更新するには、200~300万円の出費になるため、(高額でないなら)修理しながら、もう暫く乗ろうと考えている。
満足している点
・視界が広く運転しやすく、長距離運転が楽。
・排気量2.3リットルで、まあまあ、思い通りに走る。
・格安な車なので、惜しげなく、自分で(出来るものは)修理、装備の工事を行うことができる。
・タイミングベルトは金属チェーンなので、10万キロでも交換不要。
・14年間、雨ざらし保管で、ワックスは年1回位だけど、塗装は全く問題が出ていない。塗装が良い。
・愛着が出てきている。
不満な点
・14年前、ランクル80(4200ccディーゼル)の後、トリビュートを買ったが、トリビュートの方が燃費が高く(悪く)なった。
・最近(2015年~)の同クラスのSUVは、トリビュートより、50%ぐらい燃費が安い(良い)。(50%距離が増える)
・最近、修理箇所が増えてきた。(トヨタの車は故障が少ないとよく耳にする?うらやましい。)
デザイン

-

走行性能

-

・排気量2.3リットルで、まあまあ、思い通りに走る。
乗り心地

-

・SUVのためか、サスは硬め。高速道路を走ると、ちょうど良い。
・前輪の振動が、ハンドルに伝わって着て、あまり気分が良くない。(2017年92000キロでショックアブソーバーを全部交換したが変化なし)
積載性

-

・趣味の魚釣りの道具の積載や、68歳で定年退職した後、野菜作り関係の資材を積載するのに、適している。充分積載できる。
燃費

-

・平均、リッター8~9キロ位か。
・燃費計を付け測定した結果、高速道路のみの平均は、リッター17~18キロ走ることが分かったので、我慢しようかなと思った。
価格

-

故障経験
●下記のリコール修理があり、無償交換。
 ①パワーステアリングポンプのプーリー交換(2006年事前修理)
 ②アクセルを踏み込み時に引っ掛かかる(スロットルボディ交換)(2011年事後修理)
 ③ファンコントロールモジュール交換(2013年事前修理)
●下記の発生都度の修理あり(オイル、タイヤ、バッテリー、ゴムブッシュ、ブーツ等の交換は除く)
 ①ブーツ切れのため、左右フロントスタビライザーコントロールリンク交換(2011年51500キロ)
 ②フロント・リア ブレーキホース交換(2012年58000キロ)
 ③エンジン不調のため、インテークエアホース交換(2015年78000キロ)
 ④スパークプラグ全交換(2015年81000キロ)
 ⑤フロント・リア ショックアブソーバ交換(2017年92000キロ)
 ⑥暗くなったため、ヘッドライトバルブ交換(2017年92000キロ)
 ⑦フロントブレーキパッド交換(2017年92000キロ)
 ⑧スタビ・コントロールリンク交換(2017年92000キロ)
 ⑨ホイールシリンダー アッセンブリー交換(2017年92000キロ)
 ➉リアドアキー掛らず、ロックコントローラー交換(2018年104000キロ)
 ⑪エンジンルームから、カラカラ音あり、オルタネータドライブベルト&テンショナー交換(2019年111000キロ)

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

マツダ トリビュート 新型・現行モデル