現在位置: > > > > > フォードとの共同開発という鳴り物入り...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『フォードとの共同開発という鳴り物入りで登場した同車だが販売は不振に終わり、あえなく国内は早々に消滅していまっていたが、個人的には昔からわりと好きだった』の口コミ

  • フォードとの共同開発という鳴り物入りで登場した同車だが販売は不振に終わり、あえなく国内は早々に消滅していまっていたが、個人的には昔からわりと好きだった

    総合評価:10点満点中7点

    投稿日:2014年1月30日

    投稿者:4c. さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:マツダ トリビュート
    グレード:LX_Gパッケージ(AT_3.0) (2001年式)

    総評
    フォードとの共同開発という鳴り物入りで登場した同車だが販売は不振に終わり、あえなく国内は早々に消滅していまっていたが、個人的には昔からわりと好きだったクルマの一台。
    デビューした10年以上経過したクルマでありながら、独特の存在感を持つのはマイナー車というジャンルに属される?からこそ成し得ているからであろうか。

    クルマを走らせた時のフィーリングはさすがマツダといったところで、日常シーンでキビキビ感がありながら高速走行時の安定性も高く、運動性能は未だ高いレベルにある。
    もちろん絶対性能こそ現代のクルマにはかなわないが、普段使いの範囲ではこれで充分であり、このシンプルなパッケージングが実用上まったく申し分ない。
    皆が気になる燃費も決して良くはないけれど、現在の中古車市場での圧倒的な安さを考えれば無視できるレベルだと言っても良いのではないだろうか。

    同年式の日産 エクストレイルやホンダ CR-Vに比べて、このマイナーさが故に古臭さを感じさせにくくさせていて、今でも充分に「愛せる一台」だと思います。
    満足している点
    ・必要充分なエンジンのパワー(3.0 V6エンジン搭載モデル)
    ・前後左右に見切りの良いドライバーズポジション
     ※コラムシフトのため前席の足元スペースにも余裕があるのが良い
    ・使いやすい広さのラゲッジスペース
    ・今では希少なガラスハッチ
    不満な点
    ・オートマチックトランスミッションのセッティング
     ※ゼロ発信の際のアクセル操作はシビア(少しでも踏みすぎると飛び出す勢い)
     ※中速域でエンブレがさほどかからず気持ち悪い(Dレンジ走行時)
    ・自動車税の増税対象であること…(平成13年式)
    ・前席周りでの収納が少ない
    ・外気温計や燃費計が無い

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)