現在位置: carview! > 新車カタログ > マツダ(MAZDA) > トリビュート > 2003年12月〜モデル

マツダ トリビュート 2003年12月モデルの新車情報・カタログ

マツダ トリビュート 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

23.0 万円 39.8 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

196.4 万円 275.1 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 688
  • 総合評価 4.0
  • ユーザーレビュー (詳細) 162
  • みんなの質問 (詳細) 56
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,395×1,790×1,710mm〜
4,465×1,825×1,760mm
燃料消費率 -
乗車定員 5名 排気量 2,260〜2,967cc

外装・内装

概要

■2003年12月
トリビュートはマツダが米国フォードと共同開発したクルマで、2000年11月に登場した。フォードから販売されているエスケープとは兄弟車になる。セダンやトラックからの派生ではなく、専用となるプラットフォームを新たに開発し、各要素をベストバランスさせているのが特徴だ。広い室内と個性的なデザインを持ち、悪路走破性能を確保しながら、オンロードでの操縦性能を従来のSUVにない高いレベルで実現している。全長は4,395mmながらも、ロングホイールベース、エンジン横置き、短いフロントオーバーハングなどによって、ゆとりのある室内空間を実現。シートは前席、後席ともリクライニングが可能だ。さらに、6:4分割可倒式を採用した後席は座面フリップアップ機構と脱着機構を備えており、荷室を拡大することができる。また、室内にはオーバーヘッドコンソール、助手席シートアンダートレイなど各所に収納スペースも用意された。発売当初エンジンは2リッター直4/3リッター V6の2種類だったが、2003年12月のマイナーチェンジで、MPVと同じ2.3リッター直4/3リッター V6のラインナップとなった。同時にスタイリングや基本性能も変更され、インテリアでは助手席アームレストが全車に採用されるなど、スポーティ感と質感がより高められている。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る トリビュート 2003年12月一部改良

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 トリビュート 2003年12月一部改良

ユーザーレビュー トリビュート

平均総合評価 4.0点(162件)
走行性能
4.5
乗り心地
3.0
燃費
2.5
デザイン
4.5
積載性
5.0
価格
2.0

ピックアップレビュー

  • 扱いやすい実用的なSUVです(でした)。

    2020.8.9

    とりとり太郎 とりとり太郎さん

    グレード:GL-X_Lパッケージ_4WD(AT_3.0) 2001年式

    乗車形式:過去所有

    評価

    4

    走行性能
    -
    乗り心地
    -
    燃費
    -
    デザイン
    -
    積載性
    -
    価格
    -
    満足している点
    フォード製3000ccのエンジンで、当時のSUVとしては車格よりパワーあり。高速走行でも車線合流・追い越し等で余裕があり。 クイックなハンドリングとキャパのある足回り、ハンドリングに関して、マツダさんはSUVにまでスポーツ走行を想定しているのでは?と思うくらいにクイック。(走りやすかったですヨ!) 長距離乗っても疲れないシート。実用車としては本当に十分な性能。3000ccエンジンなのに、良心的価格。
    不満な点
    不満ではないですが、実用クルマとして内装は、必要十分という感じ。人によってはチープと感じるかも。 燃費は良くない。AT4速との組み合わせではこんな感じ?
    乗り心地
    【サスペンション】 兄弟車のエスケープと比べてオンロード向けで固め? 直前まで乗っていたユーノスプレッソと比べるとサスはとても懐深く、正直を言うとカーブの多い峠道などではトリビュートの方が扱いやすく、オーバーでもアンダーでもなく非常に素直に曲がっていくのに驚きました。車体荷重移動を意識して運転できるようになったのは良い思い出。※ユーノスプレッソはこちらもV6だったこともあり、とてもフロントヘビーな車で、今にして思うと正直「曲がりにくい」車でした。マツダスピードとかサスを交換してみればよかったなー。 【シート】 前車がクーペタイプだったこともあり、SUVでの長距離運転がこれほど楽なものか、と感動したものです。 これはおそらくシートの影響も大きかったかと。凝った作りではありませんが、シート座面の厚さ・硬さが適度で、長く座っていても疲れない良いシートでした。 ※クーペに乗るのに気合と若さが必要かな、長距離では腰に来ますよね。 【タイヤ】 タイヤの空気圧でもかなり影響受けました。(235/70R16 太目?) マツダは多チャンネル期の頃、車格に対して幅大きめのタイヤをはかせていたという印象があり、ロードノイズはとても大きく、高速走行ではかなりうるさいかと。

    続きを見る

  • 14年11万キロ乗ったが、もっと乗ろうかな

    2019.11.9

    EBA EBAさん

    グレード:LX_4WD(AT_2.3) 2003年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    4

    走行性能
    -
    乗り心地
    -
    燃費
    -
    デザイン
    -
    積載性
    -
    価格
    -
    満足している点
    ・視界が広く運転しやすく、長距離運転が楽。 ・排気量2.3リットルで、まあまあ、思い通りに走る。 ・格安な車なので、惜しげなく、自分で(出来るものは)修理、装備の工事を行うことができる。 ・タイミングベルトは金属チェーンなので、10万キロでも交換不要。 ・14年間、雨ざらし保管で、ワックスは年1回位だけど、塗装は全く問題が出ていない。塗装が良い。 ・愛着が出てきている。
    不満な点
    ・14年前、ランクル80(4200ccディーゼル)の後、トリビュートを買ったが、トリビュートの方が燃費が高く(悪く)なった。 ・最近(2015年~)の同クラスのSUVは、トリビュートより、50%ぐらい燃費が安い(良い)。(50%距離が増える) ・最近、修理箇所が増えてきた。(トヨタの車は故障が少ないとよく耳にする?うらやましい。)
    乗り心地
    ・SUVのためか、サスは硬め。高速道路を走ると、ちょうど良い。 ・前輪の振動が、ハンドルに伝わって着て、あまり気分が良くない。(2017年92000キロでショックアブソーバーを全部交換したが変化なし)

    続きを見る

新着順レビュー

  • 希少車

    2022.6.13

    ftr223toshi ftr223toshiさん

    グレード:フィールドブレイク_4WD(AT_2.3) 2003年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    4

    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    燃費
    3
    デザイン
    5
    積載性
    5
    価格
    1
    満足している点
    乗りやすい。後期型なので2.3でパワーもある。トランク積載量が広い。 他に乗ってる方もほぼいないので 駐車場で見つけやすい。 シートが心地よく疲れにくい。
    不満な点
    内装質素、適合するタイヤやホイールが見つからない。
    乗り心地
    -

    続きを見る

  • パワフルです!

    2021.3.12

    hiro2000mg hiro2000mgさん

    グレード:GL-X_Lパッケージ_4WD(AT_3.0) 2001年式

    乗車形式:過去所有

    評価

    4

    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    燃費
    2
    デザイン
    4
    積載性
    -
    価格
    3
    満足している点
    V6、3リッターのパワフルな走りは とても爽快でした。
    不満な点
    室内の質感は・・・ オプションの木目調パネルを付けたら ツルツルピカピカでさらに・・・(笑)
    乗り心地
    静粛性はありませんが、悪くは無かったです。

    続きを見る

  • 扱いやすい実用的なSUVです(でした)。

    2020.8.9

    とりとり太郎 とりとり太郎さん

    グレード:GL-X_Lパッケージ_4WD(AT_3.0) 2001年式

    乗車形式:過去所有

    評価

    4

    走行性能
    -
    乗り心地
    -
    燃費
    -
    デザイン
    -
    積載性
    -
    価格
    -
    満足している点
    フォード製3000ccのエンジンで、当時のSUVとしては車格よりパワーあり。高速走行でも車線合流・追い越し等で余裕があり。 クイックなハンドリングとキャパのある足回り、ハンドリングに関して、マツダさんはSUVにまでスポーツ走行を想定しているのでは?と思うくらいにクイック。(走りやすかったですヨ!) 長距離乗っても疲れないシート。実用車としては本当に十分な性能。3000ccエンジンなのに、良心的価格。
    不満な点
    不満ではないですが、実用クルマとして内装は、必要十分という感じ。人によってはチープと感じるかも。 燃費は良くない。AT4速との組み合わせではこんな感じ?
    乗り心地
    【サスペンション】 兄弟車のエスケープと比べてオンロード向けで固め? 直前まで乗っていたユーノスプレッソと比べるとサスはとても懐深く、正直を言うとカーブの多い峠道などではトリビュートの方が扱いやすく、オーバーでもアンダーでもなく非常に素直に曲がっていくのに驚きました。車体荷重移動を意識して運転できるようになったのは良い思い出。※ユーノスプレッソはこちらもV6だったこともあり、とてもフロントヘビーな車で、今にして思うと正直「曲がりにくい」車でした。マツダスピードとかサスを交換してみればよかったなー。 【シート】 前車がクーペタイプだったこともあり、SUVでの長距離運転がこれほど楽なものか、と感動したものです。 これはおそらくシートの影響も大きかったかと。凝った作りではありませんが、シート座面の厚さ・硬さが適度で、長く座っていても疲れない良いシートでした。 ※クーペに乗るのに気合と若さが必要かな、長距離では腰に来ますよね。 【タイヤ】 タイヤの空気圧でもかなり影響受けました。(235/70R16 太目?) マツダは多チャンネル期の頃、車格に対して幅大きめのタイヤをはかせていたという印象があり、ロードノイズはとても大きく、高速走行ではかなりうるさいかと。

    続きを見る

ユーザーレビュー一覧を見る

みんなの質問 56 Yahoo!知恵袋で質問してみる トリビュート ※「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

みんなの質問の一覧を見る

リセール価値 トリビュート

走行距離別リセール価値の推移

グレード
LX_4WD(AT_2.3)
新車価格
212.0万円
年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2023年
1年後
2025年
3年後
2027年
5年後
2029年
7年後
5千km 4万円 2万円 0万円
新車価格の
0%
0万円
新車価格の
0%
1万km 4万円 1万円 0万円 0万円
2万km 4万円 0万円 0万円 0万円

※リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

所有者データ トリビュート

  • 人気の排気量

    3,000cc
    27.5%
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    FF
    6.8%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      44.4%
    2. 東海地方
      11.1%
    3. 中国地方
      11.1%
  • 男女比

    男性
    92.8%
    女性
    7.1%
    その他
    0.0%
  • 年代

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング トリビュート

中古車相場 トリビュート

マツダ トリビュート
平均価格 33.2万円
平均走行距離 85,167km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 トリビュート

トリビュートを見た人はこんな車と比較しています

マツダを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/