現在位置: carview! > カタログ > マツダ > ロードスター > レビュー・評価一覧 > 腕磨きに最適で、運転することが楽しくなる稀有な車

マツダ ロードスター 「腕磨きに最適で、運転することが楽しくなる稀有な車」のレビュー

Shun@Recluse Shun@Recluseさん

マツダ ロードスター

グレード:RS RHT(MT_2.0) 2008年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

腕磨きに最適で、運転することが楽しくなる稀有な車

2019.9.15

総評
自分の腕を磨く車としては、初心者にも非常にオススメ出来る素晴らしい車です。みん友さんにジム屋さんで優勝された方がいます。コースと腕次第では格上の車が食えます。

スポーツ走行をしない方であっても、屋根を開けてのんびりと観光地を走ったり、ワインディングをまったり流すと最高に気持ちが良い車です。
満足している点
・運転することに喜びを得る事が出来る数少ない車

・2シーターでオープンカーという存在が、所有欲をこれ程なく満たしてくれる車

・競合車種と比べて価格帯が非常に手ごろである

・社外パーツが大量にあり、オリジナル性が出せる

・走行会(サーキット・ジムカーナ)や日本各地のロードスターイベントに参加出来る楽しみを知る事が出来る
不満な点
(これを言い出したらおしまいですが)

・オープンカー故にボディ剛性がない
純正状態だと特にスポーツ走行時(サーキットやジムカーナ)

・ライトウェイトスポーツ故にパワーが物足りない
吸排気系をほぼ弄って200PS超えになっていますが、S2000やシビックと比べるとサーキットではホームストレートで勝負になりません。
デザイン

-

走行性能

-

不満な点と総評に書きましたが、パワーが物足りなく感じるのと、ボディ剛性が純正状態では残念なこと以外はサーキットなどでスポーツ走行をしないのであれば、十分過ぎる性能だと言えます。


パワーが物足りないと感じているのはハイパワー車に乗ったことが何度もあるからです。一般的に使いきれるパワーは150~200PSもあれば十分です。この程度のパワーであっても100%手足のように使いきれずにスピンする事は良くあります。それこそプロでもスピンする時はスピンしますので。


メーカーが謳う人馬一体は伊達ではありません。
適度なパワー、しなやかな足回り、軽い車体・・・教習車として導入したら車好き人口が増えるんじゃないかなと思えるほどに、良い走行性を持っています。
乗り心地

-

純正ビルシュタインはお世辞には良いと思えませんでした。それでも恐ろしくロールしますが、それなりに走れはしていたので、スポーツ走行をしない方を視野に入れるとギリギリがこのレベルなのかな?と思います。

振動や静粛性に関しては使用しているタイヤによってガラリと変わるのでノーコメント。僕はエコタイヤの乗り味が嫌いなので。
積載性

-

オープンカーにしては、トランク容量もかなり確保されており、キャンプ道具一式ぐらいは軽く積載出来ます。

助手席に誰も乗らなければ、前後ホイールを外したロードバイクを載せることも可能です。
燃費

-

高速を使った長距離では17-19km/L
ECUチューニングなど特性を理解して走ると僕の場合は19-20km/L付近でしょうか。

一般道で、渋滞などの街乗り通勤(通勤距離が片道7.5km)を考慮すると、かなり意地悪な最低ラインが10km/Lぐらいです。

まともに片道25~40kmぐらいの走行では、ラフに運転しても15km/Lは軽く超えると思います。
価格

-

故障経験
事故(当方過失なし)以外での故障経験はありません。基本的なメンテナンスを定期的に実施していれば、よほどの初期不良でも掴まなければ、100万km以上乗れるのではないでしょうか。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

マツダ ロードスター レビュー・評価一覧

マイカー登録
マツダ ロードスター 新型・現行モデル