現在位置: carview! > カタログ > マツダ > MAZDA3セダン > みんなの質問 > マツダは2019年11月25日、新世代ガソリ...

『マツダは2019年11月25日、新世代ガソリ...』:マツダ MAZDA3セダン

解決済みマツダは2019年11月25日、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載する「マツダ3ファストバック」「マツダ3セダン」を、同年12月5日に発売すると発表した。

マツダは2019年11月25日、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載する「マツダ3ファストバック」「マツダ3セダン」を、同年12月5日に発売すると発表した。■ファストバックでは6段MT仕様も選択可能

スカイアクティブXは、マツダ独自の燃焼制御技術「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって圧縮着火を実現したガソリンエンジンである。圧縮着火のディーゼルエンジンが持つ優れた燃費やトルク、応答性と、ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びのよさを併せ持っているという。

今回、マツダ3に搭載されるユニットの排気量は1997ccで、圧縮比は15.0。スーパーチャージャーの力を借りての最高出力は180PS(132kW)/6000rpm、最大トルクは224N・m(22.8kgf・m)/3000rpmと公称されている。

また同エンジンの搭載車については、最高出力6.5PS(4.8kW)/1000rpm、最大トルク61N・m(6.2kgf・m)/100rpmのアシストモーター(交流同期電動機)と24Vのリチウムイオン電池からなるマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(Mハイブリッド)」も組み合わせることで、さらに燃費性能を追求。レスポンスのよいエンジンの力を遅れなく伝える高剛性駆動力伝達システムや、エンジンをカプセルのように遮音材で包む遮音システムの採用なども特徴となっている。

グレードは、セダンは「Xプロアクティブ」「Xプロアクティブ ツーリングセレクション」「X Lパッケージ」の3種類で、ファストバックはこれらのグレードに「Xバーガンディーセレクション」を追加した4種類。すべてのグレードでFFと4WDが選択可能で、またファストバックについては6段ATに加えて6段MTも用意されている。燃費は、ファストバックが16.2~17.8km/リッター、セダンが16.2~18.2km/リッター(WLTCモード)。

価格はファストバックが319万8148円から368万8463円、セダンが319万8148円から361万6963円。(webCG)

スーパーチャージャーにハイブリット付けて
普通のエンジンと変わりがないのに高いだけの車!
ゴチャついたエンジンだなあ手を出す気にまったくならないよね?

300出すならカムリ買うわなあ?

補足
最安値のXより35万も安いシビックハッチバックとスペック同じくらいやろ? しかも足回りもシビックの方が上やもんなあ

ベストアンサーに選ばれた回答

シビックの方がまだましですね、ワンダーシビックでもこちらの方がいい
マツダは終わってます

回答一覧

3件中 1~3件
  • 巷ではノーマルのMAZDA3でも「高けぇ!」って言われてるのに…ヽ( ̄д ̄;)ノ

    せっかくいいクルマなのに、価格で失敗ですね。

  • SKYACTIV-Xの売りは、高出力、低燃費だった。
    蓋開けたら、スーパーチャージャー+マイルドハイブリッド。
    2000ccなら、単体で200psは今時普通。
    複雑にして高い価格だけの取り柄がないだけのエンジン。
    糞だねー!

  • 直噴ターボ+48Vマイルドハイブリッドのゴルフと似たような車を作れば、何も考えずに似たような車の方を買う客がいるだろうという予測。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。