現在位置: carview! > カタログ > マツダ > アンフィニRX-7 > 口コミ・評価一覧 > 私の仕事人生と同じ分だけ生活した愛車

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『私の仕事人生と同じ分だけ生活した愛車』の口コミ

  • 私の仕事人生と同じ分だけ生活した愛車

    総合評価: 5.0

    投稿日:2017年3月2日

    投稿者:kazuzo さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:マツダ アンフィニRX-7
    グレード:不明 (0年式)

    総評
    今年で21年になる。私にとっては満点である。
    恋人であり友人であり自分自身でもあるFD3S。
    4型のアンフィニマークのFD3Sが外観最高のできだと自負している。というか私にとってだけど。
    いつまで一緒に生活できるかわからないが、動かなくなるまで一緒に生きていきたい。
    満足している点
    子供の頃、スーパーカーブームだった。私はランボルギーニカウンタックに魅了されていた。丁度小学低学年の頃だ。絵を描いたり、シャツを買ってもらったり、プラモデルもカウンタックだった。リトラクタブルライトがものすごくかっこよくて、友達が、リトラクタブルライトもどきの自転車を買ったらうらやましかった。ものすごく高いことは小さいなりに知っていたので、大人になっても買えない事くらいは理解していた。
    そんな中SAのRX-7が登場
    日本でもこんなにかっこいい車が・・・・
    小学校高学年になりかかったころだった。親にお願いして展示会に連れて行ってもらった。
    将来は絶対RX-7を買うぞ!!と目標になった。
    その後、FCに変わり、私が大学生の頃にFDになった。
    FDが出現したとたん私は虜になった。今までであった中で一番クールな車だと思った。絶対仕事に就いたら一台目はこの車だ!!
    私は大学を遠回りして入ったので、少し購入するまで時間がかかったが、平成8年に仕事に就き、丁度自分の車が全損事故になり、車を買い換えた。
    それが私のFD3Sである。その時のFDは4型だった。3型までは、リアのストップランプが四角だったが、4型から丸形になったのを気に入っていたのでナイスだった。さらに、その後の5型はデザイン的に好みではなかったので丁度いいときに買うことが出来た。
    座ると全てが自分に向かうメーター類。短いシフトノブなど最高の内装だ。
    スーパーカーは子供の頃のあこがれだったが、外観がかっこいいのであこがれた。なのでFD3Sの気に入っている点は何より外見だ。曲線をmainに作り上げた輪郭は芸術品そのもの。リトラクタブルライトなんてかっこよすぎる。未だに運転していると子供たちが振り向く。昔の私のように。
    不満な点
    燃費。という人がいるが、もともと知っていれば気にならない。
    不満な点は、部品の値段が高すぎること。それ以外は全く不満な点はない

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする