現在位置: carview! > カタログ > マセラティ > グランカブリオ > レビュー・評価一覧 > 購入前の出来事。このカブリオの幌を開閉するス...

マセラティ グランカブリオ 「購入前の出来事。このカブリオの幌を開閉するスイッチのことですが、グランツーリスモでいう灰皿の場所にあります。そこには灰皿はなくソケットと開閉スイッチ」のレビュー

ニックネーム非公開さん

マセラティ グランカブリオ

グレード:グランカブリオ スポーツ_LHD(AT_4.7) 2012年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

購入前の出来事。このカブリオの幌を開閉するスイッチのことですが、グランツーリスモでいう灰皿の場所にあります。そこには灰皿はなくソケットと開閉スイッチ

2013.5.12

総評
購入前の出来事。このカブリオの幌を開閉するスイッチのことですが、グランツーリスモでいう灰皿の場所にあります。そこには灰皿はなくソケットと開閉スイッチだけで、ソケットにはライターがないのでディーラーの人に尋ねると、ライター差すとスライドして閉めるふたが閉まらないんですよ。僕も何も考えてないんだなって笑っちゃいました。(失笑)。このクルマに走りも使い勝手も求めるなら、育ちの良い工業製品を求めるならドイツ車にした方がイイ。見てくれがセクシーでシートも高級、音も官能的なら文句は言うな。エレガントだけど結構チャラい。紳士的に見せて下心満載。これが元祖イタリア車だと言わんばかりだけど、結構納得。そして文句を言いながらも好きになクルマ。よく彼女にクルマは例えられますが、このクルマ自体は男そのものですが、愛し方は彼女と同じような気がします。性能以外なところで評価してしまう、いやしなくてはならぬクルマでは。
満足している点
-
不満な点
誰しも思うところですが、ナビなどのデバイス関係は不満。まぁ登場して結構経つんだから、そこは変更があってもイイんじゃないかなぁ。エンジンの微妙な出力やミッションの変速フィールは微妙に変えながら、グランツーリスモもグランカブリオも追加モデルを出すけれど、案外見方を変えるとCPUをいじっただけで何も変えていない物を変えたように見せかけて出しているようにも思われる。電気式のサイドブレーキもヒルスタートアシストみたいなのではないのでイマイチだし、ウインカーレバーも遠い。今時イグニッションキー差してエンジン始動だし、個人的にはインパネも古臭いように思いますが、これがマセラティの良さなのか?
デザイン

-

ボディが赤、内装は白なので大変エレガントで気に入っています。少し恥ずかしいですが、特にオープンにしていると都内でよく見知らぬ人に声を掛けられたり、時折写真を求められたりします。とにかく良くも悪くも目立ちます。
走行性能

-

走行とは関係ありませんが、音でスピードはプラス30キロってとこでしょうか。とにかく官能的なイイ音しますよ。このての車を選ぶ場合には走行性能をあまり問うこともないかなと。そこそこ走り、そこそこ曲がる。大きいボディを動かしてる感じはしますが、自分的にはそこも好きです。
乗り心地

-

オープンモデルで4シーターなのでボディ剛性がゆるい感じも否めませんが、それは仕方ないかと。足は自分的には接地感はいまいちかなと思います。まぁ、この車で攻める訳ではないので構いませんが、若干タイヤの空気圧を低めにした方がイイかも。乗り心地はと言うと、流すにはあまり固過ぎずちょうどイイかもですね。
積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

前のレビュー 次のレビュー

マセラティ グランカブリオ レビュー・評価一覧

マイカー登録
マセラティ グランカブリオ 新型・現行モデル