ロータス エヴォーラ 「唯一無二」のレビュー

まかぱん まかぱんさん

ロータス エヴォーラ

グレード:IPS_2+2シーター_RHD(AT_3.5) 2011年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
5
乗り心地
3
燃費
3
デザイン
5
積載性
2
価格
-

唯一無二

2021.2.22

総評
他人とはほぼ被ることがなく、日常的に使用することもできるスーパーカー的存在の美しい車です。ハイパワーにこだわりがなければ十分楽しめる性能です。車重も3500のエンジンにしては軽いので、280馬力でも十分速いと個人的に思います。走りも楽しいですが、燃費もそんなに悪くはありません。長距離でリッター15位でれば最高でしたが…

話に聞いていたとおり、電装系はやはり弱そうです。配線が中で切れやすいのか、内装でつかないランプ類があります。

普通の車の常識的な要素から外れた部分が多く、不便もありますが、そのことさえも非日常なドライブを演出させることに一役買ってます。

非常に玉数も少い車ですが、興味があれば選んでみてもよい車だと思います。わりきって乗ることができるなら、きっと良い相棒になってくれると思います。
満足している点
2年乗ったのでレビューいたします。
ATのエヴォーラはあまりレビューがないと思うので掘り下げて書いていきます。

この見た目で後部座席があり、スーパーカー的な見た目で日常使用が出来、コンビニ等の駐車場や立体駐車場にも意外と普通に入れます。

走行性能も申し分ないこと。見た目の割にはスペックは控えめですが、これ以上パワーがあると乗りこなせない気もするので十分です。

トヨタエンジンであることがネガティブな点になりやすいエヴォーラですが、確かに今までに乗った輸入車のエンジンに比べると普通な印象ですが、純正オプションのスポーツマフラーの音質は素晴らしいので、それなりに官能的な加速を味わえてます。なお、ハンドリングは素晴らしいの一言につきます。

後方視界は最悪ではありますが、バックカメラもあるので、意外と慣れると大丈夫です。サイドミラーがかなり見やすいので意外と普通に乗れます。
不満な点
個人的にはATモデルにも標準的やシフトレバーを付けて欲しかったです。ボタン式は2年経っても操作に緊張します。

セキュリティアラームが予期せぬタイミングで鳴ることが多く、キーレスを操作する度にビクビクさせられます。これが一番の不満です。

不満ではないですが、エンジンのかけ方もかなり独特で、説明を受けないとエンジンをかけられないと思います。
通常の車のように鍵を差し込んでひねってエンジン始動することもありますが、エンジンがかからない場合もあり、その場合はひねりながら、キーにあるロータスマークのボタンを押すとかかります。イモビライザーの仕様の一環かと思われます。

ボディ側面の下側は走行すると小石を巻き上げるのか、そのようなキズが目立ちます。

2008年デビューとは言え、スピードメーターがとてもその頃の標準的な物と比べても普通ではなく質感は低いです。
アナログメーターはキロ標準なのに、デジタルの速度表示はマイル表示から変更できません。それでいてアナログメーターの数字の刻みも30 60 90 120…といった刻みなので、個人的には今何キロ出しているのかが感覚的にわかりにくいです。20キロ刻みにして欲しかったです。


ここから先は、この車にそもそも期待してはいけないことで、不満という程ではないですが、一般的な車と違う部分を一応書いておくと、

車検証すら入らない、何を入れるのを想定しているのかわからないくらい狭いグローブボックス。

スマホや飲み物の置き場が全く無い。

スピードメーターのデジタル表示はエンジンを切ると毎回、マイル表示の速度表示モードにリセットされる。
マイル速度表示、残り走行可能距離、リセット後からの走行累積距離、燃費表示の4モードですが、マイル速度表示は個人的には一番使わないです。

燃費を気にする車ではありませんが、燃費表示が、見慣れたリッターあたり何km…の表示ではなく、100キロメートル走るのに必要なガソリンは何リットルか…といった表示から切り替えられないこと。〇〇L/100kmといった感じです。

ハンドルと自分の手でナビが隠れてナビが見えない。

アームレストがないのでAT車はさらに左手の置き場に困る。

ライト類の点灯はレバーではなくボタン。
特にトンネルが続くと、ライトをつけるときは一つのボタンで良いですが、消すときはライトとポジショニングランプの2つのボタンをそれぞれ押して消さなきゃいけないのが少し面倒。

エアコンがこの車格でもマニュアルエアコン。ただし見た目は安っぽくなくてアルミでカッコいいです。
デザイン

5

外装デザインは威圧感は少いのに、グラマラスでスーパーカー的な見た目なので文句なしです。
自分のエヴォーラはキャニオンレッドという暗めの赤ですが、マツダのソウルレッド風で気に入ってます。
純正鍛造ホイールも最高にカッコいいとまでは言えないですが、十分満足です。ボディ、ホイール共に洗車は非常にしにくいです。

内装デザインや質感は、新車価格で半額以下の車の内装にも劣るとは思います。質感を抜きにしても、メーター類とハンドル形状はもう少し現代的にして欲しかったです。エヴォーラ400以降のモデルはその辺りがカッコよくなってるので羨ましいです。
走行性能

5

素晴らしいサスペンションが標準で備え付けられていて、ロータスのセッティングも素晴らしいので、次のカーブが待ち遠しくなるほど楽しく曲がれます。一方でスポーツカーらしく、道路からのインフォーメーションを拾いやすいので、比較的バタバタしやすく、直進安定性はそこまで良くないかもしれません。
IPSのIはインテリジェントのIのようですが、自分の意図しないタイミングでのシフトダウンが多い印象です。少しアクセルオフからブレーキ踏むと即座にギアが下がります。
6ATの6速目には75~80キロくらいでようやく入ります。100キロ出しても回転数は1800〜1900くらいだったと思います。このあたりの速度域が1番燃費が良くなります。
乗り心地

3

エリーゼ等と比べると乗り心地はファミリーカー…と聞きますが、個人的には十分ハードです。ただし段差等も嫌な感触はなく角を落としてくれるので、そんなに乗り心地も悪くなくむしろ好みですし、長時間乗っても疲れません。
積載性

2

このクラスの車で後部座席があるという希少な存在です。トランクも大きくはないですが、普通の荷物なら積めますし、後部座席のスペースにもそれなりに積めます。大きなものは厳しいです。

スマホや飲み物を置く場所が全く無いので、工夫が必要です。
燃費

3

リッター8から12くらいです。3500ccにしては良いのではないでしょうか。以前乗っていたアウディTTSの2000ターボも同じか若干良いくらいだったので、そう考えたら良いと思います。
MTのエヴォーラならもう少し良くなるのかもしれません。
価格

-

中古だと自分のような庶民でも手が届くような価格だと思います。ただ、車両保険料率はオールFRPボディということからか、フェラーリやランボルギーニよりも高い、マックス値です。
車検費用はディーラー以外でも可能で、普通の輸入車並だったので、想像よりは維持費はかからない方かとは思います。
故障経験
最近キーレスの調子が悪く、運転席側のみ反応しないことがあります。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ロータス エヴォーラ レビュー・評価一覧

マイカー登録
ロータス エヴォーラ 新型・現行モデル